海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 「びわ湖−南湖サイクルーズ」で楽しむ自転車の新しい...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年3月 1日

「びわ湖−南湖サイクルーズ」で楽しむ自転車の新しい旅へ


「びわ湖−南湖サイクルーズ」で楽しむ自転車の新しい旅へ

こんにちは、フナズシマルです。
今回はびわ湖ならではの自転車旅の形、「びわ湖−南湖サイクルーズ」を体験してきたので、その様子をレポートします。



ちなみにサイクルーズとは、観光船に自転車をそのまま持ち込んでクルーズできるというツアーのこと。
自転車だけだと長過ぎる距離でも、船でショートカットしたり、船で観光したあとは自転車で陸を巡ったりと、様々な楽しみ方ができるものです。


cc02.JPG

そんな特別な体験ができるのは、堅田にあるレイクウエストヨットクラブ 様。
普段は瀬田川・びわ湖クルーズとして、石山寺港からの定期観光船を運行されています。ところが、コロナの影響で定期観光船が休止せざるを得ない状況に。
そこでアフターコロナも見据えた展開として、滋賀県でも力を入れているサイクルツーリズムの一助になればと、今回サイクルーズのモニターツアーが実施されました。


cc04.JPG

今回のツアーに合わせて自らもレンタサイクルを用意。船に乗った先での自転車観光や、帰ってきてからの堅田の散策なども可能になっています。


cc07.JPG

桟橋の手前には「KATATA」のモニュメント。
こういうのあると乗船の記念にもなりますもんね。


cc08.JPG

用意された船は「一番丸」という外輪汽船。
この船は、かつてまだびわ湖に丸子船(びわ湖独特の形状をした和船)がたくさん浮かんでいた頃、近代湖上交通として就航した蒸気船「一番丸」を復元して作られたものなのです。


cc11.JPG

乗船したら、自転車を特製のサイクルラックにかけます。このサイクルラック、造船技術を生かして自社で作られたそうですよ。


cc12.JPG

20台までは乗せることが可能です。
本来は50名〜100名が乗船できますが、自転車と一緒の場合は20名程度が定員。でもコロナの中なので、そのくらいの人数で実施をしようと考えておられます。


cc15.JPG

船は堅田を出港後、一路北へ。
びわ湖大橋の下をくぐって進みます。橋の向こうにはこの時期ならではの比良山の冠雪もきれいに見えました。これぞまさに近江八景・比良の暮雪ですね。


cc17.JPG

普段は車で上を通り抜ける琵琶湖大橋を下から見上げる。こんなこともクルーズならではの体験です。


cc21.JPG

琵琶湖大橋の先でぐるっとUターンして、今度は大津港へ向かいます。
南湖の中央あたりをゆったりのんびり、優雅な船旅です。


cc22.JPG

日本仏教の中心地・延暦寺を抱く「比叡山」のきれいな円錐形が見えてきます。
この比叡山が見えるあたりからは、強烈な横風に見舞われます。これが「比叡おろし」と言われる風で、昔から多くの船乗りや旅人を悩ませてきたものです。


cc23.JPG

それを過ぎれば間もなく大津港に着岸。
さっきまでの強烈な風も収まって、ポカポカ陽気になっていました。


cc24.JPG

下船後はみんなで記念写真です。



ここからは各自思い思いにサイクリング開始。
南に下って、瀬田川周辺の梅を見に行くグループや、瀬田の唐橋からぐるっと回って南湖一周のサイクリング、またまた大津・坂本方面へ観光サイクリングなど、さまざまなプランが考えられますね。


サイクルーズ、また2回目も検討されるとのこと。
ぜひ皆さん注目ですよ。



(株式会社杢兵衛造船所)
住所:滋賀県大津市今堅田1丁目2−20
電話:077-572-2101
営業:8:30~17:30
定休:火曜日
HP: https://www.mokubezosen.jp/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2022年3月 1日
« 前の記事「滋賀院門跡・黒衣の宰相・天海が建立した天台宗本坊」へ
»次の記事「2022年びわ湖の春が到来!〜観光船が一同に会する「びわ湖開き」」 へ
滋賀特派員 新着記事
帰ってきた「草津ヨシ松明まつり」〜松明の炎と1000発の花火が彩る夏の夕暮れ
涼し気な風鈴で暑気払い...西教寺・納涼風鈴参道通り抜け
朝採れのトウモロコシの旨さに感動! 野菜の可能性に挑む草津の農家「近江彩菜」様を訪ねて
魅力いっぱいの瀬田川界隈①...俵藤太の伝説
瀬田川・大津周辺の桜スポットを巡るサイクリングしてきました
2022年びわ湖の春が到来!〜観光船が一同に会する「びわ湖開き」
「びわ湖−南湖サイクルーズ」で楽しむ自転車の新しい旅へ
滋賀院門跡・黒衣の宰相・天海が建立した天台宗本坊
1年前の同じ月に投稿された記事
大津の桜の名所を自転車散歩
うなぎ料亭「山重」・天下取り決戦の歴史舞台で味わう鰻
「なまずの寝床」〜びわ湖の空と風を感じるPIZZA専門店がオープン!
街道沿いの水辺に咲くヒガンザクラ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集

AIG