海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 湘南特派員ブログ > 映画の街、茅ヶ崎で茅ヶ崎映画祭に行こう♪

日本国内/湘南特派員ブログ 鶴賀 奈穂乃

日本国内・湘南特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月 1日

映画の街、茅ヶ崎で茅ヶ崎映画祭に行こう♪


メール プリント もっと見る

映画の街、茅ヶ崎で茅ヶ崎映画祭に行こう♪

今年で4回目となる「茅ヶ崎映画祭(chigasaki film festival) 」が、明後日6月3日(水)〜26日(金)まで開催されますよ!

私は今回取材させていただくまで知らなかったのですが、実は"茅ヶ崎"と"映画"はとてもゆかりがあり、茅ヶ崎で脚本が書かれたり、茅ヶ崎に映画のモチーフがあったりすることがとても多いらしいのです。

これはもともと現在の茅ヶ崎がどのように発展してきたのかということとも関係があるよう。明治時代から避暑地として有名な茅ヶ崎に、岩倉具視や伊藤博文ら財政界の大物の他、市川團十郎や川上音二郎をはじめとする歌舞伎界の重鎮が別荘を構えたところ、小説家や絵画関係者が足を運ぶようになったことがきっかけだとか。例えば年に100日近くを茅ヶ崎の老舗旅館「茅ヶ崎館 」に逗留して『晩春』、『麦秋』、『東京物語』など戦後の名作を書き下ろした小津安二郎監督はもっとも有名なひとりです。

ちなみに少し余談になりますが、その次世代、例えば岩倉具視の玄孫で両親ともに俳優の加山雄三や、茅ヶ崎で映画館を経営する父を持つ桑田佳祐など、映画や音楽が当たり前のように日常生活にあったからこそ湘南ミュージックが生まれてきたとも言え、これだけでもっといろいろ調べてみただくなってしまいます!

本題に戻り、この「茅ヶ崎映画祭(chigasaki film festival)」の特徴は、会場がひとつではなく、毎回約10箇所の別々の場所で上映されるということ。今年は9箇所で10作品が上映されますが、それぞれ上映形態(トークショーがあったりドリンクがついていたり)も料金(500円〜1600円)もまったく違うというのはなかなか珍しいのではないでしょうか?

「茅ヶ崎市民文化会館小ホール」や「茅ヶ崎市美術館」といった公けの場所から、「茅ヶ崎館」のような老舗旅館、他にも「Que」や「カンティーヌ・マシュー」といった居酒屋さんやレストランなどで上映され、あたかも茅ヶ崎の街をそぞろ歩くと映画祭会場に行き当たるというおもしろい仕掛けになっています。

上映作品一覧はこちらのページ でご確認いただけるので、気になる映画や予定が空いている日時に上映される作品をクリックすると詳しい場所や料金、チケットの予約方法などが乗っているので、個別にアクセスしてみてください。

今回の上映作品の中には茅ヶ崎が題材になっていたり茅ヶ崎で書かれた作品は含まれていないのですが、映画祭を支える若者たちが選んだとっておきの作品を、ぜひ映画の街、茅ヶ崎で鑑賞してみてくださいね。

 
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術
2015年6月 1日
« 前の記事「ビーチをきれいに!茅ヶ崎のひとの気持ち」へ
»次の記事「【レポート】湘南らしいグリーンのある生活」 へ
おすすめ記事
    湘南特派員 新着記事
    【レポート】茅ヶ崎にゲリラアートが登場!
    【告知】ちがさきレインボーフェスティバル
    湘南で革小物の手作りを楽しむ
    【告知】秋のおいしく楽しいイベント情報
    【レポート】さらしでおんぶ & おむつなし育児
    ビーチグラスでお買い物ができるって知っていました?
    【レポート】本場アメリカのバーベキューって何?
    【食】おいしいだけじゃない!想いと知恵がつまったレストラン

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■神奈川県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 湘南特派員

      湘南特派員
      鶴賀 奈穂乃
      フォトグラファー&アーティスト。2006年よりグアム在住。 南の島の光と色彩を生かし、“happiness”をテーマに観る人がやさしい気持ちになれる写真を独自の視点で切り取る。愛情あふれる日常のひとコマをアートに昇華させる、ハッピーオーラにあふれた家族やマタニティー、ベビーのポートレートやウェディング写真が人気。東京、グアムにて個展多数。
      Nahono Tsuruga PHOTOGRAPHY』『FACEBOOK』『Twitter
      グアムのオススメのお店最新リストはこちら☆

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集