海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 湘南特派員ブログ > 【レポート】夜空の下の茅ヶ崎映画祭

日本国内/湘南特派員ブログ 鶴賀 奈穂乃

日本国内・湘南特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月12日

【レポート】夜空の下の茅ヶ崎映画祭


メール プリント もっと見る

【レポート】夜空の下の茅ヶ崎映画祭

今日ご紹介するのは6月5日(金)、6日(土)に特定非営利活動法人まちづくりスポット茅ヶ崎 の主催で開催された「茅ヶ崎映画祭(chigasaki film festival) 」の1作品、『かもめ食堂 』の上映の様子。

ご覧のように今回の映画祭で唯一、野外で行われた上映会でした♪


会場は2015年4月に浜見平にオープンし、新たなまちづくりの拠点として注目を集めている交流スペース「まちスポ茅ヶ崎 」。

金曜日は天候不良のため残念ながら室内で映画上映がされましたが、土曜日は曇天で少し肌寒く、富士山と星空を眺めることはできなかったのですが、それでも思いがかなって予定通り屋外で上映されましたよ!



会場では肌寒くなることが想定されるのでブランケットが配られたり、普通の座席だけではなく、テーブル席があったりベンチがあったり、はたまた写真のようにラグにクッションの用意されたエリアもあり、こんなにすてきな環境で映画が見られるなんて本当に贅沢!

しかもこれが大人1000円、子ども(小学生以上、12歳未満)500円なのですから、とってもお得:)



また飲食持ち込みもOKだったのですが、当日は創業52年、湘南(茅ヶ崎・藤沢・鎌倉)の仕出し弁当屋「ちがさき濱田屋 」さんのおにぎりや、100円でおかわり自由だった輪輪シネマ さんのポップコーンの販売もあり、娘もパクパクといただいておかわり〜!という感じ(笑)。



私はついついHeinekenにしてしまいましたが、WATさんが本格的に入れてくださるコーヒーのすばらしい香りに、まさに『かもめ食堂』が現れたかのようでしたよ!

ちなみにこちらのとってもおいしそうなコーヒーは、交流スペース「まちスポ茅ヶ崎 」隣りに6月26日(金)にオープンするカフェ『Cafe Poe(カフェ・ポー)』にていただけるようになるとか。本当にとってもおいしそうだったので、こちらもまたオープンしたらご紹介いたしますね!



お話がちょっと逸れてしまいましたが、今回の映画祭上映作品の中でもぜひ『かもめ食堂』を観に行きたいと思ったのは、『かもめ食堂』が大好きな作品で野外上映だったことに加え、会場のすぐ隣りの室内に、写真のような託児スペースを設けていてくださったから。

保育士有資格者ではいらっしゃらないのですが、善意のボランティアの方々が生後6ヶ月から未就学のお子さんを対象にお相手をしてくださいました。



申し込みの際に、預けたい子どもの年齢やトイレトレーニングの状況、泣いてしまう場合はどのように対応するのが良いのかなどを丁寧に聞いてくださるので、とても安心して子どもを預けることができ、どうしてもお子さんが泣いてしまう場合はすぐにママが駆けつけられる環境にあるというのが、お子さんにとってもママにとっても安心できていいですよね。



写真のカップルのおふたりに今回映画祭に参加された理由をお伺いすると、「大好きな『かもめ食堂』が屋外で観られると聞いたら来ないわけにいかなかった!」ということ。

寒さ対策もばっちりで、ビールを片手に上映を楽しみにされる様子がとてもすてきでした♪



各回30名程度の定員を見込んでいた今上映。結果的に室内で行われた6月5日に30名、野外で行われた6月6日には50名が参加し、合計で80名の方が映画を楽しまれましたよ。

「よい会場によい映画、シナモンロール食べながら、娘と満喫しました!」、「雰囲気もすごく素敵でとっても楽しめました!!」、「良かったですよ。やや冷たくてすこしベタつく潮風にはまりました。一度見た映画でしたが環境が変わるとまたひとつ風情が加わりますね。良かった。」、「大好きな映画を野外で観る、という貴重な経験ができて良かったです。」、「素敵なイベントをありがとうございました!また楽しみにしています。」など、Facebookにも楽しまれた方たちの生の声が寄せられ、上映は大成功!

今回の「茅ヶ崎映画祭(chigasaki film festival) 」は今週末の6月13日、14日も含め、6月26日まで。あと5箇所で6作品を楽しむことができます。

まだまだ素敵な作品が上映されますので、ぜひこちら で予定をチェックして、この機会に足をお運びくださいね!

PS:6月16日(火)に上映会主催者およびフードとドリンクを提供された方々に関する追記を加えました。


 
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2015年6月12日
« 前の記事「【レポート】湘南らしいグリーンのある生活」へ
»次の記事「【レポート】【告知】お子さまと一緒に人形劇」 へ
おすすめ記事
    湘南特派員 新着記事
    【レポート】茅ヶ崎にゲリラアートが登場!
    【告知】ちがさきレインボーフェスティバル
    湘南で革小物の手作りを楽しむ
    【告知】秋のおいしく楽しいイベント情報
    【レポート】さらしでおんぶ & おむつなし育児
    ビーチグラスでお買い物ができるって知っていました?
    【レポート】本場アメリカのバーベキューって何?
    【食】おいしいだけじゃない!想いと知恵がつまったレストラン

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■神奈川県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 湘南特派員

      湘南特派員
      鶴賀 奈穂乃
      フォトグラファー&アーティスト。2006年よりグアム在住。 南の島の光と色彩を生かし、“happiness”をテーマに観る人がやさしい気持ちになれる写真を独自の視点で切り取る。愛情あふれる日常のひとコマをアートに昇華させる、ハッピーオーラにあふれた家族やマタニティー、ベビーのポートレートやウェディング写真が人気。東京、グアムにて個展多数。
      Nahono Tsuruga PHOTOGRAPHY』『FACEBOOK』『Twitter
      グアムのオススメのお店最新リストはこちら☆

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集