海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

やるやる詐欺ではないですが、毎年今年こそは!的に繰り返されていたカンボジアの鉄道。

今回は、クメール正月前に絶対にオープンするぞ!と国を挙げて準備していたのですが、実際に2018年4月4日に、ポイペト-シソポン間の鉄道が再開されたので、乗車体験報告をしますね。


ポイペト→シソポン線乗車体験レポート

発着時間: 7:00→8:15/10:30→11:45/14:15→15:30

ポイペト駅の場所:

Train-s-p (10)1024.jpgのサムネイル画像
ポイペト駅

Train-s-p (45)1024.jpgのサムネイル画像電車到着

Train-s-p (76)1024.jpgのサムネイル画像人力で遮断機やってます

Train-s-p (65)1024.jpgのサムネイル画像川を越えます

Train-s-p (82)1024.jpgのサムネイル画像シソポン駅到着


シソポン→ポイペト線乗車体験レポート

発着時間: 8:45→10:00/12:15→13:30/16:00→17:15

シソポン駅の場所:ロータリー南

Train-s-p (87)1024.jpgのサムネイル画像シソポン駅

Train-s-p (99)1024.jpgのサムネイル画像のどかな風景

Train-s-p (111)1024.jpgのサムネイル画像ポイペト駅到着。手前がカンボジアのイミグレ、奥がタイのイミグレです。将来的にはここが国境代わりになるようですね。


片道1時間15分のカンボジア鉄道の旅、8月1日までは無料運行とのことなのでお試し乗車はいかがですか?

ちなみに、シェムリアップからだとシソポンで降りて、ポイペトまで行き、そのままタイに国境を抜ける感じ。


タイからだと、既存の国境を抜けてしばらく歩いてポイペト駅に到着、そこからシソポンまで行って、乗り合いタクシーやバスでシェムリアップまで移動となります。


金額や時間を考えると、鉄道を使わず国境までそのままバスなどで行った方が安くはなりますが、鉄道体験というのも旅のトッピングにはいいかもです。









2018年4月13日

シェムリアップ空港を有効活用しよう!
Siem Reap Airport (3)1280.jpg

機内アナウンスが流れると飛行機は降下し始める。窓の左には西バライ、右にはシェムリアップの街が見える。タラップを降り、空港に到着すると左にはイミグレーション、右手にはビザカウンターがある。ビザを事前取得していない場合、ビザカウンターに進み、観光なら30$でツーリストビザ(T)を、ビジネスならEビザを取得しる。EDフォームやビザ申請書は飛行機内で配られることが多いので、機内で記載していれば余計な時間はとられない。
イミグレーションを抜けるとターンテーブルがあるのでそちらで荷物を受け取る。
その後、空港出口に税関があるので、必要書類を提出すればいい。


空港内の施設
シェムリアップの空港到着ゲート館内にはカフェなどはなく、お土産物屋とタクシーカウンターしかないためあまりすることもないが、市街地までの移動手段が決まっていない場合はタクシー手配ができる(建物外でも手配可能)。


空港内での時間のつぶし方
Siemreap-airport2017 (2)1280.jpg

空港館内にはこれといって時間をつぶす場所もないが、到着ゲートから建物外に出ると小さなカフェがある。ただし一度出ると再度入ることができないので注意しよう。
またカフェ近くには多くのショップが携帯シムを販売しており、スマホなどを持っていれば、1、2$程度支払えばインターネットの接続設定までやってくれるほか、両替所などがあるので必要なら申し出てみよう。
ちなみに、空港到着ゲートから3分ほど歩いて、出国ゲートに行くとスターバックスなどもある。


空港から市内への移動方法
Siemreap-airport (1)1280.jpg

タクシーカウンターで手配可能。また空港の外に行くと流しのトゥクトゥクなどがいるので料金交渉すれば少し安く(2~5$ほど安い)市街地には到着する。バスなど、その他の公共移動手段はない。


シェムリアップ空港⇒市街地(6:30~23:00)
バイク(1人乗り): 9$
トゥクトゥク(最大2~4人乗り・荷物量による): 9$
セダン車(最大3~4人乗り・荷物量による): 10$
ミニバン(最大8人乗り・荷物量による): 15$


シェムリアップ空港⇒市街地(23:00~6:30)
バイク(1人乗り): 14$
トゥクトゥク(最大2~4人乗り・荷物量による): 14$
セダン車(最大3~4人乗り・荷物量による): 15$
ミニバン(最大8人乗り・荷物量による): 20$


2017年10月30日

えー、最近あっちらこっちら行ったり来たりしている西村です。
 
先日はインドとネパールにバックパッカー旅行に行ってきました。いやー、人間はいつまでも若くないとは本当ですね。外見は変わっても心は十数年前から変わったわけではなく、自分の現在の年齢を考えずに長距離バスやら鉄道やらを利用して2週間ほど旅行したのですが、その時の疲れから帯状疱疹となり、海外入院してヤバい世界を行き来しておりました。
 
 

まー、そんなことはさておき、今回ご紹介したいのはプノンペンにあるカンボジア地ビールで有名な”キングダムビール”の工場見学ツアーです。
このツアー、どんなものかというと、月曜から金曜日の午後13:00~17:00までの間に開催されている工場見学(英語ガイド付き)&地ビール飲み放題で12$という特別なツアーなのです!

 
 
実際に行ってきたのでその時の流れをご紹介しますね。
 
 

Kingdom-beer (58)_1024.jpg場所はプノンペン市内からすぐの立地で、5号線沿いで日本橋から1kmとすぐです。

 

Kingdom-beer (2)_1024.jpg工場の受付に入り、12$をお支払い。

 

Kingdom-beer (56)_1024.jpg工場内のラウンジに案内されます。

 

Kingdom-beer (33)_1024.jpg工場見学ツアーはこちらからスタート。専属英語ガイドさんが、ビールとはどうやって作るのかを説明してくれます。

 
Kingdom-beer (45)_1024.jpg工場内をくまなく見学。質問があればどしどしとどうぞ!(英語)

 


Kingdom-beer (9)_1024.jpg工場見学終了後は、この工場で作られているビール5種類から実際に試飲できます。
 
Kingdom-beer (51)_1024.jpg白やらオレンジやら黒やら、様々な種類のビールがずらり。ベルギーウィート、インディアンペール、ピルスナー、ダーク、サイダーなどからティスティングを楽しめます。

 
 

ちなみに毎月第一金曜日の18時から23時まではTGIFという特別イベントも開催!こちらも参加費は12$ですが、知る人ぞ知るマイクスバーガーも楽しめます。

 

ご興味ある方是非お試しあれ!
 


WEB:  http://kingdombreweries.com/index.php/tours-events


2017年6月18日
2017年6月 2日
2016年11月14日
2016年7月 8日
2016年4月13日
⇒すべての記事を見る

カンボジア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シェムリアップ特派員

    シェムリアップ特派員
    西村 清志郎
    編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集