海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > アンコールワットの町「シェムリアップ」のご紹介

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年4月30日

アンコールワットの町「シェムリアップ」のご紹介


メール プリント もっと見る

アンコールワットの町「シェムリアップ」のご紹介

%8F%89%89%F1%8C%B4%8De%89%E6%91%9C.jpg まずはアンコールワットのある町「シェムリアップ」とちょこっとカンボジアについてご紹介。
日本人のほとんどは、カンボジアと聞いても、世界地図のどこにあるかも分からなく、いだいているイメージも地雷、内戦、ポルポト、そして世界遺産アンコールワットといった感じだろう。そのアンコールワットのお膝元となり、旅の基点となる場所が、僕が住んでいる町「シェムリアップ」である。

僕が、初めてこの地を訪れたのは2003年の雨期に入る少し前。その頃から較べるとこの町は大きく変わった。デコボコだった赤土道路はアスファルトに舗装され、自転車とぼろぼろのバイクばかりだった道路には、普通車はもちろん、高級4WDが我が物顔で走っており、来た時には1基しかなかった信号も、いつの間にやら5基に増え、交通渋滞さえ起こるようになってきた。大型ホテル、レストランは立ち並び、インターネット、電話などインフラは整ってきており、治安もぐぅっと良くなった。
しかし、シェムリアップの町から5分も外に出ると、まったくの別世界、以前と変わらないデコボコ道となる。クロマーを頭に巻いているおばあちゃんが、砂ぼこりが風に舞っている小さな道を、一生懸命自転車をこいで田畑へと向かっている。その脇にはやせ細った牛が、道草を食いながらのんびりと歩いている。そう、数十年前の日本が、今のこの町、この国にはまだまだ残っているのだ。
何となくどこか懐かしい空間。旧き良き時代の日本を感じられる場所が、日本から遠く離れたこの町にあるのだ。
急速に発展し、成長しているカンボジア、シェムリアップ。今しか見ることが出来ない素朴が残る町に、是非遊びに来てください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年4月30日
»次の記事「カンボジアの首都 プノンペン」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集