海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 ...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月24日

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 4


メール プリント もっと見る

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 4

自転車がやっと通れるくらいで、あとは大変、完全なまでのでこぼこ赤土小道を抜けると左手に大きな環濠が見える。まずここが先に示していた寺院「プラサットカッセン」に間違いなかろう。東西に抜ける参道を渡り崩壊が進んだ寺院を見る。寺院整備こそ行われていないが、1メートルほどの知恵神ガネーシャとバラモン僧の像がある。造られてそれほど経っていないようだが、カンボジアでこの様に配置されることは珍しい。寺院をぐるぐる回っていると子供たちとガキ大将が凧あげを楽しんでいた。

ふむ、ガキ大将のウェイブのもと、再び赤土道に戻る。ニワトリや、子犬が横切る道路を高速で進む。ところどころでピーロムが村人に何かないか尋ねているが、めぼしいものと言えば数年前に発見された2000年前の人骨だけだという。それもすでに外国人調査団が昨年度持ち帰ったといい、今訪れてももうなにも残ってないのだそうだ。

次の目的地はバンテアイトープ(軍隊の砦)寺院に決定。この寺院にはすでに5回ほど訪れており、比較的あっさり辿り着いた。敷地外部から寺院全体を見渡すと三つののっぽ祠堂が三兄弟のように背較べしている。そのまま手前に建つ背が高いのっぺり寺院に入る。彫刻などはあまり残っていないが、興味深いのは木製の天蓋の残骸だ。砂岩に刻まれた蓮の花とサイズこそ違えどきっちりと彫りこまれている。最近崩れ落ちたばかりなのだろう、奥の祠堂の入り口部には真新しい砂岩の破片が残されている。足もとに気をつけながら内部に入ると緑色の細いヘビが足音に気付いて逃げて去った。


中心祠堂に戻るとピーロムがねもとに講釈をしている。若干25歳である彼だが、以外と博学、大学でツーリズムを専攻していたこともあり、クメール寺院を含むカンボジアの見所に関する知識は非常で豊富である。また勘が鋭く、1を聞いて10を知るタイプの人間であるため、聴講者に対して的を得た説明、質問に対する答えを返すことができるといった、カンボジアでは希少な人物である。この寺院に関する歴史と、創建した王についての説明であるが、クメール遺跡は好きのねもとは、その歴史に関して一生懸命聞きいっている。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年8月24日
« 前の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 3」へ
»次の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 5」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    シェムリアップ空港での時間のつぶし方から市街地のアクセスまでご紹介!
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集