海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 ...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月25日

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 5


メール プリント もっと見る

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 5

どうもこの辺りは酪農が盛んであるようだ。酪農といっても放牧100%であるわけで、子供達がのんびりと水牛を追いかけて、いや後をついて行っているである。自由な時を楽しんでいる水牛は、気の赴くまま雑草、水浴び、仲間達とのファイトを楽しんでいる。近くの木陰ではカウガール達が犬と一緒にランチボックスを広げている。

そのまま、15分ほど走るとバンテアイチュマール寺院に到着する。この寺院、いろんな本で紹介され始めているが、寺院を中心として四方に残る小遺跡群に関しては知られていない。地雷がまだまだ残っているため日本のガイドブックでは自主規制をしているのだろう。今回はねもとも来ているので、興味深い寺院のみ訪れることとし、彫刻などが残されていないものはパスすることとした。まずは寺院南にあるタプローム寺院に到着。同名の寺院がシェムリアップにあり、実に覚えやすい。この寺院の特徴はアンコールトム内バイヨン寺院でも見られる四面仏の一基の塔がお堀に守られており、その姿が、常に水面に映っていることである。寺院内部を見学していると周辺に住む人々が訪れ、シャワー代わりのスイミングを楽しみ始めた。お堀の水を自宅で使うためだろう、彼らの乗ってきた自転車には水汲み用プラスティックコンテナが搭載されていた。

そのまま近くのバイクタクシー停留所まで足を延ばす。周辺寺院は過去に全て訪れたことがあるのだが、その一つ一つの再発見、道のりは大変であることを覚えている。時間を無駄にしないように、地元の運転手に案内を依頼することとしたのだ。特に寺院西側にあるタネーム寺院とその奥にある小寺院にはタプローム寺院同様、四面仏の塔が残されているのだが、道のりはやや大変だ(ちなみに運ちゃんは5$をリクエストしてきたが、粘り交渉で3$に決定)。民家の庭先にバイクを停め、高床式住居の脇、田圃を抜け、寺院へと向かう。ところどころに牛糞(地元の人々は地雷とよんでいる)が落ちており、きちんと足元を見ていないとドカンと踏んづけてしまう。5分ほど歩くと森からひょこっと顔を出しているタネーム寺院が現れた。ぐるりと裏側に回ると四面の内の二面は完全に崩れ落ちていた。案内人の運ちゃん曰く内戦時代にポルポト兵がバズーカでふっ飛ばしたそうた。

停め置いていたバイクに乗りこみ、も一つ奥の寺院に向かう。3kmほど、約7分で到着。運ちゃんも正式な名前は知らないという(後ほどタソ寺院であると判明)。以前は環濠を兼ねていたのか、周辺には大きな水溜りあり、寺院を取り囲んでいる。少しだけ小山になった森に入ると寺院が現れた。先と同様、ここも四面仏の塔があるのだ。たまたま2日ほど前にフランス人の団体が来たとのことで、森へと続く小道にかかる草木はきちんと切り落とされておりアクセスは楽である。非常ラッキーだ、以前来たときは木々をかき分け森に入ったことを覚えている。到着した四面仏の塔入り口には座仏が並ぶ彫刻がきれいに残っていた。見学中に蚊に刺されたようだ、ちょいと腕が痒くなった。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年8月25日
« 前の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 4」へ
»次の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 6」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    シェムリアップ空港での時間のつぶし方から市街地のアクセスまでご紹介!
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集