海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 ...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月28日

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 7


メール プリント もっと見る

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 7

人目(入場料を取る人)を避けるように寺院から出発し、すぐ近くにある機織り工房へと向かう。到着した機織り工房前で少しねもとを待つが、現れない。どうしたものかと思い、情報部員ピーロムを降ろし、寺院に戻ろうとするとやっとこさ遠くからオレンジ色のウェイブが向かってきているのが見えた。聞くと寺院出口の段々にフットブレーキがぶつかり、ブレーキの角度がへそ曲がり、膝曲がりになっているのだ。まあ、仕方ない、どうせ近くにバイク修理場もあろうこと、さほど気にせず、工房に入る。事前に潜入していたピーロム情報によると、以前は貧しい人々に手に職を持たせるための機織り工房であったが、現在は単なる孤児院と化しているのだという。

さーて、とりあえず時計の針は17時を回った。へそ曲がりのウェイブを修理場に出し、近くの屋台でミーティングタイムである。ピーロム、ねもとと今日の宿をどうするか決めなければならないのだ。ここから先は僕も行ったことがない地域であり、道路状況も全く不明。さらにカンボジアの夜間走行は、まっ暗、でこぼこ、急牛出現などと三変則であり危険なのである。
今からきちんとした宿のある町オダーミエンチェイの州都サムロンまではデイタイムで片道約2時間、シソポン迄は片道1時間30分ほどであるがどちらもこの時間からの走行はきびしい。しかしながらこの近くの宿と言えば、手桶シャワーゲストハウスが一軒しかないと、屋台近くでダラダラしていたさっきの運ちゃんが親切に教えてくれた。ふむ、ちなみに電気はバッテリーで9時消灯だという。ふむむ。明日の予定も検討し三者会談は終了。出た答えは、手桶ゲストハウスである。その主な理由は、タイとカンボジアでの微紛争の場「ターモアン」寺院である。運ちゃん情報によると、この寺院へはここから旅立てば2時間ほどで到着するのだが、サムロンまでいくと大きく戻らなければならず3時間はかかってしまうというのだ。また、基本的には現在は兵隊がいっぱい、寺院に入るとタイ兵に撃たれるので中には入れん、しかし地元の村長に許可をとれば(賄賂を払えば)、寺院近くまで行けるというのだ。ううむ、非常に興味深い。せっかくの旅であり、出発前から少し興味あった寺院でもある。「渡航の是非を検討して下さい」とアナウンスしている外務省には申し訳ないが、実にこの機を逃すのはちとおしいのではないか?という理由で決定したのだ。

とりあえず、一泊一室5$の宿(他に選択肢はない)に決定し、2階のリビングルーム付きの二室を借り受ける。といっても二室しか客室はないのであり、他の客がいなかったことがラッキーであった。部屋わりはもちろん、ねもとキングサイズベッドルーム、ピーロム&僕はエコノミースタンダードワンダブルに雑魚寝となった。まずは今日の一日の汚れを落とす為、ねもとから手桶シャワーに行く、その間、宿のオーナーとピーロム、僕とで情報収集兼オーナーについて話していた。オーナーの本職は米農家らしいが、最近は米の値段も上昇傾向で、あんまり売れ行きが良くないらしい。また最近行われたカンボジアの総選挙のおかげでゲストハウスもあまり客が来なかったという。総選挙とゲストハウスの客数とどのような関係があるかはよく分からなかったが、とりあえずそうなのだそうだ。

ねもとが出てくると次は僕の番である。見ると部屋にはバスタオルなどは置いてなかったので、自分で持ってきた小さなタオルをバスルームに持ち込む。立てつけの悪いドアを開くと、中は思ったよりも広く、タイル張りの水溜め場にはややすすけた色の水が穏やかな波を立てている。たぶん、寺院のお堀から汲んできた置き水なのだろう。とりあえず、南国カンボジアであるので冷たいということはないのであるが、何となくぬるめかしい肌触りの水を頭からザップリとかけ、本日の汚れを洗い流した。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年8月28日
« 前の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 6」へ
»次の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 8」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    シェムリアップ空港での時間のつぶし方から市街地のアクセスまでご紹介!
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集