海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 ...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月23日

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 3


メール プリント もっと見る

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 3

お腹と共にバイクの燃料も補給。シソポンを見下ろすプノンスワイに行こうか悩むが、特になんも無さそうなので、町外れに建つワットプノンチョンチェン(大壁の寺)に行き、何か面白いものはないかと散策。壁に沿って建つ寺院の脇を登っていくと岩の上には仏陀とそれに祈る男の像がある。ピーロムに聞いてみると、その男は悪いマジシャンであり、人々に嫌がらせをしていたのだが、仏陀の影響で改心したのだという。ふむ、よく分らんがとりあえずそんなストーリーもあるもんだと耳を傾けながら、この壁でロッククライミングでもやれば結構楽しめそうだなと同時に考える。とりあえず次回はパートナーを探しギアを持ってくることに僕の中で決定。そのまま大壁を登りきり、シソポンの街を見渡す、のんべりしてあんまり大きな建物もない良さ気な町である。


シソポンの街から北上するとクメール遺跡マニアには有名なバンテアイチュマール遺跡がある。そこまでの道も舗装されていない赤土ややボコ道であり、以前は「魔の7本ブリッジ」があった。この云われは当時木製であったこれらの橋がよく落ちており、何人も傷を負い、遠回りを余儀なくされたことからそう言われるようになったのだ。現在はそのほとんどがコンクリートで修復され、二度と落ちることはない「安全セブンブリッジ」となった。


また、この辺りの地元民公共移動手段として、農耕タクシー(田植え機に荷台を付けた物)を利用しておいるのだが、これが思ったよりも速度がある。自分の運転するバイクが巻上げる砂ができるだけ彼らにはかからないようにと、追い越しの際は少し大きく回り込むのであるのであるが、もともと速度のあるものを追い越す場合は一時的であれ結構な速度が必要であるのででこぼこ道ではちときつい。後で聞くとねもとは何度か倒れそうになったという。ちなみに農耕タクシーの料金は距離により異なるが初乗り1000リエル(約30円)、子供料金半額だそうだ。

目的地であるバンテアイチュマールまで残り25%地点に辿り着いた。ふと脇を見ると「遺跡こっち」看板があるのだが、看板が指し示す場所にはカンボジア軍隊オフィスがある。オフィス敷地で暇そうにハンモックに揺られている軍人に尋ねると、遺跡までの道をつぶしてその上にオフィスを建てたため、道路が使用できなくなり、遺跡まではオフィス手前の小道を抜けていかなければ辿りつかなくなったのだという。で、看板はせっかく作ったからそのままにしているのだそうだ。ううむ、さすがカンボジア、やることが大胆である。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年8月23日
« 前の記事「バンテアイミエンチェイ ‐ ピーマイ 5日間の旅 初日 2」へ
»次の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 4」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集