海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 ...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年9月23日

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 2日目 3


メール プリント もっと見る

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 2日目 3

P1740348.jpg
宿のオーナーに部屋代と夕食代として計15$を渡して出発。出発するとすぐ、「HOMESTAY」という看板が数軒見えた。はっきりとは分からないが、きっと西洋人向けツアーで使っているのであろう。10分ほど走るとオダーミエンチェイ州へのかけ橋を抜けることとなった。思ったよりもずっと早く、道路状況も良い。途中、小さなお寺があり、ピーロムがここに寺院があるかもしれないと言い出した。引き返してみると、敷地の片隅にアンコール時代のリンテルと、小さなナーガ像が残されていた。近くのお坊さんに尋ねてみると、プラサットラージェアタックチュム(水溜りの王)寺院であるという。本来のアンコール寺院があった場所は、正確にはこの場所ではないが、少し離れの森の中の寺院より軽い彫刻だけ持ってきたのだそうだ。

P1740356.jpg
そのまま、今日の一番の目的地である、ターモアン寺院へと向かう。この寺院、タイとの国境山間部にあり、昨今のプレアヴィヒア世界遺産問題から、派生した揉め事が、この寺院にも飛び火したのだ。
途中まで、ひじょうーにいい道だったのだが、もうゴールまであと少しという村から水没している道路が現れ始めた。深さはあまりなさそうな粘土質の道路が、ぼろぼろの民家前にある。民家の庭を横切るように、少しだけ良さ気な楽な脇道もあるのだが、少しチャレンジしようと進んでみる。
ううむ。あっさりハマった。全く動かん。バイクの下3分の1が埋まっているのである。膝丈まではまってしまいどうしようもないのだ。以前これとまったく同じ状態にラタナキリの誰も来ないような山でなったことがある。その時は今回よりずっと状態はひどく、太陽も落ち、真っ暗で雨が降る中、1時間ほどだれか通りかかるのを待ったことがある。
とりあえず、泥の道路の後ろからピーロムに押してもらうが全く動かん。エンジンをふかしても泥が跳ねあがって、ピーロムに降りかかるだけでどしどしと深くはまっていく。仕方なく民家の近くにいたオカアさんグループに声をかけ、助けてもらう。外国人とあれば助けねばならぬと、みんなが一生懸命押してくれ、泥沼からの脱出に成功した。ありがとー。と叫びつつさよならをして先へと進む。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年9月23日
« 前の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 2日目 2」へ
»次の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 2日目 4」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    シェムリアップ空港での時間のつぶし方から市街地のアクセスまでご紹介!
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集