海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 ...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年9月23日

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 2日目 1


メール プリント もっと見る

バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 2日目 1

P1740302.jpg

深夜2時を回ったころだろうか、軒下の犬が遠吠えをはじめた。それにつれられ、町全体のお犬様が連鎖反応を引き起こし、あっちでワォウワォウ、こっちでワゥオワゥオと合唱がはじまった。こういったときのオープンエアウィンドウはうるさくてかなわない。この町では毎日こうなのであろうかと、ふと考えてしまう。しかし、怒ったところでどうなるものでもない。こんな時、両親から雑に育てられた自分がラッキーであったと思う。再び眠りに入り、5時頃にふと目を覚ますと、未だエコーが鳴り響いていることに気がついた。

6時少し前より、ゆっくりとオープンエアの窓から薄明かりが差し込み始めた。日の出と共に一日が始まるのがカンボジアライフである、隣に寝ていたピーロムはすでに活動を開始している。7時を回ったころ、外からのざわめきもあり起きることにした。昨晩の宴の場(といってもすぐ横)では、ねもととピーロムが出発の準備も終わり、ぼーっとしている。ふむ、少しで遅れたようだ。そのまま朝の散歩に出かけることにした。自分一人先に降り、宿の前で2人を待つ。宿の前にはバッテリー屋があり、自転車に乗ってきたおじさんが大きなバッテリーをどしんと置いた。バッテリー屋のおやじが出てきた様子もない、毎日のことであり、どのバッテリーがどの家のものか、みんな分かっているのだろう。その横を小坊主が隊列を組んで歩いており、すぐ近くでは子供達が缶に小さなタイヤのようなものを付け、それが棒にくっついているもの(缶製大型チョロQに棒をつけたようなもの)を押し歩きながら遊んでいる。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年9月23日
« 前の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 初日 8」へ
»次の記事「バンテアイミエンチェイ - ピーマイ 5日間の旅 2日目 2」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集