海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > カンボジアでお仕事探し 就職氷河期なり

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年3月 7日

カンボジアでお仕事探し 就職氷河期なり


メール プリント もっと見る

カンボジアでお仕事探し 就職氷河期なり

NIS_1836.jpg
募集をかけて送られてきた履歴書の山・山・山

カンボジアでお仕事探し


世界経済の落ち込みより少し遅れてカンボジアにも少し不況のあおりが見受けられるようになってきました。


で、先日新しくオープンする四つ星ホテルの人事部にお邪魔したのですが、口コミと張り紙だけで集まってきた多くの履歴書。

F&B、ハウスキーパー、セールス、運転手など、各部署ごとに分けてるのですが、その中でも募集が多いのが、F&Bとハウスキーパーだそうです。


その理由としては、やはり語学の壁と、チップなどのおまけ的収入が入るかどうかのバランスの模様。

フロントや、セールスなどはやはり高度な英語力が求められ、そこまで自信のない人が、F&B、全く話せない人は、ハウスキーパーとして働き、お客さんからのチップで稼ぎたいそう。


といっても、やっぱり「人」は告知で集まってきても、「人材」が集まらないのは世界共通。


弊社マガジン部でも一つの悩みとなってます。

ちなみに、よく聞かれるのがカンボジア人の月収。実際公務員は30$位からなのですが、現実はもうちょっとある模様。


外資系企業(聞こえはいいが、実態は伴わない会社が多い)で100-500$。

さらについでに内部事情となるのですが、クロマーヤマトゲストハウスのスタッフ給料は20$−150$と幅がありますが、スタッフみんな別のアルバイトもしており、多い人は合計月収350$程あるようです。


さらにちなみに、日本人の月収はというと、現地採用正社員で500-1000$位が一般スタッフで、マネージメントクラスはプラスαです。

参考までに・・・ http://krorma.com/special/special5-3.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年3月 7日
« 前の記事「漢方薬」へ
»次の記事「アンコールワットで朝日見学」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集