海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > カンボジア版「モテる男」の条件

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月 1日

カンボジア版「モテる男」の条件


メール プリント もっと見る

カンボジア版「モテる男」の条件

sovat.jpg


カンボジア版「モテる男」の条件

もてる男というもの、ぶっちゃけどこの国に行っても大差ないものだと思っております。
が、それでも+アルファの要素がその男をどれだけ多くの女性を引き付けるのかという、そのカンボジア版「要素」を質問してみました。


カンボジア人女性100人(未婚73人、既婚27人)に聞きました。

あなたが男性に求めるもので最も「大事なもの」は何ですか?カッコ内はその理由や補足


* 身長は自分より高いほうがいい (ほぼ全員回答)
* 筋肉があればいい (でも、労働者的な筋肉はあんまり)
* お腹が出てない (でも、出てないと言うのは食べるものがなくてやせ細ってるからか・・)
* 中年ではお腹が出ているほうがいい (金持ちっぽい)
* 車を持っている (ガソリン代が払えるのはお金がある証拠)
* バイクを持っている (7年以上古いバイクはNG)
* 平均的な肌黒さ (あまり肌黒いと子供まで黒くなるから)
* 性格が良い (人に騙されない程度)
* 臭いがない (きちんと歯を磨いたり、脇を洗えたりする余裕があるか)
* あごひげはNG (単純に不潔そう)
* ほくろ毛が生えている(カンボジアではほくろから毛が生えているのは金運の象徴)
* 外国人がいい(お金もっていそう、結婚すると外国籍になれるかもしれないから、子供を海外で育てたい)
* ビールをたくさん飲む人はNG (酔っぱらうとすぐ女を買いに行くから)
* 浮気をしない人 (浮気相手に硝酸かけられたくない)
* 家柄が自分より上の人がいい、でも上すぎると怖いからダメ (政府高官関係の家庭は特に怖い)
* 学歴が高く教養がある人がいい (都市部の女性の意見、都市部以外は高校がない場所もあるので・・)
* 仕事をしていて、お金がある人 (安定してそう)
* 自分で店や仕事をしている人 (大当たりしそう)
* 普通の公務員は嫌 (給料安すぎ、副収入(賄賂)が入る職場なら可能(警察・裁判所など))

などなど、他にも細かいのがいくつか上がったのですが、その中から更に順位をつけると・・。

ベスト3から発表すると・・

3. 中年ではお腹が出ているほうがいい
2. 外国人がいい

そして栄えある1位は・・

1. 家柄が自分より上の人がいい、でも上すぎると怖いからダメ

となりました。

ううむ、思ったよりシンプルな答えでした。

ちなみに写真はカンボジアで人気NO.1トップシンガーのプリアソバット氏で、カンボジア男性のカリスマです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 美容・健康・病院
2010年6月 1日
« 前の記事「2万個の積み木でアンコールワットの秘密を体験しよう」へ
»次の記事「カンボジアン雑貨店 クマエユーン」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    シェムリアップの新カフェバー NEST
    グリーンスキでカンボジアすき焼きを楽しむ
    タランチュラの佃煮

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集