海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > カンボジアンナイト クリスマス&ライトアップ

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年12月 8日

カンボジアンナイト クリスマス&ライトアップ


メール プリント もっと見る

カンボジアンナイト クリスマス&ライトアップ

Illumination cambodia (2).jpg
Illumination cambodia (5).jpg
Illumination cambodia (3).jpgIllumination cambodia.jpg


カンボジアの夜って実はあんまりライトアップされてません。

というのも単純に電気代が高いから、そこに何らかの利益が発生しないとつけるのがもったいなから。

ということで、クリスマスが近づいてきてますが、町ではちょこちょことライトアップされてるくらい。ま、文化的にもなかったものだし、冬と言っても夏みたいなもんだし・・。

でーも、サンタやツリーはきっちりと配備されていたりします。ついでにダンシングサンタとか・・。


でここでライトアップして、「これは!!」というものはと言うと、やっぱり世界遺産であるアンコールワットやバイヨン寺院ですね。

以前は毎晩ライトアップされてたのですが、遺跡保護の観点からたま~にあるビッグイベント時しか行わなくなりました。

またバイヨン寺院ではアンコールナイトという日本人向けイベントがあったのですが、最近許可申請が難しいのかあまりやってないようです。


という状況で、次がどんなイベントがあって、いつライトアップされるとかは通達もないのでほぼ未定。運が良ければ見られます!!
(ちなみに今現在発表されているのが、2011年2月15日、16日に行われるボスバ・パン・アンコールコンサートというものでバイヨン寺院で開催)


もし他の期日でライトアップされた遺跡を見たい方は、特別なツアーに参加するか、現地でこまめに情報を集めるしかありません・・・。


お役に立てず申し訳ございません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 夜遊び・クラブ・お酒 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2010年12月 8日
« 前の記事「フィッシュマッサージ増加中」へ
»次の記事「カンボジアの郵便局と内職」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    蛇料理を食す
    トラッピアントモー貯水池にバードウォッチングに行く
    カンボジアへの日本人旅行者数
    ヤシ砂糖作り
    プノンペンランドマーク「セントラルマーケット」のお色直し
    凧揚げ日なり
    違法DVD、マンガの町
    お歳暮ですよー
    ドラゴンフルーツ肉まんを食す
    熱帯のクリスマス
    バンテアイスレイエキシビジョン(無料)
    射撃場で手榴弾を投げる体験の巻
    ソマデビ アンコール ホテル&スパのジム利用
    アンコールワット 無料モニター & お年玉ツアー
    ハッピーハーブピザに潜入  HAPPY HERB PIZZA
    ブラスバンド @ アンコールワット
    ソティアにてクリスマスイベント開催 A WOMAN'S CHRISTMAS

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集