海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > オドーミエンチェイ州 タイとカンボジア国境交戦によ...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年5月 1日

オドーミエンチェイ州 タイとカンボジア国境交戦による難民キャンプ訪問


メール プリント もっと見る

オドーミエンチェイ州 タイとカンボジア国境交戦による難民キャンプ訪問

Refugee Camp (5).jpg


オドーミエンチェイ州 タイとカンボジア国境交戦による難民キャンプ訪問


ここ最近、日本のニュースでも少し報道されていると思われる、カンボジアの国境問題。
特に世界遺産に認定されている「プレアヴィヒア」寺院がそのポイントになっているのですが、その問題により国境地域に住んでいた人達が難民となってます。


今回は、カンボジア旅行協会として慰問することとなり、オドーミエンチェイ州の州都サムラオンにある難民キャンプを2か所訪問してきました。


難民キャンプと言っても、実際イメージが掴みづらいかもしれませんが、カンボジアの場合、その多くはお寺や学校に併設されています。ちなみに現在13か所、15000世帯、約40000人が村ごとに振り分けられて住んでいるとのことです。


国境からキャンプまでは、彼らのメインの移動手段である耕運機に荷台をつけて家財道具一切合切を持って引っ越してきている訳なのですが、キャンプではもちろん仕事などある訳でもなく、貯蓄だけでは生活できるはずもない為、家によっては、家財を売り払いながら生活しています。

Refugee 2.jpg


時折、国や国民からの義援金や寄付金、差し入れやらがカンボジアの王や高官などからあるくらいで、生活は困窮を極めてきています。


ちなみに今日は国王からの差し入れ日でした。もちろん国王は忙しい方なので、観光大臣が代理で届けに来ていた訳なのですが。そこで、村人たちは1家族につき、米20キロとラーメン1ケース、そしてクロマーとサロン(衣類)をもらってました。

Refugee Camp (1).jpg


さて、難民キャンプと言っても急ごしらえの仮設なので実際は広場に木を立て、ブルーシートをかけておしまい。地面の上にござを敷いて人々は寝ています。雨の日などは大変です。小さい荷台の上に家族みんなで寝たり、お寺の中で寝たりしています。

Refugee Camp (2).jpg


ブルーシートの中を覗いてみると、子供たちがたらいで水浴びしたり、ハンモックでぶらぶらしたりと、平和なものです。

Refugee Camp (3).jpg

キャンプ近くにある兵士宿舎にも訪問してみました。そこでは傷ついた兵士たちが治療を受け、回復するまで休んでいました。中には脇腹を打ち抜かれたものや、目を負傷した者など30人ほどいました。

みんな疲れた顔で、ボーっとしていました。

Refugee Camp (4).jpg


アンコールワットのある町、平和なシェムリアップから、たった3時間の場所で、こんな状況です。


僕には何もできませんが、早く戦闘が収束するのを祈るばかりです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年5月 1日
« 前の記事「アイフォン4」へ
»次の記事「幸運を呼ぶ 四つ葉のクローバー」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    2万個の積み木でアンコールワットの秘密を体験しよう
    クラチェ州のメコン河イルカ見学
    年に一度のビッグイベント カンボジア農耕祭
    ビアカボチア(ヴィサカボチア・釈迦誕生祭) 午後の部

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集