海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > カンボジアの求人情報 (2012年3月23日現在)

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年3月23日

カンボジアの求人情報 (2012年3月23日現在)


メール プリント もっと見る

カンボジアの求人情報 (2012年3月23日現在)

Krorma Intern Tour (14).jpg

カンボジアで情報配信していると、いろんな求人情報、求職情報が入ってきます。


そして、ここ数年続けていたおかげて、だんだん流れも分かってきました。

それは、大学生の就職活動の時期になると、ものすごく求職応募が多いということ。で、いったん時期が過ぎると、急激に減る。
そして、一度内定していても、よりよい条件の会社が日本や他の先進諸国で見つかると、すぐそちらに行ってしまうと言うこと。

また、日本の景気がいいと、海外で働こうとする人が減り、すでにこっちで働いている人も日本へ戻る傾向があります。


さて、それはさておき2012年3月20日現在の日本人募集情報です。

シェムリアップ
〇 ソティアホテル・ゲストリレーション
〇 ロイアルアンコールリゾートホテル・ゲストリレーション・契約社員
〇 クロマーツアーズ・旅行会社・契約社員
〇 ラックヌーボー・マッサージ店・契約社員・インターン


プノンペン

〇 ハル・プノンペンコミックセンター・コールセンター/事務・契約社員
〇 和食レストラン・飲食/フロアマネージャー・接客業の経験がある方・契約社員
〇 クロマーツアーズ・旅行会社・インターンシップ


シハヌークビル
〇 カフェ寿司 料理人・ホールスタッフ・契約社員 

実は他にもプノンペンの求人もあるのですが、基本マッチングが難しく、現在ほとんどが口コミや知り合い採用となってます。

また、NGOやボランティアもあるのですが、こちらもマッチングと期間が問題。
過去あった問題では、ボランティアに応募した方が、


* ボランティアしてるんだから、住むとこや、ご飯は出すのが当たり前だろとNGO運営者に文句を言った
* ボランティアしたら、いくらくれるんですか?と聞いた
* ボランティアしたと、履歴書にかけるから(大学生に多い)


等、ボランティアとは何ぞやと最初から考え直させられるケースから、


* 孤児院/日本語学校の生徒に手を出した
* トイレを盗撮した疑惑


等、とんでもない事件もあり、日本人だから大丈夫だろうでは通じない、普通に紹介できないのが現状です。


とりあえず、詳細情報がほしい方はメッセージにご自分のメールアドレスを書いてを送ってくださいませ。

と言ってもほとんどが要応談なので連絡先くらいしか紹介できませんが・・。


ちなみにほとんどの企業は3ヶ月の試用期間あり、シェムリアップは月給700$〜スタートで、プノンペンは800$からとなってます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2012年3月23日
« 前の記事「整体」へ
»次の記事「へレンズ ヨガ&霊気スタジオ」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    プノンペンのオオッという日本食 天ぷらラーメン
    横浜レストラン&バー オープン
    カンボジア初の国産車 アンコールカー

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集