海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > ゴミ事情

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月21日

ゴミ事情


メール プリント もっと見る

ゴミ事情

日々、どの家庭でも生まれてくるゴミ。

それは、人間が生きていくうえで、減少することはないモノである。


さて、そんなゴミ。シェムリアップではどんな感じなのであるかということなのであるが、実はほんの数年まであんまりなかったのである。
gomi (6).jpg

その理由はストリートチルドレンや、ストリートファミリーが金になるモノをどんどん回収していくからであったのだが、去年のタイの水害以来、少し情勢が変わった。


何かと言うと、ボトル瓶や、スチール缶の回収を彼らがストップしたのである。(しかしアルミ缶とペットボトルはまだ買取してます。3本で100リエル(4円位)で売れるそう)


どうしてストップしたのかと言うと、タイにあったリサイクル工場が水害で動かなくなり、現在も買いとりしていないとのこと。なので、金にならないボトル等はそのままゴミ集積所まで行き、埋め立てられるようになってしまったのである。
gomi (5).jpg

ううむ、ある意味リサイクル大国であったカンボジア。しかしその裏には隣国の恩恵があったのかと再度認識させられたのでした。


ちなみに、生ゴミなどは回収業者が来るまで、アーティスティックに壁や柱に掛けられています。

その理由はもちろん・・・。
gomi (3).jpg


* ご一読いただいた方、是非コメントお待ちしております。ついでにもちろんの後の答えも是非書きこんでくださいませ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年11月21日
« 前の記事「カンボジアのジープのお話」へ
»次の記事「カンボジアの意外な食材」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    シェムリアップ空港での時間のつぶし方から市街地のアクセスまでご紹介!
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    白カエルと茶カエル
    カンボジアの日本語フリーペーパー事情 11月のお題"フリーペーパー"
    変なクモ発見
    「デング熱(デングフィーバー)」について

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集