海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > 【シェムリアップの人】第2回 テリー・イマグリック

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年2月 7日

【シェムリアップの人】第2回 テリー・イマグリック


メール プリント もっと見る

【シェムリアップの人】第2回 テリー・イマグリック

【シェムリアップの人】第2回 テリー・イマグリック

テリー・イマグリック(Thierry Immerglick、41歳)。シェムリアップ一の繁華街であるパブストリートエリアにファラフェル(註)カフェをオープン、そしてその2階に2011年12月9日にオリエンタルタパス料理店をオープンした中東系フランス人である。
Mezze Bar (2).jpg


テリーの母親は中東レバノン生まれと言うこともあり、フランス育ちの彼ではあるが幼少の頃から、中東系の食事をとること多かった。


カンボジアに来たのは2009年、最初はプノンペンの会計会社で働いていた。
そこで働いている間に、現在のパートナーと出会うこととなる。


テリーは、気分転換も兼ね、アンコールワットを見学するためシェムリアップに滞在していた。
そこでプノンペンとは違って、観光客だらけの町を目撃することとなった。


フランスよりもゆっくりした時の流れを持っているプノンペンだが、同じカンボジアでありながら、サラにゆっくりした時間が流れるシェムリアップ。
またプノンペンの縦社会、しがらみから、この町で何らかのビジネスをやろうと計画。彼女に相談してみると、それもいいかなと素直に賛成してくれた。


母親もカンボジアに呼び、家族で一緒に暮らしたい、それももう一つの思いであった。


母親の料理は美味しい。それならばと母親の生まれた国の味をカンボジアでやってみたいと考え、母親を呼び、カンボジア人シェフにそのレシピを教えていった。

もともと長屋の1階部分だけだったファラフェルだが、2階部を拡張し、2011年12月9日にオリエンタルタパス料理を出すメッゼェバーをオープンした。
Mezze Bar.jpg


ビジネスのコツは?と尋ねてみた。
それは人に会うこと。また人目に少しでも触れるような看板と、スタッフの笑顔と答えた。


バーは現在夕方からのオープンとなっている。オープン時間からは最低でも一人のスタッフが路上に立ち、町を歩く観光客に向かって、さわやかな笑顔で声をかける。そうやってバーの認知度をアップさせることで、観光客が初日は来なくても滞在中に一度は来てくれるという。


シンプルだが、広々とした空間には、西洋人旅行者と、在住外国人があふれている。


将来の目標は?と尋ねると、とりあえず毎日を楽しく、このバーをもっと繁盛させたい。それより先の目標はそれらから考えると言う。

Mezze Bar (1).jpg

註:ファラフェルとは中東エリアでよく食されるコロッケのようなもので、そら豆などをつぶし、パセリやコリアンダー、その他、様々な香辛料を混ぜあわせ、揚げたものである。


===============
Mezze Bar / メッツェ・バー
add:11th Street (Pub Street Area)
tel:097-766-7343
open:18:00~25:00(無休)

その他の参考情報・・・http://krorma.com/backnumbers/zaizyu-restaurant/


* ご一読いただいた方、是非コメントお待ちしております。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年2月 7日
« 前の記事「【シェムリアップの人】 第1回 トニー・ムンロー」へ
»次の記事「街の風景」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    シェムリアップ空港での時間のつぶし方から市街地のアクセスまでご紹介!
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    プノンペンに日本人の歯医者・森歯科医院
    クメール伝統料理 「スイカごはん」 2月のお題"クメール料理のレシピ2
    クメール伝統料理 「アモック(AMOK)」 2月のお題"クメール料理のレシピ

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集