海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > 旅番長! トゥクトゥクを全塗装してみようの巻

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年2月 1日

旅番長! トゥクトゥクを全塗装してみようの巻


メール プリント もっと見る

旅番長! トゥクトゥクを全塗装してみようの巻

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


本日は、トゥクトゥクを全塗装してみるといったい幾ら掛かるのかを実験した結果をご紹介します。


まず一体全体なんで色を塗ったんだという事からお話ししたいと思うのですが、


 ● 単純にぼろくなっていた。
 ● みすぼらしかった。
 ● あきらめてた
 ● とあるテレビ撮影 での利用が決まった。


からである。 


という事で、さっそく、トゥクトゥクペイント屋さんへと出発。
と言っても、そう簡単見つかる訳なく、ぐるぐる回り、30分後にそれらしきものを発見。


さっそく料金を確認すると、1台80$、ついでに日数は快晴の日が続けば3日、雨が降れば1週間とのこと。


ふむ、高いのか安いのかよくわからんが、とりあえず日数はかかるのね。


さて開始。


Tuk Tuk Painting (6).jpg
まずはこんな色。バイクもトゥクトゥクもよろしくないコンディション。


Tuk Tuk Painting (8).jpg
まずはシートをどけて、それからタイヤなども全部取り外し。


Tuk Tuk Painting (10).jpg
頼んでる間に、後ろの看板作りのため、デザイン会社に行く。後ろの看板1枚で20$程度だそう。


Tuk Tuk Painting (13).jpg
そして、その後は、バイク自体をブルーのシールでカバーすることに。1台18$。


Tuk Tuk Painting (16).jpg
こんな感じでシールを張っていってくれます。(これはクリアカバーだけど)


Tuk Tuk Painting (19).jpg
3日後に戻ると、こんな感じになっていた。一応全部ヤスリ掛けしてくれて、へこんでるところはパテで埋めてくれていた。


Tuk Tuk Painting (20).jpg
タイヤなども外している。


Tuk Tuk Painting (36)-2.jpg
看板も無事完成。アンコールワットの朝日のイメージで。


Tuk Tuk Painting (28).jpg
全て完成! 看板込みで合計120$位。日数は5日ほど。

さあ、このバイクが次どうなっていくかは、次回のお話で。

※ ご一読いただいた方、コメントお待ちしております。


フェイスブックページへ

ツィッターページへ


You Tubeへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ エンターテイメント・音楽・ショー 交通・鉄道・航空
2014年2月 1日
« 前の記事「カンボジアにダチョウ!?」へ
»次の記事「17$で(いいな番号の)シムと携帯電話が手に入る。ビッグプロモーション中。」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    家のお話(続編)
    街の風景
    【シェムリアップの人】第2回 テリー・イマグリック
    【シェムリアップの人】 第1回 トニー・ムンロー

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集