海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > 新ゲストハウス立ち上げの巻(ついでに立ち上げスタッ...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年2月14日

新ゲストハウス立ち上げの巻(ついでに立ち上げスタッフ募集の巻)


メール プリント もっと見る

新ゲストハウス立ち上げの巻(ついでに立ち上げスタッフ募集の巻)

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


巷で、バレンタインデーなどという商業広告があふれているのに若干腹立たしさを覚えながら、ドキドキしながら学校の机の中に手を入れていた浅はかだった小学生時代を思い出してます。(ムキッーー!!!!)


そんな、どんよりした雲がたちこめるような気分とは裏腹に、シェムリアップは快晴です。


さて、先日新しくゲストハウスの契約をしてきたので、実際ゲストハウスを開始するにはどんな感じになるかを定期的にご紹介していきたいと思います。将来的にそう言ったビジネスを考えている方に参考になればと・・・。


一応、僕自身の立ち位置と言うか、前提条件も書いときますね。そうしないと、いきなり海外行って同じことして、「なんだ、全然話違うじゃん!!あの野郎!」ってなっても困るので。


【前提】
● カンボジア在住10年
● 日本人向けゲストハウス経営6年目くらいやっている
● 起業サポートコンサル経験あり
● 西洋人向け、旅行会社運営中
● フリーペーパーなど作っていたから、立地など詳しい
● 他にも若干仕事しているふりをしている


でもって、なんで新しく始めようと思ったかという、(僕の中の心の)流れですが。


【流れ】
● 日本人マーケットのみのビジネスの先行きに不安(ずっと前から)
● 西洋人向けに2$ゲストハウス(ネーミングのインパクト重視)をやりたいと考えてた(3年前ごろ)
● もともと今やっているゲストハウス近くで物件を見つけていたけど、立地面で悩んでいた(1年前ごろ)
● アゴダやブッキングコムなどのホテル直販サイト内でゲストハウス販売も活性化してきた(1年前ごろから加速的に)
● シェムリアップ日本人ゲストハウスオーナー飲み会で触発された(10日前)
● その帰りたまたま、貸出という看板見つけた。人通り多かった(10日前)
● 翌日から3日ほど、昼、夕方にどれぐらい人が歩いてるかリサーチ(10日以内)
● 近くに西洋人向けゲストハウスや飲食店が多く、人通りは多い
● オーナーがプノンペンから帰ってきたから内覧させてもらう(4日前)
● 基本、ずっとカンボジア人向けアパートとして利用されてきていたためボロイ
● 3階建てで9室、最長5年契約、家賃は900$で、デポジットは6ヵ月だそう
● 建物がもともと古いクメール式家屋で木造だったことに興味を持った
● 同じエリアにもっと広いのとか、安いのとかいくつかあったが、とりあえず立地を優先(他に23室で1800$と言う3階建て、屋上はバー利用可能物件もあった)
● 再交渉、家賃を850$で、デポジットを3ヵ月で手を打つ(2日前)
● 契約完了(昨日)





【借りた建物】


floor-plan.jpg
フロアレイアウト


New GH (3).jpg
外観


New GH (4).jpg
1階部は右手が部屋、左手は駐車スペース


New GH (5).jpg
急すぎる階段・・・

New GH (10).jpg
2階から1階への眺め


New GH (7).jpg
生活感あふれる部屋


New GH (8).jpg
3階部のクメール伝統家屋部分


New GH2 (2).jpg
生活感あふれるキッチン


New GH2 (3).jpg
3階部のクメール伝統家屋部分の部屋


New GH (9).jpg
共同の流し場


New GH2 (1).jpg
共同トイレ


New GH2 (4).jpg
目の前の住居。完全に道の上に建てており、いつか立ち退きさせられるそう。すげえ寛容な国だと実感


New GH (1).jpg
契約中の様子




【契約書について】
● いつから入居するか。きちんと明確に。工事が必要な場合は1ヶ月くらいは家賃無料にしてくれることがある
● デポジットは契約最後の期間に適応される
● もし止めてもデポジットは全く帰ってこない
● 第三者への貸し出し不可
● 契約終了時に、原状に戻すこと(今回は、もともと古いからその項目は無し)
● 【ここ重要】契約終了時に次の契約の際に上限となる家賃を決めておくこと。そうしないと更新時に2倍とか3倍とかふっかけられる確率があるから。




ついでに、その足で、近くにある中古家具屋さんで、ゲストハウスの内装などに使用するものを物色に・・・。
ここだけの話、この店(店名:デン)は某5スターホテルからの流出品が多数あり、定期的に運ばれてくるんです。

New GH (11).jpg
ソファー1脚10$。カバーを張り替えればばっちりかな


New GH (12).jpg
ドア 15$。ううむ。どこに使用できるか悩む


New GH (2).jpg
巨大鏡 40$。 とりあえず3つ買っとくか。


New GH (13).jpg
他にも壺15$などを購入し、ストック置き場に。


内装などはまだまだ検討中ですが、とりあえず、良い物が安く見つかってホクホクです。





そこで!


ご興味ある方、立ち上げスタッフやってみませんか!?
海外でゲストハウスを一から作ることってなかなか経験できないことです。


3月1日より、リノベーション開始しますので下記のような方、ぜひご連絡ください。




【宿のコンセプトなど】
● 西洋人バックパッカーがターゲット
● 適度にお洒落なバックパッカー宿
● クメール伝統家屋を前面に押し出した宿
● 町の中心地まで完全徒歩圏内
● 周りにも西洋人向け宿が多数



【こんな方にお薦め】
● 将来的にゲストハウスをやってみたい
● 将来的にカンボジアで起業したい
● 将来的に海外で働きたい
● 英語を実地ベースで学べる


【得られる事】
● 実際、カンボジア人と一緒に働き経験が積める
● カンボジアは実際どんなところか知ることができる(観光じゃまず見えない点多数)
● 実績(ある意味自分の作品)
● ネタ
● お客さんや在住者とのネットワーク
● 宿泊施設と、ホテル予約サイトとのやり取りや導入までの流れなどが経験できる
● 上記運営システムが使えるようになる




ご興味ある方是非ご連絡ください。

フェイスブックページへ

ツィッターページへ

You Tubeへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ ショッピング・雑貨・お土産 旅行・ツアー・ホテル
2014年2月14日
« 前の記事「チョイとお洒落な新クメール料理店「ポアクィジーン」の巻」へ
»次の記事「インド祭りでジャターユモークシャを見るの巻」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    家のお話(続編)
    街の風景
    【シェムリアップの人】第2回 テリー・イマグリック
    【シェムリアップの人】 第1回 トニー・ムンロー

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集