海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > お得なトイレの利用法!? 世界遺産アンコールワット...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月 8日

お得なトイレの利用法!? 世界遺産アンコールワットにある2つのトイレのお話


メール プリント もっと見る

お得なトイレの利用法!? 世界遺産アンコールワットにある2つのトイレのお話

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


年末年始、いろんな方が日本からお見えになり、一緒にアンコールワットに行ったり、飲みに行ったり、パーティしたりと比較的多忙な日々を過ごしておりました。


正月7日を過ぎ、少しだけ時間が出来たので久しぶりにブログなどをと思い、何かくだらないことを書こうと思いまして。


さて、先日アンコールワットに行ってきました。


ご存知の方も多いとは思いますが、アンコールワットで便意をもよおした場合、遺跡内に2ヵ所のトイレがございます。


で、遺跡を管理しているアプサラ機構が正式に経営?しているトイレがアンコールワットの南側のお寺にあり、そちらはアンコール入場券を持っていれば無料。持ってない外国人は2000リエル、カンボジア人は500リエル徴収されます。


そちらがこちら・・・。

Angkor Wat Toilet (9).jpg結構きれいな建物

Angkor Wat Toilet (1).jpg入場券をもってない外国人は2000リエル、カンボジア人は500リエルだそう

Angkor Wat Toilet (2).jpg受付カウンター

Angkor Wat Toilet (7).jpg男性用

Angkor Wat Toilet (6).jpg便座つき水洗トイレ


そして、ここからが本題。
アンコールワット北側にあるお寺にはお寺が経営?するトイレがひっそり?(堂々とと言ってもいいレベル)と営業されています。


それがこちら。


Toilet North (9).jpgお寺脇を抜け

Toilet North (8).jpgトイレの手描き看板が

Toilet North (7).jpgお坊さんの説法の脇を抜けると

Toilet North (2).jpg徴収センターが

Toilet North (1).jpg一律1000リエルです

Toilet North (4).jpg中はこんな感じで、水は桶ですくい、大事なところにかけながら、手でふきます。(前から流すのが正解か、後ろからかはいまだに定かではないが、個人的には前派)

そう、お気づきの方もいるかもしれませんが、アンコール入場券を持たない外国人が利用する場合は(そんな人ほとんどいないけど)、北寺トイレが1000リエル(約30円)お得なのです!!さらに、カンボジア風リアルトイレを体験できるので、バーチャルクメールライフまで楽しめるのです。

でもって現地の人が利用する場合は南寺トイレが500リエル(約15円)お得なのです!!

まあ、あんまり役に立たない情報ですが、次回アンコールワットに行く時は、せっかくなので世界遺産にある2つのトイレを体験してみましょう。

PS. トイレは前から流すのが正解か、後ろから流すのが正解か、知っている方教えてください。


※ ご一読いただいた方、コメントお待ちしております。


FBよりご連絡いただく場合、一言メッセージをお願いします。

フェイスブックページへ

ツィッターページへ


You Tubeへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2015年1月 8日
« 前の記事「あんな移動屋台やこんな移動屋台も!? ついでにカンボジアで新年会の巻」へ
»次の記事「新しいのも古いのも味と魅力が大事!個人的にお薦めブティックホテルや宿の巻」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    カンボジアにダチョウ!?
    パークハイアットの提案するカンボジア焼酎ペアリングディナーの巻
    アンコールワットで写真撮影講習ツアーの巻
    総合旅行業務取扱管理者試験のお話

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集