海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > シェムリアップにまともな映画館誕生。日本に先駆けジ...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年7月19日

シェムリアップにまともな映画館誕生。日本に先駆けジュラシックワールド上映開始!


メール プリント もっと見る

シェムリアップにまともな映画館誕生。日本に先駆けジュラシックワールド上映開始!

こんにちは。シェムリアップの案内人の西村です。


ここ最近、地元である高知県で新しくゲストハウスを始めるために、カンボジアと日本を行ったり来たりしており、ずっとブログをさぼっておりました。


ネタだけは増えているのですが、なかなか紹介できずすみません。

さて今回ですが、とうとうシェムリアップにまともな映画館が誕生しました!(2015年7月17日)
というお話がフェイスブックから流れてきたので、早速行ってきました。


Platinum Cinema (13).jpg


オープニングに合わせて上映されている映画のリストを見ると・・・。
「2D Feel Good(タイ映画)」、「2D Kromom Saoker」、「2D Single Lady」、「3D Minions」、「3D Jurassic World(ジュラシックワールド)」 とのこと。

Platinum Cinema (1).jpg


おお、ジュラシックワールド!日本では8月7日に公開されるという映画が20日も前にカンボジアで公開されていると。(でもアメリカでは6月12日より公開だそう)


チケット売り場でチケット購入。大人一人5$、3Dメガネは1$(お持ち帰り可能)とのこと。(オープニング日は半額の2.5$で鑑賞可能でした)


おお、安い。で、席を決めて入ります。(自由席、立ち見はありません)
Platinum Cinema (17).jpg
Platinum Cinema (10).jpg


ちなみに、映画鑑賞には欠かせないポップコーンなども販売中。(なぜ映画館のポップコーンはこんなに高いのだろう・・・)
Platinum Cinema (2).jpg


でもって、映画は時間通りに開始。(おお、カンボジアなのに時間通りに始まるとは予測していなかった)

開始10分くらい過ぎてからもどんどん人は入ってきます。(みんな時間通りに始まることに慣れていないんだろうと予測)


でもって、おおおっと見せ場があり、観客大盛り上がり。


まさか4頭のヴェロキラプトルがあんな風に・・・。


Platinum Cinema (8).jpg

で、クライマックス。エンドロールは流れず、クメールソングが流れ始めます。


「いやー、映画って本当にいいものですね~。(水野晴郎風)」


ちなみに、日本版のジュラシックワールドの予告編はこちら。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ エンターテイメント・音楽・ショー 生活・習慣・マナー
2015年7月19日
« 前の記事「シェムリアップで地ビールを楽しむなら、この店にGO!!(5月お題"ご当地ビール")」へ
»次の記事「日本人が作ったシェムリアップで気になるおつまみ  2015年8月お題『ぼくの夏休み(冬休み)』&『おつま...」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集