海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シェムリアップ特派員ブログ > 日本人妻とカンボジア人夫婦の日本食レストランがオー...

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月15日

日本人妻とカンボジア人夫婦の日本食レストランがオープン


メール プリント もっと見る

日本人妻とカンボジア人夫婦の日本食レストランがオープン

こんにちは。シェムリアップの案内人の西村です。


本日は7月後半にオープンした日本食レストランのご紹介です。


シェムリアップ、最近なんやかんやと日本人によるレストランが増えてきてます。
とはいえ、撤退している老舗店もあるので総数的には「三歩進んで二歩下がる」水前寺清子の三百六十五歩のマーチみたいなゆるーい戦国状態です。


で、本題のお店ですが、「ホワイトフォックス クメール&ジャパニーズレストラン」です。

【穴場スポット、日本人妻とカンボジア人夫婦経営、聞けば、答えてくれるカンボジア話が人気】
Whitefox.jpg

というのが、広告にばっちり出ているんですが、実際どうかというと、確かに興味深いんです。


旦那さんのスカイさんは京都の料亭で1年とちょっと修行し、奥さんのカナエさんはカンボジアのローカル病院でお子さんを生んだばかり!!


カンボジアのローカル病院ですよ!!日本人としてはなかなかチャレンジャーだと感じました。
(だって日本で産めば、保険きくし、補助金出たりするのに...)

White Fox (28).jpg


まあ、そんなビッグネタ以外にも、ここでのビジネス立ち上げに関するお話や、カンボジア人との恋愛事情、結婚事情などもお話聞けるそうです。

White Fox (1).jpg


White Fox (6).jpg

White Fox (8).jpg

White Fox (22).jpg

White Fox (25).jpg

ご興味ある方、是非ご飯を食べたり、飲みにいったりして見て下さい。


料理は一品2.5$程度から、から揚げセットで3$、とんかつセットでも3.5$とかなり良心的なお値段です。


場所はなかなか発見できないんですが、ファンキーレーン沿い、アンコールナイトマーケットの裏あたりで、高知家からだと徒歩5分といったところでしょうか。

時間:12:00-15:00 /17:00-23:00
TEL: 016-565735(日本語OK)


※ ご一読いただいた方、コメントお待ちしております。


FBよりご連絡いただく場合、一言メッセージをお願いします。

フェイスブックページへ

ツィッターページへ


You Tubeへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2015年9月15日
« 前の記事「カンボジアも旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」に参加しますよ~」へ
»次の記事「シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!」 へ
おすすめ記事
    シェムリアップ特派員 新着記事
    カンボジアの地ビールを飲み尽くせ!キングダムビール工場見学と飲み放題ツアーがあるよ!
    今さらだけど、プノンペンのローカルサンセットリバークルーズに行ってきた。
    シェムリアップの夜は何をする?カンボジアサーカスファーがアツくてお薦めなのだ!
    カップル&リゾートまったりステイにばっちり!老舗ホテル「ロータスブラン」がリニューアルオープン!
    カンボジア鉄道!期間限定で復活の巻
    カンボジアと日本、夢を買うならどちらがいいんだ?スクラッチ宝くじを買うの巻
    カンボジアでもスターウォーズ公開。でも騒いでいるのは外国人だけ?
    シェムリアップNo.1の巨大ハンバーガーが楽しめる店はここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    一つ上のカンボジア料理を楽しむべスト9の巻 in シェムリアップ
    食べたら無料!!の大盛りかつ丼、ヤマトバケツチャレンジにチャレンジの巻
    シェムリアップで今が旬な食べ物といえば、"アレ"でしょ!

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シェムリアップ特派員

      シェムリアップ特派員
      西村 清志郎
      編集・ライター・フォトグラファー。アンコールワットお膝元、シェムリアップにて無料配布されている現地フリーペーパー「くろまる」の編集長を務める。稚拙なカンボジア語とお気に入りのダートバイクを駆使し、カンボジア全土の見所、ビジネス、投資情報を収集。その傍ら旅行会社ゲストハウス、執筆、撮影業務なども行っている。高知県出身。 DISQUS ID @seishiron

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集