海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 新名所マリーナベイサンズ カジノ見学

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 旧特派員 二茅 美智子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月12日

新名所マリーナベイサンズ カジノ見学


メール プリント もっと見る

新名所マリーナベイサンズ カジノ見学

P1100963%81%40%83T%83%93%83Y.jpg

マリーナベイサンズという総合リゾートへ行ってきました。
歩行者用の橋はDNAのようならせん状で
特に夜はイルミネーションできれいです。


P1100967%81%40%83T%83%93%83Y.jpg


橋からはこの夏8/14-26に行われる
ユースオリンピックのセレモニー会場の工事の真っ最中。
左に見えるコンクリートの塔は聖火台かもしれません。
P1100970%81%40%8C%A9%90%B0%82%E7%82%B5%91%E4.jpg


橋の途中には見晴らし用のスペースがあり

P1100965%81%40%94%A2%82%CC%8F%E3%82%A9%82%E7%82%CC%92%AD%82%DF.jpg

フラトンホテルやマーライオン、後ろのシティを
一度に眺められる絶好の場所でした。


P1100972%81%40%8Ds%82%AB%8E~%82%DC%82%E8.jpg

進んで行くと
このような大きな看板・・。


行き止まり。
この先工事中でした。


でもこの看板の小窓から工事現場をのぞくことができ、
そのデザインも、遊び心が面白いです。


脇の車用の橋とつながっていたので
そこから道路の歩道を歩き
マリーナベイサンズに到着。

カジノとショッピングセンターは目立つ3棟のビルではなく
道路を挟んで向かいに立つ建物の中にありました。
ショッピングセンターは一部オープンしているだけで
まだ工事中の雰囲気。


そしてカジノに初めて足を踏み入れました。


P1100980%81%40%83J%83W%83m.jpg


入り口で「国民・永住権保持者」には入場料100ドル(約6500円)が科せられるため
外国人(旅行者や私たちのような一時在住者)は別の列でパスポートを見せ入場します。
(在住者の方はグリーンカードが必要です。)


写真に見えるマークのように
21歳未満は入場できなません。


P1100982%81%40%83J%83W%83m.jpg


写真の奥がカジノ
中は写真撮影禁止です。


入るととても広い空間で
真中は大きな吹き抜けでした。
吹き抜けの底の階にはカードの台がたくさん並んでいて
ディーラーが各台に立っていて
お客さんが台を囲んで座っていました。


私のいた階はルーレットやスロットマシンがありました。
ゲームセンターも行ったことがないくらいな私は
全くの別世界に圧倒されました。


セントーサのカジノに先日行っていらしたという方が
やり方もわからなくて見ているだけの私に
スロットを1度やって見せてくださり
10ドル札を投入口に滑り込ませると
ものの3分で52ドルに増やしてしまいました!
すごーい!!!
終了ボタンを押すと
お金に替えられる紙がでてきて
専用の機械や窓口でお金に替えられます。


では私も!と10ドルを入れるも
私は、ものの2分でゲーム終了。


もう一度10ドル投入しましたが
同じでした。

賭け事運が無いとわかり
その後は2ドルで遊べる台に数回チャレンジし
2ドルが4ドルに増えたところで
「倍になった!!!」と勝った気分で
終わりにしました。


額が小さすぎて
ちょっと換金するのが恥ずかしかったですが
社会見学におもしろかったです。


飲み物を配るワゴンが回ってきたのですが
無料サービスなんですって!
炭酸飲料やコーヒー、紅茶などがありました。


平日の午前中に訪れたので
すいていて活気がなかったですが
ラスベガスのサンズ社系列ということで
ゴージャスな空間でした。
ドレスコードもあるのですが
時間も時間だったので、ロングドレスやスーツのお客さんはいなかったのが残念。
マリーナベイサンズはまだ一部しかオープンしていないので
完全オープン後には、そんな風景が見られるのか期待しています。


橋の名前 Helix Bridge
場所 Raffles Avenue

カジノ
Marina Bay Sands
10 Bayfront Avenue

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 エンターテイメント・音楽・ショー 夜遊び・クラブ・お酒 見所・観光・定番スポット
2010年6月12日
« 前の記事「Soup Restaurant のジンジャーソース」へ
»次の記事「こんなところでサッカーワールドカップが見られました」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    チャイナタウン散歩 花文字と休憩デザート
    チャイナタウン散歩 チャイニーズデパートとドリアン見物
    アラブ街散歩  籠・絨緞・布
    オーチャードセントラルとアイオンオーチャード
    南国フルーツ出盛りです
    アラブ街散歩 ペラナカン食器とビーズ刺繍
    南十字星
    モロッコ料理 〜アラブ街〜
    マンゴーサゴ
    シンガポール・リバー・フェスティバル
    ファーストフード
    ロイヤルコペンハーゲンでのランチ

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      二茅 美智子
      東京都出身。夫の転勤に伴い、家族で2008年7月末よりシンガポール在住。人が好きで、出会った方との交流が私の元気の源です。英語は初級でも、何でも知りたい・やってみたい気持ちが私を動かし、どこへでも出かけていきます。多民族国家ならではの、この国の面白さと、その時々の街の様子を皆様にお伝えできたらと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集