海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 並んでも飲みたい! シンガポールで大人気のタパスバ...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月29日

並んでも飲みたい! シンガポールで大人気のタパスバー、「Esquina」


メール プリント もっと見る

並んでも飲みたい! シンガポールで大人気のタパスバー、「Esquina」

シンガポール人のグルメな知人から、「絶対にお勧め!」と教わった、「Esquina(エスキーナ)」に行って来ました!
予約を受け付けないことから、暑さに負けず連日大行列のタパスバーですが、ちなみに狙い目は2階席。お昼限定で予約を受け付けているので、予定が決まったらすぐにおさえておきたい所。

th_IMG_9897.jpg

(注・お昼の営業時間が終わった時間帯なので、まだ行列はありません)


こちらは、ただのバーではなく、ロンドンのミシュラン星つきレストラン、「Pollen Street Social」のジェイソン・アサートンシェフがプロデュースした、美味しい料理とお酒を気軽に楽しんでほしいというコンセプトのお店。「タパス=小皿のちょっとしたおつまみ料理」というイメージをくつがえす、本格的なお料理を楽しめます。

th_IMG_9789.jpg

調理場はすべてオープンになっていて、カウンター越しにきびきびと動くシェフの動きを見ながらできたてをいただける仕組みになっています。カウンター越しだけに、調理する側も気を抜けない真剣勝負。そのキッチンを任されているのが、アイルランド出身の、「アンディー」こと、Andrew Walsh(アンドリュー・ウォルシュ) エグゼクティブシェフ。自らも料理をしながら、電光石火のごとく6人のシェフに指示を出す、そんな活気あふれる雰囲気を感じながらいただくお酒は格段の美味しさで、行列にも納得です。

特にお勧めしたいのが、スペインと言えばはずせない、サングリア。(Mordern&Classic Sangria、14シンガポールドル)

th_IMG_9784-2.jpg

下の部分はライチ、オレンジ、ピーチなどを漬け込んだクラッシックなサングリア、そして上にはふんわりとした赤いベリーのフォームが載った「現代風」のアレンジ。フルーティーでアルコール度も控えめなので、最初の一杯にも良さそう。

そして、気になるメニューは、Soil(土=野菜)、Sea(海=シーフード)、 Land(大地=肉)という風にジャンル分けされていて、自然の恵みをそのままいただくというコンセプトが感じられます。

まずはアミューズ代わりにSnacks(軽食)メニューから。朝食という名前ながら、昼と夜に楽しめる、"Mini Spanish Breakfast" (10シンガポールドル)。かわいらしい卵の殻の中に、マッシュルーム、スクランブルエッグ、ケチャップ、ポテトのムースと、朝食の食材が層になって入っています。

th_IMG_9777.jpg

ふんわりとしたクリーミーなポテトのムースに、卵のコク、ケチャップの酸味、マッシュルームの香りがあいまって、一匙ごとに違った混ざり具合が楽しく、あっという間に食べてしまいました。

続いては、Soil,野菜のメニューより、鮮やかな色合いのビートルートと、シンガポールで今大人気のフレッシュチーズ、ブッラータチーズを使った前菜、"Salt-baked beetroot,whipped burrata,truffle honey, raspberry & pinenut crumble" (20シンガポールドル)。

th_IMG_9807-2.jpg

薄切りのビートルートにはさまれた滑らかなブッラータチーズにトリュフの香りがよく合います。添えられた紫蘇の芽と一緒に食べると、ビートルートの濃い紫色の香りが引き立ちます。ビートルートの甘みを強調する蜂蜜、香りを強調する紫蘇。そして、刻んだり、ピューレにしたりと、様々な食感も味わえ、ビートルートの様々な味を多角的に引き出したメニューです。

そして、Seaからは私の大好きなウニを使った一皿。"Sea Urchin& crab bisque sea grapes & smoked herring roe" (18シンガポールドル)。

th_IMG_9821.jpg

北海道産のウニの香りの、クリーミーなカニのビスクの中には、カニの身とニシンの卵、そして海ぶどうが。海ぶどうとニシンの卵は、見た目が似ていますが、噛むと食感や香りの違いが楽しめます。柔らかいカニの身がたっぷりと入り、ウニの香りとよく合います。一日の仕事が終わった後、ホーカーズでチキンライスや麺を食べるのが楽しみ、というアンディーシェフは、地元の食材も積極的に取り入れているそう。このカニのビスクにも、甘みを引き出す為に、自ら、チャイナタウンをくまなく探しまわって見つけたと言う、最上級の海老をペーストにして使っているとか。


Landからは、"Roasted Duck Breast, spiced pineapple,barbecued duck hearts,hazelnut&baby gem" (34シンガポールドル)

th_IMG_9865-2.jpg

こんがり焼かれたダックは、とてもしっとりと滑らかな食感の、完璧な火入れ。甘いヘーゼルナッツのプラリネのナッツ感がよく合います。南国らしいパイナップルは、スパイスにつけた後表面が少し焦がされていて、エキゾチックな印象です。ダックの心臓は臭みなどはまったくなく、プリッとした食感とコクが感じられます。パイナップルとヘーゼルナッツという、甘みのある食材とダックの相性が抜群で、シンガポールのイメージにも合う一品でした。

デザートには、ちょっと変わったポップコーンを使ったデザート、"Popcorn milk,chocolate mousse,hazelnut& burnt orange" (15シンガポールドル)を。

th_IMG_9881.jpg

仕上げに、ポップコーンの形のように表面が泡だって、スイートコーンの香りがするミルクをかけていただきます。

th_IMG_9887.jpg

滑らかでややビターなチョコレートムースと、優しい甘さのポップコーンミルク、しっかりしたカリカリ感のあるヘーゼルナッツと、軽い歯ざわりのポップコーンの対比が楽しい一皿です。軽く表面をあぶったオレンジが、程よいさわやかさで全体を引き締めていました。

この他にも、シンガポールのローカルフードにインスパイアされた、"Coconut rice with scallop and duck curry"など、シンガポールならではのメニューもあります。

毎日16時間も厨房に立ち続けるアンディーシェフに、シンガポールでシェフをする事の楽しさをお聞きした所、世界中の人が集まり、ローカル料理もインターナショナルな料理も豊富なシンガポールから、常に刺激を受けているし、そういった身の回りのものを全て吸収して料理を作って行く事がとても楽しいと言う事でした。

th_IMG_9861.jpg

実際、アンディーシェフのクリエイティビティーはとどまる所を知らず、常にメニューが変わり、「新しいメニューを印刷し直すのが大変」と、スタッフは嬉しい悲鳴だとか。

th_IMG_9796-2.jpg

また、ご紹介した「ウニ」に限らず、日本の食材や調理法には大きな影響を受けているそうで、メニューには、「柚子」や「出汁」などという単語も並んでいます。和食の、食材の味を生かした、雑味がなく軽い味わいは、アンディーシェフの目指す料理とも共通しているそう。「料理で大切なのは、テクスチャーとバランスの精度」というアンディーシェフ。様々な食感や要素が共存する繊細な料理を、リラックスした雰囲気でいただける、貴重なお店です。

ちなみに、お昼に予約可能な2階のテーブル席は、シェフのリビングルームをイメージしたと言う、アンティークのコレクションが並んだ、素敵な空間です。

th_IMG_9776.jpg

カウンターよりもゆったりとした作りなので、くつろいで食事を楽しみたい、という方にお勧めです。そして、お昼はご紹介したメニューも一部入っている前菜、メイン、デザートの3コースで45シンガポールドル(税・サ別)ととってもお得。初めて訪れるけれど、どんな味か試してみたい! という方にもお勧めです。

また、金曜と土曜の夜には、アンディーシェフを囲んでの「サパークラブ」という会も行われ、週変わりで、メニューにない特別なお皿も出てくるとか。

「タパス」というイメージを超えて、様々な楽しみ方の出来るEsquina、美味しい食事とエネルギッシュな空間を楽しみながら、お酒を飲みたいという方にお勧めです!


<DATA>
■Esquina
営業時間:ランチ 12:00〜14:30 (平日のみ)、ディナー 18:00〜22:30 (日曜休)
住所:16 Jiak Chuan Rd, Singapore 089267
TEL:+65 6222 1616
URL: http://esquina.com.sg/
アクセス:MRTアウトラムパーク駅から徒歩9分程


<お勧めレストラン一覧>

シンガポールでリピーター続出のフレンチ「Fleur De Sel」
プロに選ばれたプロ、気鋭の日本人シェフが生み出す、絶景イタリアン「Forlino」

「The Song of India」・コロニアルな一軒家で、洗練されたインド料理を。

フレンチのようなローカルフード?! 「PIDGIN」
真っ暗闇の中での新感覚ディナー「NOX」

「アジアのベストレストラン」に輝き続ける名店「Iggy's」

「世界で最も予約が取れない味」マリーナベイサンズ一望のスペイン料理店「Catalunya」
ベッカムも惚れ込んだ味 ガーデンバイザベイ温室内「POLLEN」
アジアNo.1パティシエの店 「2am:dessertbar」
伝統料理に新風・若きシェフのモダン・プラナカンキュイジーヌ「Candlenut」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2014年9月29日
« 前の記事「カクテルの神様と日本人シェフのコラボ!優雅なカクテルアフタヌーンティー/フォーシーズンズホテル」へ
»次の記事「ラボ(実験室)から生み出される、究極の美食「Tippling Club」」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    週末旅行 マレーシア・デサルビーチ おまけ
    週末旅行 マレーシア ホタル鑑賞ツアー
    週末旅行 デサル フルーツファーム
    週末旅行 マレーシア・デサルビーチ
    月餅シーズン
    【ミュージアム日本語ガイドグループ】10月期新人募集案内

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集