海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 「Punjab Grill」ヒンズー教の光の祭典を...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月17日

「Punjab Grill」ヒンズー教の光の祭典を、インド料理のファインダイニングで祝う


メール プリント もっと見る

「Punjab Grill」ヒンズー教の光の祭典を、インド料理のファインダイニングで祝う

シンガポールには、お正月が4回あると言われます。
一つはいわゆる日本や欧米での新年、1月1日、そして、シンガポールで一番大掛かりに祝われているのが、中華系の「旧正月(チャイニーズニューイヤー)」、そして、イスラム系のお正月(祝日にはなっていませんが)、そして、今度の水曜日、10月22日は、ヒンズー教のお正月で、「光の祭典」と呼ばれている、「ディーパバリ(ディワリ)」。光が暗黒と戦い、勝利したという由来があるのだとか。
リトルインディアではライトアップも行われ、出店もありにぎやかです。
そんなディーパバリですが、 中国の旧正月のように家族で食事をし、お世話になった方に、月餅と同じように、お正月のスイーツを送りあう習慣があります。そんなディーパバリを、マリーナベイサンズのインド料理のファインダイニング「Punjab Grill」でお祝いして来ました!

th_IMG_2053.jpg

こちらのお店は、インドのカリスマ、ジグス・カルラシェフがプロデュース、海外に初出店したレストラン。シンガポール店で腕をふるうジャベッド・アフマド(Javed Ahamad)シェフは、インド料理の古典的な手法を生かしつつ、上質な食材を使った油っこくなく、洗練されたインド料理を目指しているとか。スペシャリティーは、特別なクレイオーブンで焼き上げられたケバブの数々。ケバブは、素材によって4種類の焼き方があるのだとか。

th_IMG_2109.jpg

このクレイオーブンは、ライブキッチンのようになっていて、調理している様子を席から見る事も出来ます。

th_IMG_2061.jpg

世界中からお客さんが来るシンガポールだからこそ、伝統を守りつつも、新しい食材やプレゼンテーションを考える事に余念がないというジャベッドシェフ。
フォワグラを使ったり、モレキュラー(分子量理学)スタイルの、泡のソースを乗せたものなど、新しいスタイルのインド料理を創って行っているそう。ただ、今回はお正月料理だけに、伝統的なスタイルを中心にしたお料理をいただきました。

「ディーパバリスペシャルメニュー、88シンガポールドル(税・サ別)」
ベジタリアンもありますが、頂いたのは、ノンベジタリアンメニュー。まずはアミューズです。カクラ(Khakhra)と呼ばれる、レンズ豆で作った薄いパンのようなものに、マンゴーチャツネ、ミントソース、ガーリックソースが添えられています。元々はガンジーの出生地、グジャラート地方の郷土料理なんだとか。タマリンドの酸味が効いたソースのかかったポテトのコロッケは、軽やかな味わいでした。

th_IMG_2568.jpg

続いて前菜。

th_IMG_2595.jpg

METHI CHICKEN TIKKA
新鮮なフェヌグリークの葉でマリネしたチキンティッカ(タンドール窯で焼いた串焼き)炭焼きなので、外側が香ばしく、中が柔らかくしっとりしています。
どこか草原の香りを思わせるフェヌグリークの香り、カシューナッツのコクが旨味を加えてくれます。

SHAHI SHAMI KEBAB

th_IMG_2599.jpg

ラム肉にチェダーチーズとワイルドベリーを混ぜたケバブ。外側はカリッと、内側はとってもジューシー。クミンとイエローペッパー、ほのかに入っているサンダルウッドパウダーの芳香が隠し味になっています。

SHAKARKANDI KAMRAKH KI CHAAT

th_IMG_2578.jpg

チャートというインド伝統のスナックに使うスパイスを、お洒落な前菜にアレンジしたもの。中は、リンゴの木でスモークしたサツマイモとスターフルーツを、タマリンドのソースで和えたもの。優しい甘みのタルト生地の中には、スターフルーツのさわやかな刺激とじっくりと甘さを引き出したサツマイモとザクロの実が。チリの入ったトマトソースが、甘みを引き立ててくれます。

そして、メインは、美しく盛りつけられた、スチームライスとポテトのコロッケ、MASAALEDAR ALOO KI SUBZ。

th_IMG_2637.jpg

カレー3種とガーリックナン、そしてプリをいただきました。

SHAHI MURGH KORMA

th_IMG_2647.jpg

鶏肉の濃厚でクリーミーなカレー。カルダモンの香りが効いた、リッチな味わいです。


SARSON KA SAAG

th_IMG_2648.jpg

土鍋で炊き上げた芥子の葉。ぴりりとした味わいがありますが、まるでペーストを頂いているかのように濃厚でコクがあります。マスタードオイルの香りも豊かです。

KURKURI DAAL PAALAK

th_IMG_2650.jpg

5種類のレンズ豆とじっくり焼き上げたニンニクを使ったスープ。レンズ豆の香りが良く、また上に乗ったカリカリのほうれん草が、アクセントになっていました。

そして、インドでディーパバリの定番なのがPURIというパン。

th_IMG_2641.jpg

これに、ヒヨコ豆を添えて食べるのが、ディーパバリの食卓には欠かせないのだとか。通常はシンプルな小麦の味だけですが、こちらはスパイスの効いた、MASALA PURIです。小麦の生地を揚げてあるのですが、外側はサクッと、薄い内側はしっとりときめ細かい、美味しいパンでした。


デザートは、薔薇の香りのチーズケーキと、ピスタチオ入りのお米をミルクで煮た甘いお粥のようなもの。

th_IMG_2651.jpg

チーズケーキは、薔薇のすっきりとした甘い香りが濃厚なクリームチーズとよく合い、ピスタチオ入りのお粥は、お米の粒感と、カルダモンの香りが効いた、程よいエスニックテイストのお菓子でした。

最後は、ディーパバリを祝うお菓子で締めくくり。

th_IMG_2099.jpg

マンゴーとミルクを甘く練り上げたもの、薔薇の香りのピスタチオのお菓子など、ナッツのコクが生きた、今だけの味わい。

th_IMG_2090.jpg

デーツとアーモンド等のナッツで出来た、砂糖を使わない自然な甘さのお菓子が特に気に入りました。黒胡椒が入っていて、ピリッとした味わいが、全体を引き締めているのがお気に入りです。月餅と同じように、お世話になった方に配るのだそうで、お店の前にも特設ブースが出ていました。

th_IMG_2087.jpg

今の時期限定なので、ちょっと変わったお土産が欲しいと言う方にはぴったりかも。手作りなので、長期保存の場合は冷蔵庫へ。冷蔵庫に入れた場合、日持ちは7日程度と言う事です。

光の祭典、ディーパバリ。日本のお正月にはまだ早いけれど、明るい年になりますように!

<DATA>
Punjab Grill By Jiggs Kalra
営業時間:ランチ11:30〜15:30、ディナー18:30〜23:00、日曜休
住所:B1-01A, The Shoppes at Marina Bay Sands,
South Podium, 2 Bayfront Avenue. Singapore 018972
TEL:+65 6688 7395
URL: http://www.punjabgrill.com.sg/
アクセス:MRTベイフロント駅直結

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2014年10月17日
« 前の記事「素材の繊細な味わいを生かした、骨太なフレンチ「Gunter's」」へ
»次の記事「リッツカールトンホテルの高級中華「Summer Pavilion」」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    ミシュラン一つ星、beniのバレンタインデースペシャルメニュー
    ミシュラン二つ星、クラッシックフレンチ「Les Amis」
    [新店]丁寧な仕事が生きた上質な日本料理「高山」
    [Art at Curate] NY二つ星、Aquavit がシンガポールに!
    *Jaan x **L'Enclume、イギリスの大地の味を表現したコラボレーション
    Le Du x Trisara アジア37位のレストランとラグジュアリーリゾートのコラボ
    [石川フェア] 天狗舞xはし田のスペシャルコラボディナーへ
    S.Pellegrino Young Chef 2017 東南アジア地区予選へ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Punggol Nasi Lemak Centre
    日本餅
    ディーパバリのイルミネーション
    チリクラブ

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集