海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > リッツカールトンホテルの高級中華「Summer P...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月24日

リッツカールトンホテルの高級中華「Summer Pavilion」


メール プリント もっと見る

リッツカールトンホテルの高級中華「Summer Pavilion」

マリーナエリアの高級ホテル、ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールのメインダイニング、「Summer Pavillion」。緑に囲まれた開放感あふれる空間で、上質な中華が提供されています。

th_IMG_0730.jpg

今回は、香港出身のチュン・シュー・コン(Cheung Siu Kong)エグゼクティブシェフによる、新しいメニュー、「Simple Splendour」(88シンガポールドル)メニューを頂きました。

th_IMG_0734 2.jpg

このコースは、茹でたり、蒸したり、蒸し煮にしたりと言う、シンプルな調理法で、素材の味わいを最大限に引き出すと言うのがコンセプト。シンプルなだけにごまかしがきかず、シェフの腕が問われる調理法を、コース全体に使っています。油をあまり使わず、ヘルシーなのも、魅力の一つ。
まず出て来たのは、ほのかな甘みと酸味が心地よい、山査子の実とハイビスカスの花のお茶とマッシュルームのフライ。フライの衣はあくまでも薄く、クリスピーです。

th_IMG_0693 2.jpg

合わせて、手作りのXO醤がサービスされましたが、これが絶品。XO醤というと、通常たっぷりの油にひたっていますが、こちらはホタテの貝柱が主役。お皿に出しても、ほとんど油がしみ出してくる事はありません。旨味のぎゅっと詰まった最高級グレードの貝柱を惜しみなく使い、同じく低脂肪でヘルシーなターキーのハムを細かく刻んだものや唐辛子と混ぜてあるのだそう。塩分・油分も辛さも控えめなので、年配の方へのプレゼントや、お酒のおつまみにも良さそう。お粥やご飯とも合う味です。一瓶50シンガポールドルとお値段は張りますが、大切な方へのプレゼントにぴったりかも。

th_Summer Pavilion XO Sauce.jpg

続いては、点心の3点盛り合わせ。
Pan-fried shredded Yam with Pumpkin , Steamed Lobster Dumpling with Chicken, Poached Pork Dumpling with Chives, Cabbage and Ginger in Black Vinegar and Chili Oil


th_IMG_0696-2.jpg

左から、端がクリスピーでカリカリのヤム芋、中がしっとりしたカボチャの自然な甘さが生きた点心、ロブスターの小龍包、定番の豚肉の水餃子のようなもの。中でも、ロブスターの小龍包は、ロブスターのたっぷりの出汁と身の食感が生きた美味しい点心でした。

そして、私の一押しのメニューが、シグネチャーメニューでもある、ダブルボイルドのバイ貝のスープ。Double-boiled Sea Whelk Soup with Conpoy, Chinese Cabbage and Wolfberries


th_IMG_0702 2.jpg

8時間かけて丁寧に煮たクリアなスープは、干し貝柱と鶏肉の旨味が生きていて、決してしつこくなく、じんわりと体に旨味がしみ込んで行くような上質な味わい。更に、蘭の花のように飾り切りされた、甘みたっぷりの白菜が目にも舌にも嬉しく、蓋を開けたときのサプライズ感もあるので、大切なお客様をおもてなしする際に是非頼みたいメニューです。


魚介の品は、大きな海老。Duo of Prawn, Wok-fried Head and Tail with Soy Sauce, Sautéed Meat with Egg White and Crab Roe


th_IMG_0707.jpg

上質な海老だからこそ美味しく食べられる、頭と尾の部分は醤油に漬け込んでからカリカリに揚げてあり、ちょうど頭の裏側の味噌の部分も、外して食べられるようになっています。天ぷら屋さんで食べるエビの頭の中華版のようなイメージで、揚げたエビに醤油の香ばしさが嬉しい一皿です。そして、左側は身の部分を卵白とカニの卵のソースで和えたもの。スリランカ産のカニの卵のコクと、プリプリしっとりした甘い海老の身で海の幸の味わいを満喫できます。


そして、続いては肉料理。Barbecued Pork in Honey Sauce, Poached Shanghai 'Gua Mian' in Rich Pork Stock


th_IMG_0714 2.jpg

濃厚な豚骨スープに入った上海風手打ち麺が。

th_IMG_0720.jpg

こってりしていると思いきや、見た目に反して油は控えめ。濃厚な旨味のあるスープに、つるつるした薄いきしめんのような食感の麺が重たくなく、するっとした喉越しでいくらでも食べられてしまいそうです。
横に添えられているのは、香港出身のシェフのスペシャリティーでもある、はちみつを使った広東風のローストポーク。

th_IMG_0719.jpg

脂身のバランスが良く、口に入れると、ジューシーな脂がはじけますが、控えめなポーションなので、もたれません。

デザートは梨とシーココナッツ、アーモンドの冷たいスープ。Chilled Pear with Sea Coconut and Almond Flakes

th_IMG_0723.jpg

カリカリの生のアーモンドは噛むとコクがあり、パームシュガーで煮た柔らかめのナタデココのような食感のシーココナッツの自然な甘み、梨のサクサクした食感が生きていて、すっきりと食事の最後を締めくくれます。

th_IMG_0733.jpg

緑に囲まれた穏やかな空間で、体の中から綺麗になれそうな癒しの中華はいかがでしょうか?

<DATA>
■Summer Pavilion
営業時間:ランチ 11:30〜14:30 、ディナー 18:30〜22:30 
住所:7 Raffles Avenue, Singapore 039799 Singapore
TEL:+65 6434 5286
URL: http://www.ritzcarlton.com/ja/Properties/Singapore/Dining/SummerPavillion/Default.htm
アクセス:MRTプロムナード駅から徒歩6分程

<お勧めレストラン一覧>

シンガポールでリピーター続出のフレンチ「Fleur De Sel」
プロに選ばれたプロ、気鋭の日本人シェフが生み出す、絶景イタリアン「Forlino」

「The Song of India」・コロニアルな一軒家で、洗練されたインド料理を。

フレンチのようなローカルフード?! 「PIDGIN」
真っ暗闇の中での新感覚ディナー「NOX」

「アジアのベストレストラン」に輝き続ける名店「Iggy's」

「世界で最も予約が取れない味」マリーナベイサンズ一望のスペイン料理店「Catalunya」
ベッカムも惚れ込んだ味 ガーデンバイザベイ温室内「POLLEN」
アジアNo.1パティシエの店 「2am:dessertbar」
伝統料理に新風・若きシェフのモダン・プラナカンキュイジーヌ「Candlenut」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2014年10月24日
« 前の記事「「Punjab Grill」ヒンズー教の光の祭典を、インド料理のファインダイニングで祝う」へ
»次の記事「マンダリンオリエンタルのモダンチャイニーズ「Cherry Garden」」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Punggol Nasi Lemak Centre
    日本餅
    ディーパバリのイルミネーション
    チリクラブ

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集