海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > マリーナベイサンズ最上階、抜群の眺望のレストラン&...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月 9日

マリーナベイサンズ最上階、抜群の眺望のレストラン&バー「KU DÉ TA」


マリーナベイサンズ最上階、抜群の眺望のレストラン&バー「KU DÉ TA」

マリーナベイサンズホテルの最上階、57階に位置するレストラン&バー、「KU DÉ TA」。

th_The Quencher.jpg

赤と黒がテーマカラーで、テーブルコーディネートやパラソルもこの2色が基本です。眼下に展望台「スカイパーク」を望むという、この開放感、お分かりいただけますでしょうか?

th_IMG_0865.jpg

th_IMG_0863.jpg

クデタと言えば、バーのイメージが強いですが、実はこちらにはレストランがあり、アメリカで活躍するフュージョン和食の巨匠、"ノブ"こと、松久信幸さんに師事した、フランス人のフレデリック・フォショー(Frederic Faucheux)シェフが、和食系のフュージョン料理を提供しています。去年来たばかりというフレデリックシェフは、新しいメニューを創作に余念がなく、今は90%ほどが新しいメニューに変わっています。

th_IMG_0964.jpg

シンガポールに来て和食?と言う方もいらっしゃるかも知れませんが、シェフのコンセプトは、素材を生かした和食の技法やエッセンスを取り入れた、新しい切り口の料理で、シンガポールらしさも楽しめます。

th_IMG_0889.jpg

まず、突き出しのような感じでお願いしたのは、揚げたシシトウガラシに醤油とアサツキをあしらった、Wok fried shishito (14シンガポールドル)。

th_IMG_0892.jpg

そして枝豆!ですが、チリソースにからめてあって、暑い中ビールと一緒に楽しむのも良さそうです。(Edamame with chilli garlic、 12シンガポールドル)

和食と言えば、忘れてはならない、刺身。釣りスナッパーの刺身、(Line caught wild snapper sashimi & fresh summer truffle、 40シンガポールドル)

th_IMG_0901.jpg

とは言え、普通の刺身ではありません。漂うトリュフオイルの香りに、刻んだトリュフが載せられたもの。下には大根のツマが敷かれていますが、醤油と柑橘類で軽く下味がついていて、とてもさっぱりと頂けます。オーストラリアで一本釣りされたスナッパーなので、とても肉質がよく滑らか。上質な素材を使っているのがよくわかります。
こちらのお皿のみならず、柑橘類の酸味を上手に使い、あっさりと軽く仕上げているのは、NOBUで修行したシェフならではという印象です。
シンガポールでは、醤油を使っても、どうしても全体的に味付けが甘めになってしまうお店が多いのですが、こちらのシェフは基本的にすっきりとした塩味でまとめているので、日本人の口に合うと思います。
続いては、魚介類の前菜、(Swordfish sashimi、 24シンガポールドル)

th_IMG_0909-2.jpg

南アフリカ、ケープタウンの「NOBU」で働いていた時代にシェフが惚れ込んだと言う、質のいい太刀魚を使った料理です。南アフリカから取り寄せているという太刀魚は、身が分厚く、口に入れると、トロを食べているような脂ののった魚の味わいが満喫できます。さっぱりとしたサワークリームの酸味が嬉しい、クリーミーなトマトソースとガーリッククルトンで仕上げてあります。

「KU DÉ TA に来たなら、絶対に試すべき!」と勧められたのが、スティッキーベビースクイッド、(Crispy-sticky baby squid、 18シンガポールドル)。

th_IMG_0904.jpg

小さなイカのフリッターで、冷めてもカリカリの衣、まわりには甘辛いソースがかけられていて、おつまみにもぴったりの品です。


ちょっと変わった組み合わせにトライしたい! という方にお勧めなのは、一風変わった巻き寿司の、豊かロール(Yutaka roll、34シンガポールドル)。

th_IMG_0934.jpg

中にフォワグラとカリカリのサーモンスキン、表面にはあぶったホタテが載った珍しい品。ソースは味噌を使ったクリーミーなものでした。

シェフの新作、海老の天ぷらが載り、中にはアスパラとマグロのたたきが入ったスパイシーツナロール(Spicy tuna roll、22シンガポールドル)。

th_IMG_0919.jpg

チリの入ったマヨネーズが食欲をそそります。


同じく新作メニューが、冷製のカニのサラダ(Crab tian、24シンガポールドル)。

th_IMG_0911.jpg

粗く刻んだ黒こしょうがアクセントに添えられ、たっぷりの使ったカニが贅沢、そして上に載ったトビッコの食感が楽しい一品です。

さっと炒めた付け合わせのブロッコリー、(Wok fried broccolini、14シンガポールドル)は、ポン酢のようなソースと共に提供され、油っこくなく頂けます。

th_IMG_0960.jpg

また、シメジ等たっぷりのキノコを炒めた、Spicy fried mushrooms (14シンガポールドル)には、チリが少し入っていて、食が進みます。

th_IMG_0954.jpg

メインディッシュの本日の釣り鮮魚のパンフライ(Pan fried linefish、36シンガポールドル)は、バターの香り豊か。

th_IMG_0936.jpg

こちらに、やはりさっぱりしたポン酢のようなソースをつけます。きょうはフエダイ(スナッパー)。魚の質にも影響する丁寧な包丁さばきは、やはり和食仕込みのシェフという感じがします。

程よく脂の乗った、アメリカ産の牛肉にシャキシャキしたワサビと醤油を合わせた一皿、(US prime 'brandt beef' ribeye、52シンガポールドル)。

th_IMG_0941.jpg

ワサビ醤油が、柔らかいビーフに良く合います! サイドには胡麻のソースで和えたほうれん草が。

th_IMG_0948.jpg

ラム(Grilled rack of lamb、48シンガポールドル)は肉質が良く、とてもしっとりとしています。ソースにはクルミのジュースが入っていて、上にもクルミがあしらわれていますが、特に脂身の辺りの香ばしさは絶品。

th_IMG_0950.jpg

臭みもほとんどありません。甘辛い照り焼きソースのようなソースで頂きます。

th_IMG_0952-2.jpg

フレッシュな豆苗のサラダが添えられています。

最後は、Arineペストリーシェフによるデザート。シンガポールの食材を生かしたものもあり、外せません!
まずドライアイスに包まれて出て来たのは、りんごづくしのデザート('Apple & honey' 、18シンガポールドル) 。

th_IMG_0978.jpg

下には林檎のグラニテ、果肉がたっぷりの林檎のゼリー、細切りにした林檎、はちみつのクリームとハニーコームをキャラメリゼして薄く伸ばし、カリカリにしたもの。様々な林檎の味わいが楽しめ、はちみつと林檎の相性も抜群。


続いては、見た目も楽しい、「シンガポールスリング」(Singapore sling、18シンガポールドル)。

th_IMG_1005.jpg

シンガポールスリングの材料を分解して再構築したという品で、パイナップルのフォームが載った、グラスをイメージしたホワイトチョコを割ると、ドンベネディクティンのゼリーが登場します。
チェリーとチェリーソルベ、フレッシュなパイナップルと合わせて、一口でいただくと、まさにあのシンガポールスリングの味!
アルコールが苦手でシンガポールスリングはちょっと...という方も、このデザートなら、シンガポール発祥のあの味を楽しめるかも。


その他、シンガポールらしい南国の香りを感じられるデザートと言えば、Lassi meringue and strawberry prosecco(18シンガポールドル)。胡椒を使ったカリカリのメレンゲと、ココナッツアイス、ピスタチオフォームに、テリーヌのようなプレゼンテーションの、苺の入ったプロセッコのゼリーが綺麗に盛りつけられています。

th_IMG_1006.jpg

ココナッツクリームにはインド風のヨーグルト、ラッシーが入っていて、ほのかな酸味とはっきりとした濃厚なミルク感が楽しめ、全体をメレンゲの胡椒が引き締めています。

th_IMG_1021.jpg

マリーナベイサンズのプールを真横に望むバーエリアは午後6時以降は18歳以下の立ち入り禁止、また大体午後9時〜10時頃から音楽がかかりクラブ営業となります。
時間によって色々な使い方が出来るKu De Ta。
使い方に合わせて、訪れる時間帯を工夫してみてくださいね!

<DATA>
■KU DÉ TA
営業時間:ランチ 12:00〜15:00 (平日のみ)、ディナー 18:00〜23:00 (無休)
(週末はブランチあリ/クラブラウンジ(バー)は毎日11:00〜深夜)
住所: SkyPark at Marina Bay Sands, Tower 3 1 Bayfront Avenue , Singapore 018971

TEL:+65 6688 7688
URL: http://kudeta.com/singapore/
アクセス:MRTベイフロント駅から直結

<お勧めレストラン一覧>

シンガポールでリピーター続出のフレンチ「Fleur De Sel」
プロに選ばれたプロ、気鋭の日本人シェフが生み出す、絶景イタリアン「Forlino」

「The Song of India」・コロニアルな一軒家で、洗練されたインド料理を。

フレンチのようなローカルフード?! 「PIDGIN」
真っ暗闇の中での新感覚ディナー「NOX」

「アジアのベストレストラン」に輝き続ける名店「Iggy's」

「世界で最も予約が取れない味」マリーナベイサンズ一望のスペイン料理店「Catalunya」
ベッカムも惚れ込んだ味 ガーデンバイザベイ温室内「POLLEN」
アジアNo.1パティシエの店 「2am:dessertbar」
伝統料理に新風・若きシェフのモダン・プラナカンキュイジーヌ「Candlenut」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 見所・観光・定番スポット
2014年12月 9日
« 前の記事「絶品!四川風オリジナルペキンダック「Min Jiang at One-North」」へ
»次の記事「四大美女の饗宴にようこそ♡「Jiang-Nan Chun」」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [台湾] アジアのシェフが集う、International Chefs Summit Asia 2018
    [マカオ]人気中国料理シェフを迎えた新生Wing Lei Palaceへ!
    [香港]ミシュラン三ツ星、アジア24位の中国料理「龍景軒」
    [香港]ミシュラン一ツ星 「Epure」優雅で軽やかなオーセンティックフレンチ
    プーケットの「天国」Paresa Resort Phuket
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    日本語無料ガイド 特別展のご案内
    記念日に訪れたい特別なレストラン@JAAN
    板面(板麺)(Ban Mian)というローカルフード
    オーチャードのクリスマスイルミネーション
    タイアイスティ
    パイナップルの切り方
    ラクサ鍋 San Laksa Steamboat

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集