海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > マリーナベイサンズ/セレブ御用達ステーキハウス「C...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月28日

マリーナベイサンズ/セレブ御用達ステーキハウス「CUT」


マリーナベイサンズ/セレブ御用達ステーキハウス「CUT」

ステーキの本場、アメリカでステーキハウスベスト3に選ばれた事もある名店「CUT by Wolfgang Puck」。この、マリーナベイサンズのお店は、アメリカ国外の初の支店でもあります。

th_IMG_2215.jpg

良質の牛肉の生産者との信頼関係から、提供する肉の質は最高級のものばかり、新鮮な食材にこだわったステーキが楽しめます。シンガポールに初めて神戸牛を紹介したレストランでもあるとか。

th_IMG_2218.jpg

プロデュースしているウルフギャング・パック氏は、アカデミー賞の公式シェフとしても知られています。日本でもカフェやカジュアルなレストランを展開していますが、シンガポールのこちらのお店は、「訪れた人がセレブとしてもてなされる」という、全く異なったコンセプトのレストラン。

th_IMG_2229.jpg

重厚な銅と革を多用した店内は、虎ノ門ヒルズにオープンしたホテル、アンダーズ東京をデザインした事でも知られる、トニー・チー(Tony Chi)の手によるもの。ゴージャスさの中に、シックな落ち着きが感じられます。

th_IMG_2234.jpg

テーブルの配置も、プライバシーが配慮された設計になっています。

th_IMG_2226.jpg

「ステーキハウス」と言えば、フライドポテトのような定番のサイドディッシュを思い浮かべがちですが、「ファインダイニングであり、ステーキハウスである」CUTの魅力のひとつは、洗練された前菜。

出て来たのは、北海道産のホタテを使ったと言う前菜(Hokkaido Scallop "Carpaccio", Shaved Myoga, Wasabi-Kosho Ponzu、41シンガポールドル )

th_IMG_2254.jpg

ビバリーヒルズにあるウルフギャング・パック氏のレストランでハリウッドスター達に料理を提供して来た、カリフォルニア出身のジョシュア・ブラウン(Joshua Brown)シェフが、シンガポールで手に入る新鮮な食材を使って創作した新しいメニューです。

th_IMG_2369.jpg

「アメリカでも日本の食材は手に入ったけれど、紫蘇の花のような痛み易い小さなハーブは質のいいものを手に入れるのが難しかった。シンガポールに来てみたら、こんなにたくさん、上質な日本の食材が手に入るなんて!と、本当に感動したよ。そこで、作ったのがこのメニューなんだ」

th_IMG_2269.jpg

(目にも美しい一皿。こんなに小さな花きゅうりが飾られていました)

食べてみると、ホタテの質の良さに、まず驚かされます。独特のまったりとしたホタテならではの食感、ポン酢ベースのすっきりしたソースとシャキシャキしたミョウガがホタテの甘みを強調します。そして、上に散らされた木の芽の甘い香りが、ホタテの甘みとよく合っていて、日本で良く目にする食材なのに、全く新しい印象に仕上がっていました。そして、日本食材の質が気になる日本人からしても、どの食材にも手を抜いていないのが実感できる、クオリティーの高い一品でした。
続いては、シグネチャーメニューの一つ、海老のカクテル(Prawn "Cocktail", Wasabi Panna Cotta, Celery Salt, Avocado Mousse, Yuzu Citrus、28シンガポールドル)

th_IMG_2281.jpg

ぴりっとした刺激のある、とろけるパンナコッタの上には、蟹かと思ってしまうほどの、大ぶりの海老の身、そしてまろやかなアボカドという鉄板の組み合わせ。上にのっているタラゴン、セボリー、マイクロバジルなどのハーブが甘い香りを与えています。パンナコッタの部分が、まるでテクスチャーの違うソースのような役割をしていて、混ぜながら食べると、新しい食感で面白いです。そして、さりげなく添えられているトマトの美味しいことに、またびっくり。アメリカから特別に空輸されたトマトなんだそうですが、ポイントは一度も冷蔵していないこと。ジョシュアシェフによると、トマトは一度でも冷蔵してしまうと、美味しくなくなってしまうんですって。もちろん、その分賞味期限は短くなってしまいますが、美味しい食材へのこだわりはこんな所にも感じられました。ちなみに、上にはバルサミコ酢とオリーブオイルをひと垂らししてあり、この香りがまた最高でした!

そして、ついにステーキが登場です!

th_IMG_2283.jpg

th_IMG_2304.jpg

見た目はTボーンステーキと似ていますが、よりフィレ肉の多い、上質な「ポーターハウス」という部位のステーキ。数ある牛肉の中から、ジョシュアシェフが「牛肉の旨味と脂のバランスがいい」と選び抜いた、オーストラリアのレンジャーバレー産のアンガス牛です。(Australian Angus, 300+ Days Grain Fed, Ranger Valley, Aged 35 Days、175シンガポールドル)。

th_IMG_2287.jpg

片側はフィレ、片側はサーロイン。あっさりしたフィレ肉と、ジューシーな脂弾けるサーロイン、どちらの味も楽しめる嬉しい組み合わせ。ちなみに、「2人前」とメニューにありますが、どど〜んと990gのお肉。日本人の感覚では3〜4人でも十分にシェアできるサイズです。更に、ジョシュアシェフのお勧めのボーンマロー(牛の骨髄部分、12シンガポールドル追加)をのせて焼いていただきました。ボーンマローが、牛肉本来の香りを後押ししてくれて、更に美味しく感じられるのだそう。

300日以上穀物肥育され、更に35日熟成されたという牛肉は、とても滑らかな肉質。

th_IMG_2318.jpg

そして、熟成肉ならではの凝縮した旨味が感じられます。ゼラチン質のボーンマローは、コクのあるまろやかさで、牛肉の味わいを引き立ててくれます。そして、何よりも感動したのは、グリルされた表面の香ばしい事!これは、リンゴの木とメスキートの炭を半分ずつ入れた特製のグリルで焼き上げているからなんだそう。

th_IMG_2354.jpg

th_IMG_2351.jpg

端に木を、真ん中に炭を置いて焼く事で、香りよく仕上げる事が出来るそう。もちろん、自然の炎なので、温度管理は大変。アメリカにいた時から、長年この方法でステーキを焼き続けているジョシュアシェフだからこそ出来るステーキなんだとか。

また、季節限定のサイドディッシュは、何と松茸(Matsutake Mushrooms、24シンガポールドル)!

th_IMG_2329.jpg

バターでソテーして、軽くスダチを絞った松茸は香りも良く、とっても贅沢な気分。フィレ肉との相性が特に良いように感じました。

デザートは、ベイクド・アラスカ(Baked Alaska、24シンガポールドル)。

th_IMG_2345.jpg

出て来たのを見て、そのボリュームにびっくり。ソフトボールくらいある、大きなデザートですので、シェアして食べるのもお勧めです。
こちらも、実はジョシュアシェフの新しいメニューで、なんとシンガポールの朝食の定番、「カヤトースト」を再構築し、一皿に表現したものなのだとか。
サイドのX型のソースは何と、中国醤油(スイートソイソース)でできていて、その横にはコーヒーのクランブル、そしてベイクド・アラスカのメレンゲの中には、パンダンリーフなど、カヤジャムの材料で作ったアイスクリームとココナッツの冷たいクリームの層。下には、パンをイメージした薄いケーキ、横に添えられたのは、卵黄のサバイヨン。
一口食べると、ひんやりしたアイスの中に、しっかりとパンダンリーフの香りとココナッツの香りが生きています。まわりのもっちりとしたメレンゲ、卵黄のコクのあるサバイヨンソースと合わせると、確かにあの「カヤトースト」の味!冷たさも相まって、ついついスプーンが進みます。

th_IMG_2347.jpg

アイスクリームと中国醤油の程よい塩分もバランスが良かったです。実は、ジョシュアシェフはシンガポールのマレー風定食、「ナシ・パダン」がお気に入り。ローカルフードに親しむ中で、こう言った斬新なデザートを思いついたのだとか。

最後に、「最高のステーキの為に必要なのは?」と、あえてシンプルな質問をジョシュアシェフに投げかけてみると、「肉汁を逃さず閉じ込める焼き方だとか、調味料の使い方も重要だけれど、やはり一番は、いい肉を使う事かな」という答えが返って来ました。実際、良質の牛肉を提供する牧場の信頼も厚く、シンガポールで初めて、神戸牛を紹介したり、日本でもなかなかお目にかかれない、北海道産でサシの細かい、「Snow Beef」というブランドの肉も、限定で提供しているのだとか。また、同じ牧場でも、例えばスネークリバーファームという牧場の場合、その中でも最高の質の1%のみが届けられているそう。

th_IMG_2330.jpg

ハイクオリティーな食材の魅力を生かした洗練された前菜と、熟成され、木と炭で丁寧に焼き上げられたこだわりのステーキという、なかなかない組み合わせが嬉しい「CUT」。
今後は、前菜にシーフードのメニューを増やし、ウニやイクラを含め、刺身をうまくアレンジした料理が出来ないかを考案中なのだそう。「新しい事に挑戦しなかったら死んじゃうからね」と朗らかに笑うジェイソンシェフ。一体どんなメニューに仕上がるのか、今から楽しみです!


<DATA>
■CUT by Wolfgang Puck
営業時間:18:00〜22:00(日曜〜木曜)、〜23:00(金曜、土曜)
住所:B1-71, Galleria Level, The Shoppes at Marina Bay Sands, Singapore 018956
TEL:+65 6688 8517
URL: http://www.marinabaysands.com/restaurants/cut.html
アクセス:MRTベイフロント駅から直結

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2015年1月28日
« 前の記事「「Corner House」植物園の歴史的建造物の中でいただく、"ガストロ・ボタニカ"とは?」へ
»次の記事「【閲覧注意】本国インドでは危険すぎて開催禁止。奇祭に込められた祈り「タイプーサム2015」」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    [モナコ] アラン・デュカス氏の三つ星旗艦店、Le Louis XV
    [パリ] 揺るがないオリジナリティ、三ツ星「L'Astrance」
    [フランス]鮮やかな南仏の自然の息吹を伝える二ツ星「Mirazur」
    [リヨン] 巨匠、ポール・ボキューズの旗艦店「もっとも大きな変革とは変わらないこと」
    [フランス]50年連続三ツ星、新生Troisgrosへ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ローカルフード大好き!
    私の好きな酸っぱ辛い麺はバクチョーミー(肉脞麺)だった!
    世界の朝食 Wild Honey
    チキンライス有名店でフィッシュヘッドカレーを食すWee Nam Kee
    チャイナタウンはお正月準備中
    インド街でカレーを食べる Delhi Restaurant
    Ghim Moh Market & Food Centre 再び
    ローカルフード フィッシュボールヌードル 大訂正つき
    Happy New Year! モルディブより

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集