海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 「Ding Dong」シンガポールの伝統をモダンに...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月15日

「Ding Dong」シンガポールの伝統をモダンにアレンジした独創的で冒険的な料理


メール プリント もっと見る

「Ding Dong」シンガポールの伝統をモダンにアレンジした独創的で冒険的な料理

自らの「ラボ」を持ち、前衛的な料理を生み出す事で知られる「Tippling Club」 のライアン・クリフオーナーシェフが、シンガポールの伝統的な「プラナカン料理」を中心に、よりアジアの雰囲気を強調するカジュアルなお店としてオープンしたのが、「Ding Dong」。

th_IMG_3193.jpg

店を任されているのは、マレーシア出身で、プラナカン(中華系とマレー系の血と、独自の文化を受け継いでいる)出身の、ジェット・ロー(Jet Lo)ヘッドシェフ。まだ20代の若さあふれるシェフならではという、個性あふれる料理が楽しめます。

th_IMG_3403.jpg

お店は、伝統的なシンガポールの建築、ショップハウスを改装し、「古き良き」時代を感じさせる、エキゾチックなたたずまい。ピンクのネオンやライティングが、キッチュな雰囲気を醸し出しています。

th_IMG_3190.jpg

th_IMG_3186.jpg

東洋と西洋の融合した不思議な空間は、まさに様々な文化や人種が混ざり合うシンガポールそのもののよう。

th_IMG_3196.jpg

提供される料理も、アジア料理がベースながら、思いもかけないアレンジや組み合わせの妙に驚かされる、無国籍料理です。
そして、忘れてはならないのは、オリジナルカクテルの数々。

th_IMG_3226.jpg

日本初の地ヨーグルトから作ったリキュール「子宝」を使ったカクテル、「フジヤマ(18シンガポールドル)は、さっぱりとした甘みで飲みやすく、お勧めの一杯。

th_IMG_3236.jpg

2013年6月のオープンと共に、ヘッドシェフとして就任したJetシェフ。父がコーヒーショップ(コーヒーと共に食事を提供する定食屋のような店)を営み、母の実家では自家製豆腐の製造販売をしているという一家に生まれたそう。13歳の時から、曰く、「ノーと言う機会は当然与えられずに(笑)」父の店を手伝っていただけあって、プラナカン家庭に伝わる伝統的な料理は舌が覚えているのだとか。ただ、プロの料理人としては、オーストラリアとスイスで、西洋料理の修業を積んだだけに、料理を作る際のアプローチはあくまでも西洋風。

このHomemade black miso tofu, daikon & ginger salad with Japanese dressing(15シンガポールドル)も、母親が作っていた豆腐とは違い、日本から輸入した黒豆味噌と豆腐を使って創り出したオリジナル。冷やし中華のような、酢の利いたさっぱりとしたドレッシングで和えた大根、ごま油の香りが食欲をそそります。

th_IMG_3246.jpg

続いては、牛肉のタルタルをアジア風にアレンジしたと言う、Asian Wagyu Beef Tartare with homemade chili sauce & pickled vegetables(24シンガポールドル)。

th_IMG_3267.jpg

伝統的な西洋風の牛肉のタルタルは、トーストと一緒にサーブされますが、こちらはシンガポールらしく、インドの「パパダム」という軽いスナックのようなチップを添えて。そして、コリアンダーや、シンガポールでよく食べられている小さな唐辛子、「チリ・パディ」を使ったオリジナルのチリソースでアジアの雰囲気が感じられるアレンジになっています。

軽くつまみたいたい時にぴったりのSmall Plate、中でも一番のお勧めはCarbon-battered prawn tempura red curry marinade & soy wasabi mayonnaise(16シンガポールドル)。

th_IMG_3292.jpg

Tippling Club でも同じように竹炭を使った衣の天ぷらが出てくるのですが、こちらは海老バージョン。衣はサクサクでとても軽く、海老はしっとりとした絶妙な火の入り具合で、海老の甘みが十分に感じられます。ワサビ醤油のムースのようなソースをつけて頂きます。

Roasted duck dumpling, shitake mushroom with duck consommé(18シンガポールドル)は、ローカルフードとして食べられているローストダックをアレンジ、点心の皮の中にローストダックを詰め、外に旨味をぎゅっと濃縮したコンソメを添えたもの。

th_IMG_3286.jpg

スプーンに点心を取り、シナモンやクローブ、スターアニス等中華のスパイスの効いた甘い香りのスープと一緒に頂くと、小龍包のローストダックバージョンのような印象に。

th_IMG_3290.jpg

Jetシェフの個人的なお気に入り、と言うのが、Homemade pancake with spiced pork minced & kaffir lime yogurt(15シンガポールドル)。

th_IMG_3302.jpg

外側がカリッとしたパンケーキに、タコスのように挟まれた肉に、シンガポールでよく使われるハーブ、カフィライムが香る濃厚なヨーグルトソースをつけていただきます。

th_IMG_3303.jpg

豚肉は水気をしっかり飛ばしてあり、セミドライな食感です。カフィライムのすっきりとした香りとヨーグルトソースのコクがよく合います。

メインとなる、Bigger Plate は、ふりかけご飯?に一瞬見える、スチームライスに海苔とフライドガーリックを散らしたものがついて来るので、ボリュームもたっぷり。

th_IMG_3320.jpg

シンガポールらしく、プラナカン料理からインスピレーションを得た品をいただきます。Asam pedas w salt water barramundi with okra & baby eggplant(20シンガポールドル)は、タマリンドと唐辛子を使ったソースで味付けされた魚の伝統料理。

th_IMG_3324.jpg

スズキは、表面はカリッと、内側はふっくらと焼き上げられ、甘酸っぱく辛いソースがよく合います。通常のプラナカン料理よりも、辛さや油が控えめなので、さっぱりとした仕上がりになっています。

もう一つ、プラナカン料理の代表格、48 hour beef cheek rendang(23シンガポールドル)は、ホロホロに柔らかく煮込まれた牛ほほ肉に、ココナッツミルクが効いたカレーのような、レンダンソースがかかっています。

th_IMG_3316.jpg

お店によってはかなり辛いものもあるビーフレンダンですが、こちらは辛さ控えめで、お子様でも食べられそうな、優しい味わいです。

デザートは、どなたにでもお勧めできるのが、シンガポール版かき氷をアレンジした、Malacca Cendol 2013(15シンガポールドル)。

th_IMG_3337.jpg

こちらは、かき氷の上にスイートコーンのアイスクリーム、そして同じコーンの香りがありつつも軽やかな食感が面白い、ポップコーンが乗っていると言う組み合わせ。ココナッツのゼリーとパームシュガーのかき氷とかき混ぜながらいただくと本当に絶品です。

th_IMG_3350.jpg

ちょっと変わったデザートが食べたい、という方には、Ding Dong's frozen bibimbap(17シンガポールドル)がお勧め。スモークと共に登場したのは、名前通りビビンバの形をした、でも、中味はまるで新しいデザート。

th_IMG_3332.jpg

中央の卵黄をイメージした丸い部分はマンゴーのピューレ、緑色は胡瓜のメレンゲ、そして赤い部分はチリ風味のチェリーのコンポート。

th_IMG_3336.jpg

全体をざっくりと混ぜていただきますが、サクサクで胡瓜のフレッシュでみずみずしい香りのメレンゲ、甘みと辛みが絶妙にマッチしたチェリーコンポート、南国の甘い香りのマンゴーが合わさった、新しい味わい。カリカリのお米のパフの香ばしさもいいアクセントになっています。しっかり辛くて、そして甘いので、唐辛子チョコレート等がお好きな方に試していただきたい味です。どちらも、普通サイズのビビンバ丼にたっぷりと入って出て来ますので、2〜3人でシェアして食べるのがお勧めです。

カクテルは、この他にも、ローカルフレーバーを生かしたものが揃っています。もち米とココナッツミルク、テキーラを使い、ヴァニラのようなパンダンリーフで香り付けした、Kueh Blanco(19シンガポールドル)、

th_IMG_3381.jpg

ローカルのデザートによく使われる、マラッカ産のパームシュガーで味付けしたラムベースのPirates of Malacca(マラッカの海賊、18シンガポールドル)

th_IMG_3311.jpg

など、味わいも見た目も面白いカクテルが揃っていますので、食事の後の、二軒目のバーとして利用するのも楽しいと思います。
お腹ペコペコ、しっかり食べたい! という時は、単品でオーダーするよりお得なセットメニューもありますので、チェックしてみてくださいね。
「クレイジーだ、でも美味しい!と言われる料理に、どんどんチャレンジして行きたい」と語るJetシェフ。シンガポールらしさを感じつつ、食事で思い切り、クレイジーな挑戦を受けて立ちたい! と言う方にお勧めです。

<DATA>
■Ding Dong
営業時間:ランチ 12:00〜15:00(平日のみ)、ディナー 18:00〜深夜 (日曜休)
住所:23 Ann Siang Road, 069703
TEL:+65 6557 0189
URL: http://www.dingdong.com.sg/
アクセス:MRTチャイナタウン駅から徒歩7分程

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2015年2月15日
« 前の記事「【閲覧注意】本国インドでは危険すぎて開催禁止。奇祭に込められた祈り「タイプーサム2015」」へ
»次の記事「温かい"アイデンティティーのある"上質なイタリアン「Garibaldi」」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集