海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > ミシュラン三ツ星シェフがシンガポールにやって来る!

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月 9日

ミシュラン三ツ星シェフがシンガポールにやって来る!


ミシュラン三ツ星シェフがシンガポールにやって来る!

※Alvinシェフの来星は、諸事情により中止になりました。(6月19日付)

ミシュランの星を獲得したシェフが、毎月シンガポールのセレブリティーシェフとコラボレーションメニューを提供するイベント、$100Gourmet。このイベントだけの為に作られた6皿のコースメニューがなんと100シンガポールドル(Citibankカード利用時、通常180シンガポールドル)で食べられるというのも魅力のひとつ。
6月はなんと、香港のミシュラン三ツ星レストラン、"Bo Innovation" の、Alvin Leungシェフがやってきます!

th_Alvin Leung.jpg

以前にも食のイベント でお会いしたこともあるのですが、Alvinシェフはエンジニア出身という異色の経歴の持ち主。更に、料理は基本的に独学で学んだんだとか。
そんなAlvinシェフの独特の世界観をインタビューでご紹介して行きます!

Q:あなたの料理哲学とスタイルについて教えてください
A:私の料理哲学は、常に革新を追求すること、アプローチの仕方は現代的だけれども、伝統をふまえたものであること。自分の料理のスタイルを「X-treme(究極の)中華」と呼んでいるけれど、これは、伝統的な中華料理を高度な手法と現代的なテクニックを使って、今の時代にあった料理として提示し、来た人に新しい体験として提供することなんだ。

th_Mao tai, calamansi.jpg

Q: 料理の世界でのメンターは誰ですか?
A:私は幸いなことにーと言うべきか、悲惨なことにーというべきかもしれないが、ひどい料理下手で全く料理をしない母親に恵まれた。だから自分で料理をすることを学ばざるをえなかったんだ。1970年代に育った1人として、「The Galloping Gourmet」や「Yan Can Cook」といった、当時人気のあった料理番組を見るのが大好きだった。こう言った番組は料理をする際の基本的な技術を教えてくれただけでなく、料理は楽しいものだということを教えてくれた。それが、今の私の料理が、刺激的で遊び心ある食の体験を提供するというスタイルをとっている理由でもあるんだ。
独学で料理を学んだから、自分にとってのメンターやヒーローはいないけれど、素晴らしいインスピレーションを与えてくれたシェフならいる。特に、アラン・デュカスの頭脳、ジョエル・ロブションの心、フェラン・アドリアには勇気にはインスパイアされたよ。

th_Dan dan noodle, red pepper, pine nut, compressed sichuan granny smith apple, crispy egg noodle, ikura, squid, preserved mustard foam-2.jpg
おなじみの担々麺も、Alvinシェフの手にかかるとこの通り


Q:いつ料理の道に進もうと決めたのですか?
A:プロの料理人になろうと決めた、というより、2003年にその機会が訪れた時に、宿命のように決まったというべきかもしれない。その時、ボリス、通称"Bo"という友人と、共同事業を始めることになったからなんだ。実際の所、そんな風にして"Bo Innovation" は生まれたんだよ。

th_Bo Innovation.jpg
香港 "Bo Innovation" 店内



Q: シェフにならなかったとしたら、どんな仕事を選んでいましたか?
A:エンジニア。元々エンジニアだったし、今もそのつもりで仕事をしているから、30年以上やっていることになるね。でも、夢の仕事、と言えば、多分法廷弁護士かアイスホッケーのプレーヤーかな。


A:う〜ん、食料庫に5つしか材料がないとしたらレストランを開くべきじゃないよね。代わりにホーカー(屋台)なら開けるかもしれないけど。でも、材料が何種類であっても、創意工夫と革新で、素晴らしい料理を作れないといけないとは思うよ。

Q:一番のシグネチャー料理は何ですか?そして、いつ、どんな時にインスピレーションを得たか教えてください。
A:これが私の最高の一皿だ、というものはないよ。これから作ろうとしている一皿が、常にそれに相当するんじゃないかと思う。全ての料理は自分の子どものような存在だから、その全てが大切なんだ。

th_Oyster leave, green onion sauce, ginger soil.jpg



Q:環境への負荷が少ない、持続可能な食材をよく使っていますが、それはなぜですか?
A:全ては、複製ができるように持続可能でなくてはならない。私のレストランの目的は食べ物を複製する為にあるんだ。これは、持続可能な農産物なしには出来ないこと。我々と、我々の子ども達の未来の為にも、環境に気を配ることは重要だ。ただ、「エコだ」とかそういう理由ではなく、材料がもはや存在しないのに、料理を作るなんてばかばかしいことだからだよ。

Q:今、レストランで写真を撮ってソーシャルメディアに載せることを嫌うシェフも少なくありません。ソーシャルメディアについてはどう考えていますか?食事客はいつでも自由に写真を撮ることができますか?

A:みんな、自分がどこに行ったかということを見せたがるし、ソーシャルメディアは大きな影響力を持っていると思う。レストランのサービスや他の食事客の迷惑にならない限り、写真を撮ることについては私はまったく気にしない。

Q:慈善事業等のチャリティーや社会的活動に参加することもあるのですか?
A:自分の信念に合うものであれば、支援することにしている。私の突飛な創作のひとつである、「Sex On A Beach」という一皿は、AIDS調査の為のお金を集める為に作ったんだ。私は糖尿病だから、それに関連するチャリティーにも協力している。有益だと思われるチャリティーは、サポートすることにしているよ。

th_Saga wagyu beef, black truffle, daikon & garlic chive noddle, truffled beef tendon, aromatic consommeA.jpg

Q:シンガポールには何度もいらっしゃっていると思いますが、シンガポールのダイニングシーンの印象はいかがですか?
A:中国、マレー、インドネシア、インド等様々な文化があり、格安なホーカー料理と、念入りに作られたファインダイニングの料理が多様に混ざり合っている。シンガポールはとても洗練されたグルメスポットだと思うよ。いつでも素晴らしい料理に出会うことができる。

Q:シンガポールで食べるのを楽しみにしている料理はありますか?
A:全て。ホーカーから完璧なファインダイニングまで、宝石のように特別な料理を探すのを楽しみにしているよ。

Q:シンガポールで見た、又は使ったローカル食材の中で、他の所で見たことがなかったり、使ったことがないという何か特別なものはありますか?
A:シンガポールはとても国際的で、多くの異なる人々と民族が美しく混ざり合っている国だと思う。この文化の融合は、ニョニャ(プラナカン)料理のような食事にも及んでいる。こういった文化が融合した料理のバリエーションは、他の国でも見られないものだと思う。

th_Blue shrimp, black truffle, umami oil, dried shrimp floss.jpg


Q:ここからはAlvinさんの更に個人的なことについてお聞きします。人生の中で最も特別なシチュエーションで、どんなワインでも選べるとしたら、何を飲みますか?
A:どんなワインかを選ぶのではなくて、誰と飲むかを選ぶね。

Q:では、過去や未来にタイムトラベルすることができたら、誰と最も記憶に残る食事をしますか?
A:億万長者になる前のビル・ゲイツかスティーブ・ジョブズかな。そうしたら彼らの会社を買うことができただろうからね。

Q:最もほっとする食べ物はなんですか?
A:香港人としては、最もほっとする食べ物と言えば、熱いスープとお粥だよ。温かくて、美味しくて、シンプルだ。子どもの頃に戻ったような気持ちになる。朝食としても、病気の時にもよく食べたからね。家庭の味、というのかな。


th_suckling pig, roasted pineapple, sichuan pepper caramel sauce, pork jus.jpg


前衛的な料理をアグレッシブに生み出しながらも、ベースにある香港人としてのアイデンティティーを大切にしているAlvinシェフ。今回のイベントも、中華レストランとのコラボレーションをリクエストしたそう。

最後に、今回のイベントについてお聞きすると、
「多くの人に、上質の料理をリーズナブルに楽しんでもらうよい機会だと思う。ぜひ色々な人に来てもらいたいな」ということでした。

ミシュラン三ツ星のAlvinシェフの限定料理を特別価格で楽しめるのは、この7日間だけ。興味のある方はぜひサイト からチケットを予約してみてくださいね。

$100 Gourmetについてはこちらの別記事 もご覧下さい。

<DATA>
$100 Gourmet
※日時が変更(6月10日付)になっています、ご注意ください。

■Eric Neo × Alvin Leung at Man Fu Yuan(インターコンチネンタルホテルシンガポール内)
   ランチ:6月26、27日、ディナー:6月24〜27日
■David Liew × Alvin Leung at Tong Le Private Dining
   ランチ、ディナー:6月28〜30日

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2015年6月 9日
« 前の記事「【リゾート・ワールド・セントーサ】アクティブ子連れ旅にお勧め5つの理由」へ
»次の記事「【リゾート・ワールド・セントーサ】ベビー連れでものんびり過ごせる5つの理由」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    [モナコ] アラン・デュカス氏の三つ星旗艦店、Le Louis XV
    [パリ] 揺るがないオリジナリティ、三ツ星「L'Astrance」
    [フランス]鮮やかな南仏の自然の息吹を伝える二ツ星「Mirazur」
    [リヨン] 巨匠、ポール・ボキューズの旗艦店「もっとも大きな変革とは変わらないこと」
    [フランス]50年連続三ツ星、新生Troisgrosへ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「アジアのベストレストラン」に輝き続ける名店"Iggy's"
    真っ暗闇の中での新感覚ディナー「NOX」
    世界最大級! ナショナルオーキッドガーデン
    デング熱にご注意(日本語の通じる病院情報)

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集