海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 【リゾートワールドセントーサ】がラグジュアリーな大...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年7月 7日

【リゾートワールドセントーサ】がラグジュアリーな大人旅にぴったりな5つの理由


メール プリント もっと見る

【リゾートワールドセントーサ】がラグジュアリーな大人旅にぴったりな5つの理由

近年著しい発展を遂げ、東南アジア経済の牽引車としての役割を果たしているシンガポール。そんなシンガポール最大級の総合リゾートが、敷地面積49万平方メートルのリゾートワールドセントーサです。シンガポールの中心地からタクシーで15分程度とアクセスも良く、地元の人のみならず、世界中から大勢の観光客が訪れます。3回シリーズで、盛りだくさんのその魅力を大解剖します!
第一回の【リゾートワールドセントーサ】がアクティブな子ども達との旅行にぴったりな5つの理由

第二回の【リゾートワールドセントーサ】がベビー連れでものんびり過ごせる5つの理由
と、ファミリー向けの楽しみ方をご紹介して来ましたが、この巨大リゾートは、実はまだあまり知られていない、世界中の良いものを知り尽くした大人が満足できる、上質な旅の過ごし方があります。そこで今回は、ここでしかできない、極上の体験をテーマに、ご紹介して行きます。


おすすめの理由①「目を見ただけで、身体の悪い部分が分かる?!「ESPA」で極上リトリート」

th_ESPA - Beach Villas Spa Suites 2.jpg

世界でも有数の高級スパブランド、ESPA。その中でも、ここセントーサ島のESPAは、アジアの中心となる「デスティネーションスパ」。世界に4店しかない旗艦店です。World Luxury Spa Awardsなど、数々の賞を受賞し、各界の著名人が訪れます。そして、このリゾートワールドセントーサのESPAを更に特別なものにしているのは、眼球を見るだけで身体の悪い部分を知ることができる機械"Iriscope")」。

th_IMG_8310.jpg


結果に基づいて、「Naturopath (自然療法士)、Nutritionist(栄養士)、Herbalist (漢方士)) 」の資格を持つティファニーさんが、詳細にコンサルティングをしてくれます。
ちなみにこの、Iridorogy(虹彩学)の機械を置いているのは、ESPAの約450店舗の中でも、シンガポールのESPAのみ。

th_ESPA Treatment Room.jpg

コンサルティングを受けた後は、ESPAの熟練のセラピストが、症状にあった施術をしてくれます。「施術でどんな結果を得たいか」にターゲットをしぼったセラピーは、抜群の満足度。セラピストは全員、4ヶ月に1度、イギリス本社から来たスタッフによって2週間の講習を受けているということでした。

窓の外には熱帯の鮮やかな緑。豊かな自然に抱かれた極上のスパ体験。(最初の写真にあるような、海辺のビーチヴィラでの施術も追加料金で受け付けています。)ESPAでの施術をメインに、美食やフィットネスまでがパッケージになった、1泊〜のリトリートプランもありますので、じっくりと疲れを取りたいという方は試してみては?


おすすめの理由②「目的別のメニューで、目指す美しさを手に入れる!」

非日常空間の中で、心と身体のバランスを取り戻す体験の後は、ぜひ癒しのレストランタンジェリンへ。

th_IMG_7489.jpg


こちらでは、管理栄養士でもあるティファニーさんが、シェフと何度も話し合いを重ねて作ったメニューが揃っています。
面白いのは、一皿一皿、ウェイトコントロール、デトックス、ストレス除去など、目的別に必要な栄養素を考え、組み立てられたメニューだと言うこと。

th_IMG_7498.jpg


写真の前菜、Thai- Inspired Sous Vide Porkには、ストレスを取り除く、自然療法的な目的があるのだとか。
低温調理で柔らかく仕上げた豚肉のタイ風は、甘酸っぱいソースとアクセントに効いたチリが味の決め手、たっぷりの野菜が、身体の中をリセットしてくれそう。

th_IMG_7491-0.jpg

窓の外には豊かな南国の緑が生い茂る水辺の景色が広がり、心までふんわりとほぐされて行くようなひとときです。



おすすめの理由③「100%の遭遇率! マンタと泳ぐダイビング」

th_Open Ocean Dive - Dive with the Manta Rays.jpg

そして、究極の癒しがこの、マンタと泳ぐダイビング。なんと、S.E.A.アクアリウムTMの世界最大級の水槽の中に入って、マンタやナポレオンフィッシュ、エイ等、様々な海の生き物達と一緒に泳げるのです。もちろん、水槽の中ですから、憧れのマンタとの遭遇率は100%!

th_IMG_9277.jpg

美しいブルーのライトに照らされた中で、悠々と泳ぐマンタにうっとり。
その他の海の生き物たちも、人に慣れていて、興味しんしんで寄ってくるので、びっくりするほど至近距離で眺めることができます。中には、自分から、トン、とぶつかってきて、人懐っこく挨拶してくれることも。

th_IMG_9291.jpg


すべての景色がフォトジェニックで、まるで絵の中でダイビングしているような気分。水から上がる頃には、日頃のストレスがきっとすっかり洗い流されているはず。

th_IMG_9422.jpg


こちらは、ダイビングのライセンス(オープンウォーター可)を持っている方のみで、前日までの予約が必須です。
ちなみに、ライセンスがないという方には、シートレックという、ボールのようなものをかぶって水槽の中に入り、間近でマンタやその他の海の生き物達を見られるプランもあります。


th_Sea Trek Adventure - Walk inside the Open Ocean Habitat.jpg



おすすめの理由④「アーティスティックなショー」
週末の金曜日から月曜日にかけて毎晩9時〜は、アカデミー賞やオリンピックの開会式を手がけたアーティスト、ジェレミー・レイルトンが手がける、ダイナミックなクレーン・ダンス(鶴の舞)が見られます。

th_IMG_7983.jpg


音楽と共に、機械で出来た近未来的な鶴が起き上がる姿は、まるで未来にタイムトリップしたような雰囲気です。LEDスクリーンなども駆使して、華麗な舞が繰り広げられます。光と音が織りなす幻想的な世界のフィナーレは、涼し気な水をスクリーンにしたオーロラのような効果と花火の競演。

th_IMG_8014.jpg

インパクト抜群のショーは、事前予約不要で無料で行われているので、お好きな時にぶらりと立ち寄ることができます。


おすすめの理由⑤「悠々と泳ぐ海の生き物達に癒される、大水槽を望む部屋」

th_Ocean Suites - Bedroom.jpg

リゾート・ワールド・セントーサといえば、忘れてはならないのは、大水槽を望む部屋。部屋に入ると、正面奥にはあの巨大水槽に面した大きな窓。窓の目の前にはバスタブ、手前にはベッドがあり、ゆったりと魚達を眺めながらの入浴をしたり、のんびりとくつろぐことができます。まわりも時間を気にせず、まるで水族館を独り占めしているかのようなひとときは、大人の為の特別な時間を演出してくれます。

以上、【リゾート・ワールド・セントーサ】がラグジュアリーな大人旅にぴったりな5つの理由を、ご紹介しました!

関連記事

【リゾートワールドセントーサ】がアクティブな子ども達との旅行にぴったりな5つの理由

【リゾートワールドセントーサ】がベビー連れでものんびり過ごせる5つの理由

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー スポーツ・観戦 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2015年7月 7日
« 前の記事「【褒められ土産Part1】☆アジアNo.1パティシエ「Janice Wong」のスイーツ」へ
»次の記事「【花火情報あり】マリーナベイビュー、世界一高い場所にあるビール醸造所「LeVeL33」」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    伝統料理に新風・若きシェフのモダン・プラナカンキュイジーヌ「Candlenut」
    アジアNo.1パティシエの店 2am:dessertbar
    ベッカムも惚れ込んだ味 ガーデンバイザベイ温室内「POLLEN」
    ※閉店 【花火情報あり】「世界で最も予約が取れない味」マリーナベイサンズ一望のスペイン料理店

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集