海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 【花火情報あり】マリーナベイビュー、世界一高い場所...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年7月11日

【花火情報あり】マリーナベイビュー、世界一高い場所にあるビール醸造所「LeVeL33」


メール プリント もっと見る

【花火情報あり】マリーナベイビュー、世界一高い場所にあるビール醸造所「LeVeL33」

マリーナベイサンズやシンガポールフライヤー(観覧車)など、美しい眺望を眺めながら、店内で醸造された出来立てのクラフトビールを楽しめるビアレストラン、LeVeL33。シンガポールの心臓部とも言える、金融街の高層ビルの33階に位置する醸造所は、世界一高い場所にある醸造所なのだとか。


専用のエレベーターで上がって行くと、こんな景色が広がります。

th_LeVeL33 Bar & View.jpg

カウンターを囲む席は、仕事帰りに気軽に一杯、というシチュエーションにもぴったり。
その他、大勢で集まる際に使いたいプライベート感あふれる個室や、涼しい屋内のダイニングスペースもあります。

th_LeVeL33 Terrace View.jpg

それでも、やはりいちばんのお勧めは、21席あるテラス席。ディナータイムは一人60シンガポールドルの最低料金がありますが、その価値はあります!(横のスタンディングバースペースは無料)私がお邪魔した時は平日の夜でしたが、予約で満席でした。予定が決まったら、早めの予約がお勧めです。

常に5種類のビールと、季節限定で1ヶ月〜1ヶ月半位のタイミングで出るビール、6種類が揃う他、ビールを使ったモヒートなどのカクテルもあります。


th_IMG_9737.jpg

写真は33.9 Wheat Beer(0.5リットル/13.33シンガポールドル(〜20:00)、17.33シンガポールドル(20:00〜)

そして、このLeVeL33の魅力は、ビールと軽いつまみを楽しむ、バーとしての使い方だけではなく、本格的なヨーロピアンキュイジーヌをしっかりと楽しめる所。メニューにも、どのビールと合うかかが書かれていて、ビールとのペアリングが楽しめます。
ここLeVeL33に5年前にやってきた、イギリス出身のJames Michael Tegerdineエグゼクティブシェフ、通称Jimiシェフが作ったばかりという新しいメニューをいただきました。

前菜から締めのデザートまで、自家醸造のビールを生かしたメニューの数々は、ここでしか味わえないシェフ渾身の作。

th_IMG_9764.jpg

「クラフトマンシップを大切にしたい」と語るJimiシェフ、新作メニューの説明にも熱が入ります。

コーヒーで香りづけした甘い人参のピュレに、フォワグラFoie Gras,Pan seared, coffee roasted carrot purée, saffron sponge, 33.15 India Pale Ale and hay reduction(28.5シンガポールドル)。

th_Foie Gras.jpg

自家製のインディアンペールエールを使ったコクのあるソースが決め手。ほのかな干し草の香りがホップの香りと合います。フォワグラのキャラメリゼの部分を人参のピュレとインディアンペールエールのソースに分解して再構築したような味です。


18時間かけてじっくり調理したという、鴨のコンフィと様々な調理法のカボチャの組み合わせDuck Confit, mâche, pumpkin prepared three ways and aniseed oil(29.5シンガポールドル)。

th_Duck.jpg

クミンで漬けたカボチャのピクルスはシャキシャキとしてカブのような食感。トリュフとカボチャのピューレは香り高く、ローストしたカボチャはほくほくとして甘みがしっかり感じられます。
アニスオイルをパウダーにして、甘い香りをまとわせた鴨は口に入れるとホロッと崩れ、アニスの甘い香りとカボチャの甘みが、鴨にぴったり。クミンのスパイシーさが南国を感じさせるアクセントとなっています。

この他にも、しっとりとした食感で、牛肉の旨味が存分に感じられる牛タンにプチプチした食感のマスタードシードを合わせた料理Ox Tongue,Pan seared, roasted shallots, salsify purée, smoked olive oil and Austrian mustard caviar(23シンガポールドル)などもお勧め。

初めてディナーメニューに取り入れられたボストンロブスター、Crustacean, Lobster and caviar remoulade, Madagascan prawn tartare, mâche, blood orange and red chimichurri(25.5シンガポールドル)は、贅沢にキャビアと合わせ、スペイン直送のブラッドオレンジとのコンビネーション。

th_Crustacean.jpg

ビールだけではなく、ワインも品揃え豊か。希少なワインを始め、オーガニックやビオワイン等も揃っています。
シーフードに合う白ワインということで選んでいただいたのが、LeVeL33のオリジナルラベルのHannes Reehのシャルドネ。

th_IMG_9791.jpg

樽のバニラ香が効いた白ワインで、上にバニラオイルを仕上げに垂らしたフェンネルの根をあしらったメインディッシュのスコットランド産の鱈Scottish Cod, Pan baked, borlotti and grilled zucchini hummus, vanilla fennel compote and parsnip sauce(39シンガポールドル)とベストマッチ。バニラとフェンネルが織りなす甘い香りに、ズッキーニとうずら豆のピュレがすっきりとした緑の味わいを添えています。

ラムの骨つき肉をじっくりと蒸し煮にしたLamb, Slowly braised berbere spiced Osso Buco, cauliflower purée, braised grains and pomegranate labne(38シンガポールドル)は、骨から出た旨味たっぷりの鉄板の味わい。

th_Lamb.jpg

甘く香るベルベル(北アフリカ)風スパイスがほのかに効いて、サワークリームがさわやかさをプラス。フレッシュなザクロの実と大麦の粒感も楽しめ、定番の煮込み料理にも味覚を刺激する新しい切り口を見せてくれます。

そして、個人的な一押しがハンガリーの国宝に指定されているマンガリッツァ豚を使ったMangalica Pork, Chargrilled 33.15 India Pale Ale brined bone in loin, pancetta and green pea tapenade, medjool date jus(39.5シンガポールドル)!

th_Mangalica Pork.jpg

「食べられる国宝」として知られるマンガリッツァを、インディアンペールエールに数時間漬け込んでから炭焼きにしたもの。外側はカリカリなのですが、内側はしっとり、もっちりとした食感で、この滑らかさは感動もの。Jimiシェフによると、丁寧に漬け込むことで、マンガリッツァのきめ細かい肉質を最大限に引き出すことができるのだとか。
付け合わせのグリーンピースにはパンチェッタが刻み込まれ、旨味のアクセントになっています。
その他にも、霜降り率(BMS= Beef Marble Score、数が多いほど霜降り度が高く、最高は12)9という、上質のオーストラリア和牛等も揃っています。

デザートも、醸造所らしく、自家製ビールとその原料をさりげなく織り込んだS'more Beer(16シンガポールドル)。

th_S'more Beer.jpg

ポータービールの麦芽の香ばしさを生かした柔らかい自家製のマシュマロや、ビール粕を練り込んだ、カヌレを思わせる味わいのカリカリしたビスケットに、インディアンペールエールのキャラメルのソース、エスプレッソとスタウトビールのコクのあるアイスクリーム、ブロンドエールビールの香りを生かしたラズベリーコンポート、ホップのさわやかな香りをつけたジャンドゥーヤと、ビールづくし。

マリーナベイサンズの絶景を眺めながら、出来立ての自家醸造ビールを、洗練された料理と共に楽しみたい方にお勧めです!

th_IMG_9752.jpg

そして、ちょっと耳寄りなお知らせ。
このLeVeL33では、8月9日のシンガポール独立記念日の花火の特等席でもあるのです! 今年建国50周年を迎えるシンガポール、いつも以上に盛大なイベントが行われます。残念ながら独立記念日当日は売り切れてしまっているのですが、狙い目は7月に入って毎週土曜日午後8時から行われる、本番さながらのリハーサル。こちらも席は残り少なくなってきているようですので、早めの予約がお勧めです!

th_GetInline.aspx.jpg

他にも独立記念日の花火が見られるレストランはこちら

<DATA>
■LeVeL33
営業時間:11:30~24:00(月〜水曜)、11:30〜26:00(木〜土曜、祝前日)、12:00〜24:00(日曜)
住所:8 Marina Boulevard #33-01, Marina Bay Financial Centre Tower 1, Singapore 018981
電話: +65 6834 3133
アクセス:MRTラッフルズプレイス駅から徒歩5分
(マリーナベイファイナンシャルセンター、タワー1。専用エレベーターは正面受付を左、少々分かりづらい場所ですのでご注意ください。)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 見所・観光・定番スポット
2015年7月11日
« 前の記事「【リゾートワールドセントーサ】がラグジュアリーな大人旅にぴったりな5つの理由」へ
»次の記事「「Gattopardo」リゾート感あふれるシチリア料理店で新鮮な海の幸をいただく」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    伝統料理に新風・若きシェフのモダン・プラナカンキュイジーヌ「Candlenut」
    アジアNo.1パティシエの店 2am:dessertbar
    ベッカムも惚れ込んだ味 ガーデンバイザベイ温室内「POLLEN」
    ※閉店 【花火情報あり】「世界で最も予約が取れない味」マリーナベイサンズ一望のスペイン料理店

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集