海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 【必見!】高品質なシンガポール土産が揃う「Naii...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月24日

【必見!】高品質なシンガポール土産が揃う「Naiise」


【必見!】高品質なシンガポール土産が揃う「Naiise」

シンガポール旅行で困ることのひとつが、シンガポールのお土産。東京23区ほどの小さな国だけに、シンガポール製のものを見つけるのは至難の業。

とはいえ、シンガポールならではのものづくりを目指す若い人が少しずつ増え始め、そんな状況が、最近少しずつ変わりつつあります。

そんな志ある人たちの作った製品を買えるのが、今年5月に第一号店をオープンし、現在シンガポール内で3店舗を運営する雑貨店、「Naiise」。

th_IMG_2233.jpg

創設者のデニス・テイ(Dennis Tay)さんは、クリエイティブ関連の仕事を経て、「毎日の生活にデザインを取り入れることで、人々の生活がより豊かになる」というコンセプトのもと、2014年に初のポップアップショップを設立。現在オンラインショップ も含めて、300ものシンガポールブランドを扱い、ローカルアーティストの育成にも力を入れています。

デザイン性が高く、しかもシンガポールらしさの光る品々はパッケージもお洒落で、お土産にもぴったり。

衣類やインテリアなど、幅広いラインナップですが、その中でもお土産として手軽に買えて持ち帰りしやすいもの、中でも今回は、「食」にまつわるものをクローズアップしてご紹介していきます!


1)Hunter's Kitchenette のナッツバター

th_IMG_2245.jpg

th_IMG_2254-0.jpg

特に私が気に入っているのが、こちらのナッツバター。手のひらサイズの40gのボトルが6つ入ったギフトセット(35シンガポールドル)は、様々な味が楽しめておすすめ。

th_IMG_2240.jpg

一番人気のピスタチオとアーモンドの200gボトル2個のギフトセット(38シンガポールドル)はNaiiseのみの扱いとなっています。
大きなボトル(200g)は使われているナッツによって、14シンガポールドルからです。

甘さ控えめで、濃厚なナッツの個性が際立ちます。とてもクリーミーなのですが、ほのかに残るナッツの粒を噛むたびに、フレッシュな香りがはじけます。雑味のない味わいで、それぞれのナッツの個性が際立ち、高品質な選りすぐりのナッツを使っているのがわかります。工場もシンガポールにあるので、いつでも新鮮な味が楽しめます。私自身、もともとナッツが好きということもあるのですが、やめられない、とまらない美味しさです。個人的には、ピスタチオとカシューナッツがお気に入りです。

2)GSHのジャム

th_IMG_2251.jpg

赤道直下にあるシンガポールらしい、トロピカルフルーツのみを使い手作りされたジャム。ブランド名は創設者のゴー(Goh Soon Hock)さんの頭文字から。

もともとシンガポール植物園などを管理するナショナルパークスボードで自然保護の仕事をしていたゴーさんは、地元のマーケットで買ったフルーツを使うことで、輸送の為の二酸化炭素の排出を抑える、エコロジー的な視点もあるのだとか。

シンガポールのキッチンでゴーさんが自ら丁寧に手作りするジャムは、りんごからとったペクチンを使うなど、天然素材のみを使った優しい味わい。

「ジャム」というよりも柔らかく、デザートに添えるジュレのような印象です。一番人気のパッションフルーツは酸味が控えめ、種の粒々の食感が楽しめます。ボトルの横にあるゴーさんからの一言も、一瓶一瓶にこめられた思いが感じられて楽しいです。

ちょっと変わったものが好きな方には、ドラゴンフルーツ&ライチがおすすめ。少し粘りがあり、ドラゴンフルーツの紫色の色素の少し青っぽい香り、トゥルンとした食感が葛のデザートやジュンサイを思わせます。

一番味のバランスがよいと感じたのは、マンゴーライム。マンゴーの豊かな香りが生きていて、ところどころで感じるライムピールのさわやかさがいいアクセントになっています。50g(4.5シンガポールドル)、200g(12シンガポールドル)の2つのサイズ展開です。

3)ストレイツ・プリザーブのジャム

th_IMG_2150.jpg

シンガポールスリングマーマレードなど、これぞシンガポールというインパクト抜群のジャムが揃います。実際に食べてみると、チェリーの香りとパイナップルの味わいが生きた、あのシンガポールスリングの味!ゼリーなどのソースにしたい味わいです。

実際の製造はマレーシアですが、シンガポールの会社が作っています。この他にも、シンガポールで好まれる、カラマンシーという小さなかんきつ類を使った、トロピカルカラマンシーは、肉料理のアクセントなどにも使えそうです。スパイスアイランドは、パイナップル、ライム、オレンジといったフルーツがベース。スパイスがほんのり効いていますが、強すぎないのでバタートーストやフレンチトーストなどに合いそう。いずれも、大きさは200g(14.5シンガポールドル)のみの展開です。

この他にも、シンガポールの朝食の定番、「ナシ・レマ」フレーバー(50g、18シンガポールドル)や「パンダン・シフォン」(50g、26シンガポールドル)など、シンガポールらしいフレーバーが揃うティーブランド、「ETTE Tea」の紅茶

th_IMG_2154.jpg

シンガポールの新進気鋭のアーティストが描いた、マレークエ(マレー風のお菓子)の名前が一覧になったポスター(20シンガポールドル)なども買うことができます。

スクリーンショット(2015-08-24 19.22.13).png

番外編)「Shophouse Sixty Five」のリップバーム
th_IMG_2230.jpg

もうひとつのお勧めが、ハンドメイドのシンガポールフレーバーのリップバーム(9.5シンガポールドル)。スティック状の使いやすい形状、そしてシンガポールらしい甘い香りが特徴。フォートカニング公園、セントーサ島などの地名や、ロースバンドン(バラの香りのローカルドリンク)、コピ(シンガポール風コーヒー)などがあり、思い出の場所や気に入った食べ物の味を思い出せるお土産としてお勧め。Sixty Fiveとは、1965年の建国にちなんだネーミング。今年は建国50周年ということで、3本セットにクラッシックなポーチに入った、SG50セット(29.5シンガポールドル)も限定で出ています。個人的には、Sir Rafflesのさわやかさの中に甘さがある香りが気に入っています。


Naiiseは現在、シンガポールで3店舗の展開。シンガポールブランドのみならず、世界各国のデザイン性の高い商品も扱っています。

取材したフラッグショップのクラーク・キー店では、週末には、様々なワークショップも行われていて、ショッピングだけではない多様な体験を求めている方にもぴったりです!


■クラーク・キー店 Central Clarke Quay #02-23, 6 Eu Tong Sen St, 059817

電話:+65 6702 3248


支店

■オーチャード店 Wheelock Place #02-12, 501 Orchard Road, 238880

■ジュロン・イースト店 Westgate Mall, #01-30, 3 Gateway Dr, 608532


営業時間(全店舗共通):11:00~22:00(無休)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2015年8月24日
« 前の記事「【速報】 今年も大盛況! Epicurean Market 2015」へ
»次の記事「月餅商戦スタート!今年注目のSG50月餅とは?」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    [モナコ] アラン・デュカス氏の三つ星旗艦店、Le Louis XV
    [パリ] 揺るがないオリジナリティ、三ツ星「L'Astrance」
    [フランス]鮮やかな南仏の自然の息吹を伝える二ツ星「Mirazur」
    [リヨン] 巨匠、ポール・ボキューズの旗艦店「もっとも大きな変革とは変わらないこと」
    [フランス]50年連続三ツ星、新生Troisgrosへ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    もしもの時に役立つ! シンガポール最新治安情報
    8月・9月にシンガポールに来るなら、外せない! 月餅
    シンガポールお勧めお土産、限定! 手作りスイーツ
    シンガポール生き残りの智恵? 大統領公邸にお宅訪問

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集