海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > お姫様気分を味わえる王道ホテルフレンチ「Brass...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月17日

お姫様気分を味わえる王道ホテルフレンチ「Brasserie Les Saveurs」


メール プリント もっと見る

お姫様気分を味わえる王道ホテルフレンチ「Brasserie Les Saveurs」

セントレジスホテルのメインダイニング、ブラッスリー・レ・サブールが、今年6月にカナダ出身の Thomas Cruise(トーマス・クルーズ)シェフの下、新しく生まれ変わりました。

th_IMG_2796.jpg

ホテルの正面玄関を入りまっすぐ進むと、緑を望む明るくくつろげる空間が広がっています。赤いベルベット張りのゆったりとした椅子、高い天井からはクリスタルガラスのシャンデリアと、ゴージャスなインテリアは、日常を離れ、誰かの邸宅に招かれたような雰囲気が漂います。

th_IMG_2735.jpg

提供しているのは、コンテンポラリーフレンチ。まずは、温かい自家製のライ麦パンからスタートします。

th_IMG_2755.jpg

Duck Fois Gras(28シンガポールドル、写真奥)

th_IMG_2763.jpg

フォワグラのトーション仕立ては、限りなく滑らかで、フォワグラのコクを十分に楽しめます。表面がさくさくに焼き上げられた
軽い食感の自家製のバターブリオッシュが、濃密なフォワグラと良いバランスです。
シュナップスと呼ばれる蒸留酒に漬け込んだ桃と、ピスタチオが添えられていて、
桃の甘い香りとピスタチオが香ばしさをプラスしています。

写真手前にあるのは、 Poached Boston Lobster and Langoustine roulade(32シンガポールドル)
アカザエビの身を、マンゴーのゼリーで巻き、ロブスター、大根といくらが添えられています。
甘みのあるロブスターと海老にマンゴーの甘い香りが良くあい、大根のしゃきしゃき感といくらの塩気が味と食感のアクセントになっています。

トーマスシェフはもともとニューヨークの三ツ星レストラン、ジャン・ジョルジュがカナダに出したレストランで働いていたそうですが、この甲殻類と南国の甘い香りのフルーツの合わせ方は、ジャン・ジョルジュの影響を感じます。
そのことをThomasシェフに伝えると、とてもうれしそうに笑って、「ジャン・ジョルジュシェフには
素材の組み合わせ方もそうだし、新鮮な食材をシンプルに料理する大切さなど、本当に多くのことを教わったよ」と話していました。

そして、個人的に特にお勧めしたいのが、Lobster Bisque (26シンガポールドル)

th_IMG_2776.jpg

コンテンポラリーフレンチではありますが、どこかクラッシックな面持ちを残したしっかりとした味わいと濃厚さ。
冷たく冷やされた蟹の身と、細かく刻まれたディルに、テーブルで熱々のビスクをサーブしてもらいます。
ひんやりとした蟹と温かく濃厚なビスクの温度差が面白く、タイムの香りをつけたクルトンを合間にはさみながら食べると、とまらない美味しさです。クリーム感が豊かななので、樽のバニラ香のある、白ワインとあわせたい味です。

メインの魚料理は、レストランのシグネチャーでもある、Butter-Sealed Dover Sole Fillet (63シンガポールドル)

th_IMG_2785.jpg

ドーバー産の最高品質のヒラメのブラウンバターソース。
焦がしバターの香りが、表面をかりっと焼き上げたヒラメと好相性。
上に乗せた新鮮なレモン果肉が、全体を引き締め、フレッシュな印象を与えます。
アスパラなどの緑の香りの野菜とジャガイモ、すっきりしたケイパーとあわせた、王道のメニューです。

肉料理は、Grilled Lamb Cutlet (46シンガポールドル)

th_IMG_2789.jpg

ミルクしか飲んでいない子羊のグリルは、とても柔らかな肉質で、脂身のとろけるような質感と甘い香りが楽しめます。
太陽の光をいっぱいに浴びたパプリカのラタトゥイユとプロバンス風のオリーブソース、ローストガーリック、そして肉料理のサイドディッシュとして出てくるポレンタ(とうもろこしのお粥)をガレット仕立てにしたものが。


デザートは、チョコレートのミルフィーユ、Chocolate "Millefeuille" (17シンガポールドル)

th_IMG_2795.jpg

添加物を使わないことで知られ、生産量も少ない希少なイタリア・トスカーナ産の高級チョコレート、AMEDEI(アメデイ)を惜しみなく使っています。ふんわり柔らかいチョコレートクリーム、
ミルクチョコレートとピーナッツのクリーム、塩キャラメルソースにチョコレートのチュイルという組み合わせ。
カカオのしっかりとした香りが楽しめますが、ムース状になっているので重すぎず、キャラメルのように香ばしいチュイルが利いていました。


ラグジュアリーホテルだけあって、雰囲気も抜群。昼はプールと緑を望み、開放感があり、夜はシャンデリアが輝き雰囲気も抜群。特に、階段を上がった所にある、ロマンティックな半個室は、
お姫様気分が味わえて、大切な記念日などのシチュエーションにも使えそう。
どれをとっても、最高級の食材だけを使った料理、そして、2014年にはWine Spectator誌のAward of Excellence賞を受賞するなど、ワインリストも充実。食通の方をお連れしても安心です。
コンテンポラリーフレンチですが、ひねりすぎていないので、王道の料理をしっかり味わいたい方、
そして味付けはしっかりめなので、そういった意味でもワイン好きの方に特におすすめ。

どこか南国の香り漂う素材使いは、旅の思い出にもぴったりです。

<DATA>
Brasserie Les Saveurs
営業時間:朝食 6:30~10:30(毎日)
     ランチ 12:00~14:30(月~土曜)
     ブランチ 12:00~15:00(日曜)
     アフタヌーンティー 15:00~17:00(月~土曜)、16:00~18:00(日曜)
     ディナー 19:00〜22:00(毎日)
※上記のメニューはランチ・ディナー時に提供
住所:The St. Regis Singapore, Lobby Level,29 Tanglin Road, Singapore 247911, Singapore
電話: +65 6506 6860
アクセス:MRTオーチャード駅から徒歩11分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2015年10月17日
« 前の記事「「4XFOUR 」個性あふれるスターシェフ4人が期間限定レストランをオープン!」へ
»次の記事「洗練されたシンガポール料理の先駆け「Wild Rocket」」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    ミシュラン一つ星、beniのバレンタインデースペシャルメニュー
    ミシュラン二つ星、クラッシックフレンチ「Les Amis」
    [新店]丁寧な仕事が生きた上質な日本料理「高山」
    [Art at Curate] NY二つ星、Aquavit がシンガポールに!
    *Jaan x **L'Enclume、イギリスの大地の味を表現したコラボレーション
    Le Du x Trisara アジア37位のレストランとラグジュアリーリゾートのコラボ
    [石川フェア] 天狗舞xはし田のスペシャルコラボディナーへ
    S.Pellegrino Young Chef 2017 東南アジア地区予選へ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    リッツカールトンホテルの高級中華「Summer Pavilion」
    「Punjab Grill」ヒンズー教の光の祭典を、インド料理のファインダイニングで祝う
    素材の繊細な味わいを生かした、骨太なフレンチ「Gunter's」
    ラボ(実験室)から生み出される、究極の美食「Tippling Club」

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集