海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 限定「はし田」×「四川飯店」和食と四川料理の豪華な...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年1月 6日

限定「はし田」×「四川飯店」和食と四川料理の豪華な競演!


限定「はし田」×「四川飯店」和食と四川料理の豪華な競演!

シンガポールで寿司の名店として知られる「はし田」の橋田建二郎さんと、中華の名店「四川飯店」の陳建太郎さんによるスペシャルコラボレーションイベント「The Rising Sons of Japan」が1月28日の一夜限定で行われます。

Sons of Japan (1).jpg


会場は、ラッフルズプレイスのレストラン、Me@OUE(ミー・アット・オーユーイー)。

Interior of Me@OUE (2).jpg

こちらは、和食、中華、フレンチそれぞれにエグゼクティブシェフがいて、1つのレストランでありながら、それぞれが好みの料理を楽しめるという仕組み。陳シェフが中華のエグゼクティブシェフとなっていることから、会場に選ばれました。


屋外のバーエリアからは、マリーナベイサンズを望む絶好のロケーション。

15090320415936555.jpg

天井が高く、オープンキッチンには開放感があります。


「The Rising Sons of Japan」ライジングサン=日(Sun)が昇る、という言葉と、(人気などが)上昇中の息子たち(Sons)、という意味をかけたイベント名は、橋田シェフが、ハリウッドスターをはじめ、著名人が訪れることでも知られる勝どきの寿司店、「はし田」の二代目、陳シェフが、中華の鉄人としても知られる陳建一氏の息子である、ということからつけられました。

Chef Kenjiro Hashida.jpg

和食と四川料理という、一見相反する組み合わせをどのように融合させるのか、という疑問に、陳シェフが答えてくれました。「四川料理には"一菜一格、百味百菜"という言葉があります。これは、一つ一つの料理にはそれぞれの品格があり、百の料理には百の風味がある、という意味です。多彩な調味料と香辛料、そして食材が織りなす複雑味が、四川料理の真髄。最近では、本場四川でも、新鮮な海産物や海外の食材が手に入るようになり、食材の味を生かした四川料理が生まれていますよ」。

なるほど、今は四川料理といえば激辛、という訳ではないのですね。
四川飯店は陳建民シェフの時代から日本で三代続く四川料理の名店。日本の四季折々の新鮮な素材を生かした味つけは、和食ともマッチする繊細な四川料理と言えそう。

Executive Chef Chen Kentaro3.jpg

お互いの旗艦店がマンダリンギャラリーにあること、両シェフが同い年という事もあり、料理構成の打ち合わせもスムーズ。プロとしての真剣さの中にも楽しみながら行われているとか。


橋田シェフは「店で出しているものと同じではなく、アレンジを加えて、普段はどんな料理を出しているのだろう?と興味を持ってもらえる料理にしたいですね」

陳シェフは「温かいアミューズのクロケットやメインの和牛は、シンガポールでも日本でも出していない、スペシャルメニュー。提供温度だけでなく、和食とのコラボレーションなので、特に味付けと香りのバランスに気をつけました」と語ります。


橋田シェフは紹興酒を隠し味に使うなどの工夫をこらし、陳シェフはスパイスをやや控えて、8皿のコースが自然な流れになるように構成したのだとか。

この味の組み立てに加えて更に楽しみなのが、400年の歴史を重ねてきた、有田焼とのコラボレーション。

「最近の有田焼はとてもモダンなデザインで、フレンチのシェフなどにも人気。ただ、中華と有田焼のコラボレーションはなかなかないはず。陳シェフがどんな盛り付けをするのか、それを含めてワクワクする」と橋田シェフ。二人のシェフによる味だけでなく、盛り付けの競演も見所になりそう。

料理についてもシェフ自らが話す時間も設けられているそうで、「味、お皿、盛り付け、パフォーマンスなど総合的なエンターテイメントとしても楽しめる場になっています、ぜひいらしてください」と陳シェフ。

2人の気鋭のシェフが、ワクワクしながら練り上げたという、全8皿のディナーコース。
現在予約受付中。世界が認めた寿司「はし田」と、日本で約60年愛され続けてきた四川飯店の四川料理。そんなバックグラウンドを持つ両シェフが織りなす料理の数々が楽しめる、スペシャルな一夜となりそうです!

15090320415942830.jpg

<DATA>
■ The Rising Sons of Japan(ザ・ライジング・サンズ・オブ・ジャパン)
会場:ME@OUE(ミー・アット・オーユーイー)
住所:The Rooftop Level, 50 Collyer Quay, OUE Bayfront, Singapore 049321
日時:1月28日(木)19:00~
電話: +65 6634 4555
アクセス:MRTラッフルズプレイス駅から徒歩3分


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2016年1月 6日
« 前の記事「祝2016年☆総まとめ・約50軒から選ぶ、あなたにぴったりのレストランはこちら!」へ
»次の記事「「Salt Gril」天空のレストランで、手作りの温かみあふれるモダンオーストラリア料理を」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    [モナコ] アラン・デュカス氏の三つ星旗艦店、Le Louis XV
    [パリ] 揺るがないオリジナリティ、三ツ星「L'Astrance」
    [フランス]鮮やかな南仏の自然の息吹を伝える二ツ星「Mirazur」
    [リヨン] 巨匠、ポール・ボキューズの旗艦店「もっとも大きな変革とは変わらないこと」
    [フランス]50年連続三ツ星、新生Troisgrosへ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    マリーナベイサンズ/セレブ御用達ステーキハウス「CUT」
    「Corner House」植物園の歴史的建造物の中でいただく、"ガストロ・ボタニカ"とは?
    必見! 2015年シンガポールイベントカレンダー
    「Waku Ghin」マリーナベイサンズで過ごす極上のひととき

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集