海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > あすから開催! Epicurean Journey...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月29日

あすから開催! Epicurean Journeys 世界のラグジュアリーホテルからシェフが大集合


あすから開催! Epicurean Journeys 世界のラグジュアリーホテルからシェフが大集合

地域の特徴を生かしたラグジュアリーホテルを世界に展開する、Luxuary Collectionのホテルの5人のシェフが一堂に会して、それぞれの国の料理を一夜限定(アフタヌーンティーのみ2日間)で披露する、Epicurean Journeys(エピキュリアン・ジャーニーズ)がいよいよあす5月30日~6月3日の日程で始まります!
内容についてはこちら もご覧ください!

th_IMG_1811.jpg

会場は、フラトンホテルにほど近い、シンガポールリバーを見渡すレストラン、1919 Waterboathouse(ウォーターボートハウス)。
一足早く、それぞれのレストランのシグネチャーメニューを集めたメディアランチイベントに行ってきました。

まずはそれぞれのシェフの手による一口サイズのアミューズとシャンパンが。

FullSizeRenderej.jpg

そして、一皿目はタイのSheraton Grande SukhumvitのManachai Konkangpluエグゼクティブスーシェフによる、マグロのタルタル、Goy Tuna。

th_IMG_1746.jpg

米粉と唐辛子パウダー、そしてライムやミントを使ったタルタルです。当日はタイの4つの地域の料理で構成したコースになりますが、
Manachaiシェフは、故郷タイ北東部の味をこのシグネチャーコースに組み込みました。故郷では牛肉で作られるというタルタルですが、
メコン川の海の幸も有名な地域。そこで、海の幸のマグロを使ってアレンジしたのだといいます。

続いては、イタリア・ヴェネツィアのHotel DanieliのDario Parascandoloエグゼクティブシェフによる、Venetian Grilled Octopus。

FullSizeRenderej2.jpg

シーフードが有名なヴェネツィアならではの、グリルしたタコを、緑の香りのパセリのソースで仕上げました。様々な種類のオリーブ、バジルソース、トマトのピュレなど、イタリアの味を詰め込んだ一品。ジャガイモのスフレで作ったボールで、盛り付けもリズム感のあるものに仕上がっていました。

そして、インドのITCホテルのコーポレートシェフ、Manjit Gillシェフによる二品。

まずは、全く脂っこくなく、小麦の香りを生かして香ばしく焼き上げたナンと、レンズ豆のスープ、Mulligatawny Soup。

th_IMG_1750ej.jpg

マスタードシードの香るレンズ豆のスープには、少しだけインディカ米が入り、食感のアクセントに。

そして、二皿目は、Tandoori Jhinga。

th_IMG_1752ej.jpg

実は、3年前にインドに行った際に、Manjitシェフが指揮するBukharaにお邪魔したことがあります。
タンドーリ料理が特に有名なのですが、それがシンガポールで味わえるなんて!と懐かしくいただきました。

大きなエビをヨーグルトやターメリック、唐辛子などManjitシェフオリジナルのスパイスを使ったソースでマリネして炭火で焼き上げ、
ぎゅっとライムを絞って、さっぱりといただきます。スパイスが効いていますが、上質なエビの味、炭火焼きの香ばしさがそのまま楽しめます。添えられたミントとコリアンダーのソース、穏やかな味わいのジャガイモのピュレ、やや塩気が強く酸味のあるヨーグルトとビーツのソースなど、異なった味のバランスが楽しめるようになっています。Khasta Rotiという、セモリナ粉と全粒粉のカリカリとしたクラッカーが食感のアクセントになっています。

そして、ギリシア・アテネのGrande BretagneのSotiris Evangelouエグゼクティブシェフは、Baby Lamb Filletを。

th_IMG_1758ej.jpg

スモークしたナスをピュレ、ソース、レーズンと松の実と共にソテーするなど、三種類の形で調理。ローストしてキャラメルのような
香りを感じる、甘みの乗ったナスのチップを添えて。Tzatzikiという、ヨーグルトとキュウリのギリシアの伝統的なソースをフォーム状にアレンジ。しっとりしたラム肉の食感が絶品、そしてヨーグルトソースの酸味とみずみずしさ、ナスの香ばしさと甘み、ピュレにしたナスのほのかな紫の香り、松の実のコク、レーズンの甘みなどが融合して、複雑な味わいを生み出しています。Alain Ducasseの下でフレンチを学んだというSotirisシェフの料理は、ギリシア料理という素朴なイメージの料理を、見事にファインダイニングの味に昇華させていました。

デザートは、オーストリア・ウィーンのHotel Bristolから、Manuel Gratzlエグゼクティブシェフによるウイーン菓子。

th_IMG_1761ej.jpg

イチゴのムースと、ウィーン名物のシナモンが香る Applestrudel(リンゴのシュトゥルーデル)のフィリングをワンタンの皮に詰めた小さなお菓子、そしてザッハトルテなどのチョコレートケーキで有名なウィーンらしく、なめらかで穏やかな味わいのチョコレートガナッシュ。上に乗った岩塩が味を引き立てています。表面はサクサク、内側はしっとりとしたブラウニーはウイーン菓子によく登場するヘーゼルナッツが香ります。ラズベリーにも、チョコレートクリームが詰められていて、細かいところまで丁寧に作られていることが感じられます。「甘みを強くしすぎないように、現代の味覚に合った程よい甘さを模索した」というManuelシェフ。こちらは、アフタヌーンティーセットとして楽しめます。

(実際のメニューはそれぞれのシェフによる一か国の料理を詰め込んだコースとなります。)

EJ2016.jpg

そして、最後には、宿泊券のプレゼント抽選会も。

th_IMG_1791ej.jpg

実際に予約した方には、宿泊券とシンガポールからの往復エアチケットが当たる抽選があるそうです。
詳細なメニュー、予約は、以下の公式ウェブサイトをご覧ください!


<DATA>
■Epicurean Journeys(エピキュリアン・ジャーニーズ)
期間:2016年5月30日(月)~6月3日(金)
会場:3 Fullerton Road, The Waterboathouse, #03-01, Singapore 049215
電話:+65 6538 9038(1919 Water Boat House)
ウェブサイト:http://www.epicureanjourneys.sg/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2016年5月29日
« 前の記事「「Epicurean Journeys」世界の個性あふれるラグジュアリーホテルの味が大集合」へ
»次の記事「「JAAN」70階からの絶景と、自然の恵みの力を感じる華麗なフレンチ」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    [モナコ] アラン・デュカス氏の三つ星旗艦店、Le Louis XV
    [パリ] 揺るがないオリジナリティ、三ツ星「L'Astrance」
    [フランス]鮮やかな南仏の自然の息吹を伝える二ツ星「Mirazur」
    [リヨン] 巨匠、ポール・ボキューズの旗艦店「もっとも大きな変革とは変わらないこと」
    [フランス]50年連続三ツ星、新生Troisgrosへ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「Il Cielo」天空のプールレストランでミシュランの味【$100Gourmet】
    「Yan Ting」セントレジスホテルの身体に優しい中華
    ミシュラン星付きシェフとシンガポールを代表するシェフの競演! $100 Gourmet 5月のコラボレーション

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集