海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 「Stellar at 1-Altitude」マリ...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月 4日

「Stellar at 1-Altitude」マリーナベイサンズを望む開放的な空間で、ランチタイムの美食体験


メール プリント もっと見る

「Stellar at 1-Altitude」マリーナベイサンズを望む開放的な空間で、ランチタイムの美食...

ラッフルズプレス駅から徒歩一分、まさにシンガポールの中心に位置し、62階からの素晴らしいマリーナベイサンズの眺望が楽しめるレストラン、Stellar at 1-Altitude(ステラ・アット・ワン・アルティテュード)エグゼクティブシェフのChristopher Millar(クリストファー・ミラー)、通称Chris(クリス) シェフが、ランチタイムに新しく、"Summer Gastronomic"夏のガストロノミックメニュー(5コース、95シンガポールドル)を作ったということで、行ってきました!

th_IMG_8003Ste.jpg

Stellar(星)という名前通り、星空に近い場所にあるレストランだけに、ロマンティックな夜景も素晴らしいのですが、昼間の解放感もまた違った魅力があります。


まずは前菜として、フルーティーなトマトにパルメザンチーズの衣をまとわせたもの。

th_IMG_1458.jpg

クリスピーな衣にほのかなチーズのコクと香りが楽しめます。ナスのピュレに新鮮なラディッシュ、クリーミーなナスのソース。大地の恵みをなるべくそのまま味わってほしいというChrisシェフの思いが詰まっています。

続いては、外側はカリッと、そして内側はしっとりと焼き上げられた、イカ墨のパンCharcoal Bread(+8シンガポールドル)。キッチンでスモークをかけたフランス産のバター、スモークした鱈のペースト、オリーブ、そしてラディッシュを口にトーストをくわえた、可愛らしいクジラが登場。背中にはサーモンのタルタルが入っています。

th_IMG_1468Ste.jpg

自然の海の塩味を感じる鱈のペーストとラディッシュの相性は絶品。ファームトゥーテーブルのコンセプトが今気になるというChrisシェフ、ころっとした形がかわいいラディッシュをあえてそのまま提供することで、62階という高層階にありながらも、どこか素朴な土の香りのする、温かい雰囲気が感じられます。それと同時に出てきたのは、かわいらしいこんな一皿。「おなかをすかせたクジラが、サーモンを食べちゃった、っていうイメージだよ」とChrisシェフ。Loch Fyne Salmonというブランドのスコットランド産のサーモンはとても滑らかで、脂はのっているものの、臭みのない自然な味わいです。クジラの潮のように乗っている豆苗もチャーミング。

まずは素材そのものを味わってから、次の一皿、Loch Fyne salmon with Corsican Valettaにつながっていきます。

th_IMG_1476Ste.jpg

Loch Fyneサーモンを、Valettaという、コルシカ島の黒豚の頬肉を地元の職人技術を生かして作ったという、貴重なハムを少しだけあぶったもので巻いています。ハムの脂身のナッツやスモークの香りと、下に敷かれたアーモンドソースがマッチしています。西オーストラリアのManjimup黒トリュフが、更に奥深い香りを与えていて、素材そのものの味を味わってほしい、というChrisシェフらしい一皿です。

そして、ここで、日本の和牛を使ったタルタルが登場。The Kuroge Wagyu A5 tenderloin 'steak tartare' with Japanese flavours and Satsumaimo poteto chips。

th_IMG_1478Ste.jpg

日本では、そしてシンガポールでもなかなか食べられない上質な生の和牛に心が躍ります。コースが始まる前に、季節もので珍しいから、と日本のぶどう山椒をおすそ分けしたら、なんとこのメニューの中に早速登場。「タルタルには通常タバスコを使うけれど、山椒のピリッとした辛さを使ってみたんだ」とChrisシェフ。

th_IMG_1484Ste.jpg

始めて見る食材に対しての即興的なリアクションの速さ、また山椒と、みりんと醤油、胡麻油でマリネした極上の牛肉がよく合うこと。そのバランス感覚にも脱帽です。山椒の柑橘系の香りに合わせて、横には味噌と柑橘類のソースが添えられていて、美しいハーモニーとなっています。黄身が温泉卵のようにとろりとしたウズラの卵、素揚げしたケイパーが添えられています。横には、日本の紫芋のチップ、そしてプレスしたリンゴのカットして作ったシャキシャキとしたパスタがフレッシュな食感と甘酸っぱさをプラス。

そして、このタルタルに負けないほど絶品だったのが、The braised Japanese Hida A4 Wagyu short rib in stout, with la Bonnotte Potato and Fresh Morels(+25シンガポールドル)。

th_IMG_1487Ste.jpg

A5の飛騨牛のショートリブを黒ビールで煮込んだ後、Chrisシェフ自慢の、500℃という高温の炭で焼き上げるジョスパーオーブンで仕上げた飛騨和牛。

th_IMG_1517Ste.jpg

脂身の部分の甘み、とろけるような食感、それを表面だけカリッと焼き上げてあり、その焼き上げた層の薄いこと。炭のスモーキーな香りとまじりあい、この時期しかない、フレッシュで大ぶりのモリーユ茸が、香ばしさをプラス。50平方メートルという、ごく限られた広さの土地で、年に一度しか収穫されないことから、世界一高価で希少なジャガイモである、フランス産のLa Bonnotteを、バターと共にシンプルに仕上げたサイドディッシュ。食べてみると、まるで栗のような食感、そして濃厚な味わいがあります。火を通しすぎずフレッシュな仕上がりのフランス産のグリーンピースが、緑の香りをプラス、すっきりとした一皿に仕上がっています。

そして、もうひとつ楽しみなのが、Jasmin Chew(ジャスミン・チュー)ペストリーシェフによるデザート。

th_IMG_1496Ste.jpg

Lichu Chocolate Parfait with bee pollen, caramelized cocoa nibs and nasturtiumなんと、チョコレートのボールにエディブルフラワーをたっぷり盛り込み、中にはチョコレートのパルフェに、花びらの下には、実際の花と同じように、粒状になった花粉とキャラメリゼしたカカオ豆。理想のチョコレートの花とはこんな感じでは、と思える、見た目も美しいデザートです。

th_IMG_1503Ste.jpg

ドライアイスの煙は、まるで雲のよう。雲海の上に浮かんだ花にあふれた桃源郷のようにも、また雲の上のような62階建てのこの建物をそのまま表したようにも見えます。

th_IMG_1510Ste.jpg

最後は、ホワイトチョコレートで出来たイチゴと、チューブにフルーツを入れた小菓子が登場します。

th_IMG_1520Ste.jpg

セットランチは48シンガポールドルからありますが、個人的には、せっかくならガストロノミックメニューをオーダーすることをお勧めします。極上の食材を使い、プレゼンテーションにも気を配った料理は、どれも思い出に残ること間違いなし。開放感あふれる居心地の良い空間で、目にも舌にも嬉しい、美食を詰め込んだランチを楽しんでみてはいかがでしょうか?

<DATA>
■Stellar at 1-Altitude(ステラ・アット・ワン・アルティチュード)
営業時間:ランチ 11:30~13:45(平日のみ)、ディナー 17:30~21:30、(いずれもL.O.)無休
住所:1 Raffles Place, Level 62, Singapore, 048616
電話:+65 6438 0410
アクセス:MRTラッフルズプレイス駅徒歩1分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年6月 4日
« 前の記事「日本の技を生かしたカクテルと、あのWaku Ghinの料理が気軽に楽しめる!「Waku Ghin Bar...」へ
»次の記事「「Lewin Terrace」日本独自の食材を生かしたジャパニーズフレンチフュージョン」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【褒められ土産Part1】☆アジアNo.1パティシエ「Janice Wong」のスイーツ
    【リゾート・ワールド・セントーサ】ベビー連れでものんびり過ごせる5つの理由
    ミシュラン三ツ星シェフがシンガポールにやって来る!
    【リゾート・ワールド・セントーサ】アクティブ子連れ旅にお勧め5つの理由

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集