海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 「Skirt」 W Hotel Sentosa C...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月23日

「Skirt」 W Hotel Sentosa Cove 海に面したスタイリッシュなステーキハウス


メール プリント もっと見る

「Skirt」 W Hotel Sentosa Cove 海に面したスタイリッシュなステーキハウス

セントーサにあるスタイリッシュなホテル、W Hotel Sentosa(ダブリューホテル・セントーサ)。スターウッドホテル系列の中でも、特にデザインにこだわりのある層をターゲットにしているというだけあって、セントーサのリゾート感あふれる中にも、どこかエッジの効いた、アーティスティックな空間が広がっています。私は午後6時半頃お邪魔しましたが、早い時間帯は奥にヨットハーバーと緑を望む開放的な雰囲気、遅い時間は、牛の生活をイメージしたという、幻想的な空間が広がっています。

th_IMG_2264sk.jpg

そんなW Hotel Sentosaのメインダイニングが、Skirt(スカート)。様々な種類の熟成肉と、シーフードがメインのお店です。レストランを率いるのは、シンガポール出身のLarry Koh(ラリー・コー)シェフ。現在29歳のLarryシェフは、セントーサにあるファインダイニング、Joel Robuchon(ジョエル・ロブション)のオープニングスタッフとして、東京、ラスベガスのオープニングにも携わった檀崎友紀シェフの下でキャリアをスタート。食材の適切な切り方など、料理の基本的なスキル、そして、プロとして、自らを律し、真摯に素材に向き合う姿勢などを学んだのだそう。

th_IMG_2254sk.jpg

その後加わった、マリーナベイサンズのレストラン、DB Bistro Modernでは、当時のエグゼクティブシェフ、Stephene Istel(ステファン・イステル)シェフの下、エネルギッシュに、スピーディーに料理をすること、素材の味わいを最大限にするにはどうしたらよいか、を学んだのだとか。そして、オーストラリアで家族が営む牧場で育ったという、Skirtの前任のシェフ、Andrew Nocente(アンドリュー・ノセント)シェフからは、牛肉の種類に応じた調理の仕方など、牛肉についてのすべてを学んだといいます。

th_IMG_2294sk.jpg

「でも自分の料理のスタイルは、特定のシェフのスタイルを踏襲しているわけではない。大切にしているのは、素材の味を生かすこと、料理は素材の味を後押しするもので、調味料などの味で本来の味を覆い隠してしまってはいけないと思っている」ということ。個人的に好きなシンガポール料理はホッケンミーで、肉と海鮮の旨みが溶け込んだシンプルな塩味のスープがたまらないのだとか。

そんなLarryシェフですが、母がベジタリアンということもあり、家ではもっぱら野菜と大豆などが中心の生活を送っているのだそう。


料理は、基本的にすべてオリジナルメニューになったそうで、日本人ということで、アミューズで出てきたのは、寿司!

th_IMG_2267sk.jpg

生のホタテの貝柱に、ネギや海苔、ぶぶあられやキュウリなどをすべて米粒ほどの大きさにそろえた「酢飯」の上に、佐賀牛をごく軽くあぶったものが載せられています。こういった海の幸と山の幸のコンビネーションが、Larryシェフは大好きなのだとか。
食べてみると、ホタテの甘みに、細かく刻んだキュウリのフレッシュな食感と緑の香りがすがすがしく、カリカリしたあられの香ばしい食感や海苔の香りが寿司らしい印象。ホタテの甘みをそのまま押し出し、極上の佐賀牛の脂の甘みとリンクさせています。

それに合わせて、おすすめのカクテルは?とお聞きして、作っていただいたのが菊正宗の樽酒にパイナップルを漬け込んだという、
特別なマティーニ、Remastered Sake。すっきりとした味の中にパイナップルのフルーティーさ。日本酒なのでアルコール度は低めでまろやか。ほのかな樽の香りが全体に厚みを加えています。

th_IMG_2263sk.jpg

時々、菊正宗との日本酒ペアリングディナーを行うこともあるのだとか。

パンは、自家製のチャバタ。エルサレムアーティーチョークの、少し土の香りのする素朴な味わいと酸味が感じられるピュレと、
チョリソーを漬け込み、香りをつけたオイルと共に提供されます。

th_IMG_2272sk.jpg

スターターには銅のフライパンの上に載った様々なシーフードがテイスティングサイズで食べられるSeafood Platter(S$79)がおすすめ。

th_IMG_2273sk.jpg

やはり、海のそばだけに、こういったシーフードを見ると、気分が上がります。

Boston bay mussels casserole,chorizo, piperade
まず、ボストン産のムール貝のキャセロールは、チョリソーで香ばしい香りをつけ、ピペラード風(
トマト、ピーマン、玉ねぎを使ったバスク地方の料理)に仕上げたもの。内側がふんわりしたフランスパンにニンニクと唐辛子のソース、Rouille(ルイユ)を塗ってあります。
魚介の旨みに、角切りのベーコンのコクが溶け込んだアメリケーヌソース。ムール貝は旨みがあり、臭みは全くありません。

th_IMG_2278sk.jpg

Marinated king prawns, grilled summer vegetables

オリジナルスパイスに漬け込んだキングプラウンは、味噌までおいしく食べられる新鮮さ。どこかエスニックなスパイス、香ばしい炭の香りをまとった味わいは、海沿いの開放的な雰囲気にぴったりです。

th_IMG_2284sk.jpg

Petuna ocean trout tartare,avocado puree
カリッとした豚の皮のチップの下には、滑らかな生のオーシャントラウトをアボカドのピュレで和えたもの。見た目はマヨネーズのようですが、セロリの香りと相まって、それよりも軽く、後味がすっきりしている印象です。トラウトとも相性抜群のイクラが乗っています。

このSeafood Platterだけの特別メニューは、チリクラブをイメージしたクラブケーキ。ぎっしりと詰まったカニの身に、ピリリと辛いチリクラブのソースが添えられています。チリクラブを再構築したような一皿。日本酒ベースで、軽やかなアルコール感の、パイナップルのカクテルとよく合います。

th_IMG_2286sk.jpg

そして、カニの身のトマトスープ仕立ては、大きなカニの身の食べごたえは抜群。酸味の効いたトマトのソースが、カニの甘みとキャビアのコクを引き立てます。

th_IMG_2279sk.jpg

そして、肉とともに、フォワグラの前菜(写真左)を。
Foie gras torchon, sliced brioche, chocolate infused oil(S$32)

th_IMG_2318sk.jpg

フォワグラのトーション仕立ては、滑らかな舌触りのフォワグラと、ブリオッシュのカリカリとした食感の対比で、バターの香ばしさとサクサクの食感が、ポワレのような印象を与えています。チョコレートオイルは、カカオ豆のビター感というよりも、チョコレートクリームのような印象で、程よい甘みとコクがあり、横に添えられた赤ワインで煮たブルーベリーのほのかな酸味が、重たすぎないバランスになっています。


メインディッシュの前に、サービスマネージャーのPaoloさんから、小さな瓶が渡されます。「アップルビネガーのクレンザーです」
お肉を食べる前に、口の中をリセットして、しっかりとお肉を味わってもらおうという趣向。

th_IMG_2289sk.jpg


メインはお肉のテイスティングセットTasting Platter of 5 breeds(S$250~)。こちらでは、アメリカ産のメスキートの木を使っていて、メスキートならではのスモーク香で、とても香ばしく焼きあがっているのが特徴です。
スモークした塩と、タバスコのような、少し酸味が効いたバーベキューソース、バターハーブソースと共に提供されたのは、それぞれ100グラムずつ、左上から

th_IMG_2305sk.jpg

1)30 days dry-aged(in house)Australian Wagyu beef, Ribeye、
2)USA(Idaho) snake river farm wagyu,Tenderloin、
3)A4 Saga-Gyu,Japanese black-haired cattele, Kyusyu, Japan,Sirloin
4)Hereford grass fed, John Stone Longford, Republic of Ireland, Tenderloin(dry-aged for 20days)
5)Carifornia Black Angus beef, Ribeye

でした。

1)の、Skirtの熟成庫で30日間ドライエイジングされたというオーストラリア和牛のリブアイは、後味にはっきりとした旨みが残り、脂の旨みは一番しっかりと感じられました。5)のカリフォルニアのブラックアンガスと同じリブアイでしたが、こちらの方が脂の融点が低く、口の中でとろける感覚が味わえました。

2)の、スネークリバーファームの和牛は、テンダーロイン(ヒレ)ということもあり、とろけるような柔らかい肉質が印象的。鉄分の香りも強過ぎず、程よい味のバランスで、私は海外産の牛肉の中では、一番気に入りました。

3)の、日本の佐賀牛は、脂の甘みが楽しめる肉。噛むとはじける脂の感覚は、きめ細かい霜降りと、脂の融点の温度が低い、日本の和牛ならではという印象でした。

4)の、アイルランドの牛肉は、牧草育ちというだけあり、草原を思わせるような植物の香り、そしてジビエや鴨の肉のような野性的な鉄の香りが濃く、味わいはさっぱりとみずみずしい印象の肉。

5)カリフォルニアのブラックアンガスは、脂のナッツのような香りが強く、脂の香ばしさを味わう肉。赤身の部分も、噛めば噛むほど味が出るような印象でした。


お店のおすすめのサイドディッシュは3品。

th_IMG_2315sk.jpg

茎の部分が長いブロッコリーのような、ブロッコリーニをバターでソテーし、生のサクラエビをあしらったSauteed broccolini with sakura ebi(S$15)。サクラエビの海の香りと、プチプチした食感も楽しい一皿です。

シメジや椎茸、ブナピーなど、様々な種類のキノコを、程よい歯ごたえを残してハーブバターで香ばしくソテーした、
Sauteed medley of mushrooms(S$16)


オレキエッテパスタを、マカロニチーズ仕立てにして、アルビュフェラソースで仕上げた、Orecchiette mac and cheese, albufera sauce(S$16)は、鶏の出汁とマッシュルームを煮出したクリームがベースのアルビュフェラソース。焦がしバターのような香ばしさと、自然な、でも濃厚な旨み、そしてもっちりとしたパスタが絶品でした。

デザートは、左から、アールグレイティーのブリュレ、レモングラスとココナッツのブリュレ、チョコレートとヘーゼルナッツのブリュレ、という、3種類のブリュレのセット、Trio Palette Crème Brulee: Milk Chocolate & Hazelnut Coconut&Lemon Grass / Earl Grey Tea(S$20)。

th_IMG_2324sk.jpg

すっきりとした柑橘類の香りのアールグレイのブリュレ、そしてレモングラスの南国らしい香りと、まろやかなココナッツの味わいが広がるブリュレ、そしてチョコレートとナッツでできたクリームのような印象のチョコレートヘーゼルナッツ。


そして、熱々のフォンダンショコラのケーキ、Warm Chocolate Mud, Marinated Strawberries with Mint Crème Fraiche Ice Cream(S$24)は、中から濃厚なチョコレートがトロリ。

th_IMG_2328sk.jpg

甘みとほろ苦さのバランスもよく、チョコレートを食べた後なのにも関わらず、サイドに添えられたイチゴとラズベリーの甘いこと!厳選された材料を使って作っているのがよくわかります。


リゾート感あふれるセントーサ島のスタイリッシュな空間で、新鮮なシーフードや様々なタイプの牛肉をそろえたSkirt。
特に、ドライエイジング・ウェットエイジングなど、その肉のタイプに合わせて、様々な熟成方法を考えた牛肉へのこだわりは特筆もの。今回ご紹介した以外にも、色々な牛肉がそろっていますので、ぜひ、お好みに合うステーキを探してみてくださいね!
サービスも心地よく、記念日など特別な日を祝うのにもピッタリですよ。

th_IMG_2334sk.jpg

<DATA>
■ Skirt(スカート)
営業時間:18:00~21:00(ラストオーダー)・無休
住所:W Singapore Sentosa Cove, 21 Ocean Way, 098374, Singapore
電話: +65 6808 7278
アクセス:中心街からタクシーで20分ほど
※ホテル内のレストランですが、子どもの同伴は8歳~ですので、ご注意ください

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年6月23日
« 前の記事「今月は日本人シェフの競演、$100 Gourmet 前編「IKYU」」へ
»次の記事「【熊本復興支援イベント】100Gourmet 後編・Lewin Terrace」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    ミシュラン一つ星、beniのバレンタインデースペシャルメニュー
    ミシュラン二つ星、クラッシックフレンチ「Les Amis」
    [新店]丁寧な仕事が生きた上質な日本料理「高山」
    [Art at Curate] NY二つ星、Aquavit がシンガポールに!
    *Jaan x **L'Enclume、イギリスの大地の味を表現したコラボレーション
    Le Du x Trisara アジア37位のレストランとラグジュアリーリゾートのコラボ
    [石川フェア] 天狗舞xはし田のスペシャルコラボディナーへ
    S.Pellegrino Young Chef 2017 東南アジア地区予選へ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【褒められ土産Part1】☆アジアNo.1パティシエ「Janice Wong」のスイーツ
    【リゾート・ワールド・セントーサ】ベビー連れでものんびり過ごせる5つの理由
    ミシュラン三ツ星シェフがシンガポールにやって来る!
    【リゾート・ワールド・セントーサ】アクティブ子連れ旅にお勧め5つの理由

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集