海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 「LeVeL33」National Day の花火...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月29日

「LeVeL33」National Day の花火も!世界で一番高い場所にあるビール醸造所


メール プリント もっと見る

「LeVeL33」National Day の花火も!世界で一番高い場所にあるビール醸造所

世界で一番高い場所にあるビール醸造所、LeVeL33。季節限定ビールを含め、様々な出来立てのビールと、素晴らしい眺望の下、モダンヨーロピアン料理が楽しめるレストランです。

th_LeVeL33 Bar & View.jpg

今回、Jimi Tegerdineシェフが新しいメニューを作ったと行くことで、 そのお披露目会に行ってきました!
前回 も、デザートの盛り付けをJimiシェフから直接教わって、参加者同士でその出来を競争するなど、面白い趣向を凝らしてくれる、LeVeL33のテイスティングですが、今回も、テーブルの上に用意されていたのは、ボールペンと「解答用紙」。

担当スタッフからにこやかに、「きょうはビールのペアリング大会です」と告げられます。そう、いつもLeVeL33のメニューには、お料理一品一品にお勧めのペアリングのビールが書かれているのですが、今回はそれを自分で当ててみましょう!というもの。レストラン紹介をしている身としては、かなりしびれる展開です。

「もちろん、好みですので、正解はありませんよ」と言う言葉とともに、そこへ、LeVeL33で作られた定番の5種類のクラフトビール、Beer Tasting Paddle(ビア・テイスティング・パドル、S$23.33)が運ばれてきます。

th_1IMG_3104.jpg

左から、Blond Lager(ブロンド・ラガー)、Wheat Beer(ウィート・ビアー)、Indian Pale Ale(IPA、インディアンペールエール)、House Porter(ハウス・ポーター)、Stout(スタウト)となっています。

そして、醸造責任者の Gabriel Garciaさんからのお話を聞きながらのテイスティングスタート。

th_1IMG_3110.jpg

ビール造りのこだわりについてお話をしていただきますが、もちろん答えはおろかヒントも教えてもらえません。

最初に出てきたのは、14:30~のみオーダーできる、Beer Diningメニューから。Celeriac Taco(セルリアック・タコ、S$18)。※写真はいずれも、テイスティングサイズです。

th_1IMG_3113.jpg

タコスを再解釈した料理で、Indian Pale Aleで煮込んだ豚の膝肉に干し草の香りをつけたもの、上に散らされたバターナッツと呼ばれるかぼちゃのサラダは、ヨーグルトとBlond Lagerにスイートチリを合わせ、上の緑の唐辛子の酢漬けと相まって、ほんのりスパイスが効いているのが特徴です。
後から聞いたGabrielさんからのコメントは、「スパイシーなものには、IPAが合うんです」ということで、答えはIPA。

Game Pie(ゲームパイ、S$18)は、ビール粕を使ったしっかりとしたクラストの中に、蒸し煮にしたウサギ、ほろほろ鳥、ウズラ、豚肉に、picalilli(ピカリリ)というマスタードとターメリックを使ったピクルスのようなもの、マスタードとクランベリーのソースが添えられています。

th_1IMG_3127.jpg

ゲームミートと言われると、野性的な香りが強い印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、これはクセのない優しい味。固めのブリオッシュのような香ばしいクラストと、相性が良かったです。穏やかな味わいに、酸味の効いたマスタードのソースがアクセントになっていました。
同じく、Gabrielさんによると「すっきりした味わいのブロンドラガーがベストマッチ」とのことです。

ここからはアラカルトメニュー。前菜は、ベジタリアンメニューのBeetroot(ビートルート、S$19.5)。

th_1IMG_3130.jpg

じっくりと火を通したビートルートに、ビートルートのソルベ、チップス、ピュレ、そして山羊のミルクのフレッシュチーズなど。上には、ビートルートの粉を散らした甘いメレンゲが添えられ、味わいが重すぎないように、アイスプラントのシャキシャキしたみずみずしさでバランスを取っています。甘い香りと香ばしさのあるアーモンドがアクセントになっています。クリーミーさに、ビートルートの自然な甘さや土の香りの印象が加わり、ナッツのコクがある。答えは、しっかりとした濃厚さ、キャラメルのような香ばしさのある、Porterでした。

続いては、Salmon Pastrami(サーモン・パストラミ、S$25)ブラウンシュガーと酒、コリアンダーシードや胡椒などで2日間マリネをしたアイルランド産のサーモンは、ほぼ生の刺身のような印象。山羊のミルクのフレッシュチーズ、ベルモットとライムのジェルを加えて、すっきりとした味わいになっています。こちらは、柑橘類やバナナなどのフルーティーな香りが重なる、Wheat Beerと合わせて。

Pig & Snail(ピッグ・アンド・スネイル、S$26.5)

th_1IMG_3140.jpg

に関しては、イベリコ豚のあごや頬肉を低温調理し、パン粉をまぶして揚げたものに、ガーリックの香りのエスカルゴと香ばしいベーコンのチップを乗せて。下には香りのよい根セロリのピュレ、ドライトマトと渋みと酸味のあるルッコラのペストソース。揚げ物のカリカリした食感には、すっきりとしたBlond Lagerが正解でした。

そして、メインはなんと、Kangaroo...カンガルー!(S$39)

th_1IMG_3152.jpg

環境への負荷の少ない、サステイナブルな食材として注目を集め始めているカンガルー。Jimiシェフに、なぜカンガルーかをお聞きすると、サステイナブルである以外に、まだオーストラリア以外では珍しい食材であること、カンガルーの肉のテクスチャーは牛肉に近いけれど、味わい自体は牛肉と鹿肉を合わせたような魅力があること、「自分は肉の焼き加減は、レアかミディアムレアが好き。カンガルーはこの火加減で調理すると最高においしいんだ」とのこと。

th_1IMG_3116.jpg

確かに、赤身の肉は、言われなければ、牛肉と勘違いしてしまいそう。ミディアムレアに焼き上げた柔らかいもも肉を、洋梨と合わせています。カンガルーのいるオーストラリアに自生している、レモンマートルの香るソースとともに。グリルしたベビーコーンやトマトの自然な甘み、そしてナスターチウムの葉のピリッとした印象。ガーリックとポルチーニ茸のクランブルは、大地の香りを漂わせます。Stoutだと重すぎるバランスなので、Porterが正解でした。

Sharing
今年のWorld Gourmet Summit(ワールド・グルメ・サミット) 2016で、好評を博したLamb Biryani Risotto(ラム・ビリヤニ・リゾットS$140、3~4人前 ※こちらのポーションなので、日本人だともう少し多くの方で分けられると思います)が新しくメニューに入りました。

th_1IMG_3163.jpg

Jimiシェフ手作りのビリヤニスパイスとマサラチャイで香りをつけた米のクリームを混ぜこみ、子羊の鞍肉と炭焼きの自家製の子羊のベーコンを重ねてあります。冷めないように石の器で提供され、ビールにもぴったりなのだとか。ほうれん草と、Blond Lagerで漬けたライムのピクルスとともに。スパイシーですが、今回の答えはStout。黒ビールならではの濃厚なコクと麦芽の甘味が、パンチのあるスパイス感を包み込むようなバランスになっていました。Gabrielさんによると、「スパイスが効いているから、IPAと思われがちだけれど、ほうれん草に入っているチーズとStoutが合う」とのことでした。

Side
付け合わせには、ベジタリアンメニューのHeritage Carrot(ヘリテージ・キャロット)。カシューナッツ、そしてIndian Pale Aleとタマリンドのジェルが加わっています。こちらは、柑橘の香りが人参の甘味を引き立てる、Wheat Beerでした。

最後のデザートは、Smoked White Chocolate(スモークド・ホワイト・チョコレート)キャラメリゼしたホワイトチョコレートに、薄切りのパイナップル、バターの香る蜂蜜のビスケット、抹茶のカスタードソースとスポンジで締めくくり。

th_1IMG_3166.jpg

結果は、同率1位が2名、私は1問間違えて3位でした。優勝者には、大きなボトルが渡され、出来立てのクラフトビールの中で、好きなビールを持ち帰れる、というプレゼントが。テラス席や広いダイニングエリアだけでなく、個室もあるので、こんな風に遊び心あふれるイベントを開催するのにもぴったりの場所。パーティなどは、ぜひ、スタッフに相談してみてくださいね。

th_GetInline.aspx.jpg

(実際の花火の位置は、やや右、ほぼ写真中央となります)
また、今年の8月9日、ナショナルデーは、National Stadiumで行われます。このLeVeL33のテラスからは、正面にスタジアムが望めて、花火もしっかり楽しめるロケーション。

当日はシンガポール料理にフォーカスした特別メニューSingapore Platter(2人前でS$50、Black vinegar roast pork, Chicken rice arancini and pickled chili mayo, cereal prawn with lemongrass emulsion, beef and hazelnut satay and soy and pan seared coconut brioche and pandan jam)や、Singapore Sling(S$23)が提供される予定です、興味のある方はぜひ問い合わせてみてくださいね。


■LeVeL33 (レベルサーティースリー)

営業時間:11:30~24:00(月~水曜)、11:30~26:00(木~土曜、祝前日)、12:00~24:00(日曜)
住所:8 Marina Boulevard #33-01, Marina Bay Financial Centre Tower 1, Singapore 018981
電話: +65 6834 3133
アクセス:MRTラッフルズプレイス駅から徒歩5分
(マリーナベイファイナンシャルセンター、タワー1。専用エレベーターは正面受付を左、少々分かりづらい場所ですのでご注意ください。)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 見所・観光・定番スポット
2016年7月29日
« 前の記事「007が愛したシャンパンBollingerとEnotecaのスペシャルランチ」へ
»次の記事「寿司界の風雲児!伝統を大切にしながらも、自由な発想で楽しむ寿司体験、「はし田」」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「Gattopardo」リゾート感あふれるシチリア料理店で新鮮な海の幸をいただく
    【花火情報あり】マリーナベイビュー、世界一高い場所にあるビール醸造所「LeVeL33」
    【リゾートワールドセントーサ】がラグジュアリーな大人旅にぴったりな5つの理由

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集