海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 10月1日は乾杯の日!シンガポールでも一斉乾杯

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 6日

10月1日は乾杯の日!シンガポールでも一斉乾杯


10月1日は乾杯の日!シンガポールでも一斉乾杯

もともと、新米を収穫し、日本酒を作り始める時期であること、また10月が十二支の酉の月にあたり、酒を意味する感じである、と言うことで1978年に日本酒造組合中央会によって制定された、10月1日の日本酒の日。
この日に、日本と世界で一斉乾杯をして「乾杯の日」として定着させていきたい、というイベントが、世界に広まり始めています。

th_1IMG_6003.jpg

3年前はシンガポールと佐賀で行われたこのイベントですが、去年は日本で初めて、全国一斉乾杯が行われることとなり、シンガポールと日本でおよそ4万6906人の参加者が集まりました。

今年も、東京会場の明治記念館には約500人の日本酒愛好家が集結。

シンガポール側のメイン会場には151名、それ以外にも18軒の参加レストランで振る舞い酒が提供されて、同時乾杯が行われ、日本各地での乾杯を合わせると、のべ7万6393人が参加。

シンガポールのメイン会場、セントーサゴルフクラブで行われた乾杯イベントにお邪魔しました。

th_1IMG_6038.jpg

入り口では、シャンパンの代わりに、スパークリングの日本酒がふるまわれ、その後は自由に試飲ができる仕組み。

th_1IMG_5936.jpg

同時乾杯は、シンガポール時間午後7時(日本時間午後8時)で、東京側での発声は、佐賀県の蔵元、天山酒造の6代目、七田謙介さん、

th_1IMG_5983.jpg

シンガポールのメイン会場では、主催の酒サムライ・清永真理子さん、そして日本から駆け付けた岐阜県飛騨の酒蔵、天領酒造の9代目、上野田又輔さんと、「蓬莱泉」で知られる関谷醸造の7代目、関谷健さんが行いました。

th_1IMG_5997.jpg

スカイプ中継のスクリーンに、東京の映像とともに、カウントダウンの数字が映し出され、国境を越えたにぎやかな乾杯になりました。清永さんも「去年の約2倍の151人が集まった。日本人以外の参加者も増えている」と笑顔。

th_1IMG_5999.jpg

お料理は、スパイスの効いた魚のすり身をバナナの皮に包んで焼いた「オタ」など、シンガポール料理を中心としたビュッフェ形式。日本各地の酒蔵から集まった24種類の日本酒と、自由に組み合わせて楽しみます。

th_1IMG_5942.jpg

参加はチケット(前売りS$88++、当日S$108++)を購入する仕組み。

Facebookで情報を見て、チケットを購入したというロシア出身のナタリアさんは、

th_1IMG_6007.jpg

「日本に数か月間滞在したことがあり、その時に日本酒の魅力を知った。日本酒は一人で4合瓶1本くらいは飲むけれど、上質なワインと同じで、翌日二日酔いにならないのでうれしい。ワインと同じように、米の種類や醸造工程によって味が違うから、こんな風に色々なタイプの日本酒を一度に楽しめるイベントは貴重」と語ります。


会場では、日本酒のタイプが爽酒、薫酒、醇酒、熟酒といった日本酒の基本的な味わいのタイプや製法などが日本語と英語で紹介されました。
ビンゴ大会で、浦霞と一ノ蔵が当たったカナダ人の女性は、

th_1IMG_6036.jpg

「日本酒は個性が強すぎず、口当たりが滑らか。どんな料理にも合うので、これまでもよく飲んでいたけれど、色々な種類があることがよくわかった。これから銘柄や味わいの違いを、もっと知っていきたい」と語っていました。


私と一緒に来てくれたフランス人の友人は、シンガポールに来て日本酒が好きになったのだとか。秋限定のひやおろしを飲んで、「日本酒に季節限定の味があるとは初めて知った。熟成感があって、フランス料理にも合いそう」と話していました。
th_1IMG_5970.jpg

th_1IMG_6040.jpg

天領酒造の9代目、上野田又輔さんは、アメリカに留学してワインの流通を学んだこともあるそう。

th_1IMG_5947.jpg

「下呂温泉のすぐそばにある酒蔵だけに、地下水が豊富。うちの酒は蔵の井戸に湧く超軟水の地下水だけで作られているので、口当たりがとても滑らかなのが特徴」と語ります。この日は、35%まで磨いた山田錦を使い、絞らずに袋から落ちるしずくを集めて作ったという、メロンのような上品で繊細な香りが特徴の「天禄拝領大吟醸」、地元飛騨産の米「ひだほまれ」の旨味を感じる「ひだほまれ純米吟醸」、炭酸ガス注入式で、炭酸水ペリエの5倍の炭酸という、アタックのはっきりした泡と、やや甘口の味わいが特徴の「すますまスパークリング」の3種類を披露。「暑さもあるせいか、シンガポールではスパークリングが一番人気」だったそう。ちなみに、このすますまスパークリングは、100%地元産。「米、水だけでなく、酵母も『岐阜清流酵母』という地元のものを使っているのが自慢です」と語ります。

th_1IMG_6011.jpg

もう一つの酒蔵、「蓬莱泉」で知られる愛知県の関谷醸造の7代目、関谷健さんは、「蔵の裏山から湧き出す水だけを使っている」のだそうで、「辛口に作っても、辛口だと感じてもらえないほど」柔らかい味わいが特徴だとか。今回は、シャンパンと同じように瓶内二次発酵して作ったスパークリング、「蓬莱泉やわくちスパークリング」、一年間熟成した奥行のある味が人気で、日本でも入手が困難な「蓬莱泉 空 純米大吟醸」、そして空よりもフルーティで華やかな「蓬莱泉 美 純米大吟醸」の3種類を紹介。「実は、空は後味を軽くするために麹にする前の米をさらに削って作った、手間のかかったお酒。同じ本数を持ってきたけれど、空が一番早くなくなった。『柔らかな味、滑らかなテクスチャー』というフィードバックを得ている。味が気に入って、リピートでいらした方が多い。シンガポールは、日本酒に対する味覚が洗練されていて、日本酒の好みも日本に近いと感じた」とのこと。


世界に日本酒を広める活動をしていることが評価され、日本酒造青年協議会による「酒サムライ」の称号も持つ清永さん、日本とシンガポールを行き来しながら、日本酒ペアリングイベントも行っていくそう。


10月28日には、清永さんもゲストとして参加するという、日本名門酒会シンガポール大試飲会が行われます。詳しくはこちら をご覧ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 夜遊び・クラブ・お酒
2016年10月 6日
« 前の記事「Winery of the year 2016 受賞、Allegriniスペシャルランチ」へ
»次の記事「ハル山下シェフ&Scott Websterシェフ、リゾートワールドセントーサ、二人のセレブリティ...」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [台湾] アジアのシェフが集う、International Chefs Summit Asia 2018
    [マカオ]人気中国料理シェフを迎えた新生Wing Lei Palaceへ!
    [香港]ミシュラン三ツ星、アジア24位の中国料理「龍景軒」
    [香港]ミシュラン一ツ星 「Epure」優雅で軽やかなオーセンティックフレンチ
    プーケットの「天国」Paresa Resort Phuket
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ガーデンバイザベイPOLLENとオランダシェフの夢の競演
    マリーナベイサンズにゴードン・ラムゼイの新店!「ブレッドストリートキッチン」
    洗練されたシンガポール料理の先駆け「Wild Rocket」
    お姫様気分を味わえる王道ホテルフレンチ「Brasserie Les Saveurs」
    「4XFOUR 」個性あふれるスターシェフ4人が期間限定レストランをオープン!
    ミシュラン星付きシェフの味が、今度は2人で100ドルに!
    シンガポールを代表するペストリーシェフの店、Antoinette
    シンガポールと日本を乾杯でつなぐ!10月1日は「日本酒の日」

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集