海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > Winery of the year 2016 受...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 4日

Winery of the year 2016 受賞、Allegriniスペシャルランチ


メール プリント もっと見る

Winery of the year 2016 受賞、Allegriniスペシャルランチ

世界のワインを扱う、日本のワイン専門商社、Enoteca(エノテカ)。シンガポールでもオーチャードの高島屋シンガポールの地下2階に小売店がありますが、メインはファインダイニングを中心にした、レストランへの卸なども行っています。

th_1IMG_6077.jpg

今回、取り扱いを始めて2年になるというイタリアのワイナリー、Allegrini(アレグリーニ)から、6代目のMarilisa Allegriniさんを招いてのメディアイベントが行われました。

th_1IMG_6045.jpg

格付けで有名なイタリアワインのガイドブック、Gambero Rosso(ガンベロ・ロッソ)でワイナリー・オブ・ザ・イヤーに輝き、アメリカのWine Spectator(ワイン・スペクテイター)誌のトップ100ワインに6回も輝いた、ヨーロッパ唯一のワイン、Palazzo Della Torreなどのワインを擁しています。

Marilisaさんは6代目ですが、ワイン畑を買い、事業を拡張したのは父Giovanniさんの代。今は亡きGiovanniさんから教わったことは?とお聞きすると、「父はワインづくりに情熱を傾けた人生を送った人。そのアドバイスは本当に数えきれないくらいあるわ。だけれど、あえて一つ挙げるとしたら、『土地を買え、そして決して売るな』という事かしら。」
と話します。

th_1IMG_6056.jpg
(今も家族経営でワイン造りを行っています)

その言葉通り、現在、Allegriniのブランドだけでなく、手ごろな価格帯で、若者にも手が届く、クオリティの高いデイリーワインを提供するブランド、Corte Giara(コルテ・ジャーラ/ヴェネト州)を1989年に設立、2001年にはPoggio al Tesoro(ポッジョ・アル・テゾーロ/トスカーナ州・ボルゲリ)、2007年にSan Polo(サン・ポロ/トスカーナ州・モンタルチーノ)を設立するなど、様々な気象条件の地域で合計4つのブランドを手掛けています。

Marilisaさんは、「ちょっとした地域の差でブドウの味は大きく変わります。風通し、日当たり、水はけ。この3つの条件がそろった土地を選んでいるのです」と語ります。

th_1IMG_6050.jpg

こだわっているのは、全部自社のブドウでワインを作っていること。それは、ブドウの栽培から、自分たちの哲学に従って行わなければ、自分たちのスタイルを貫くことはできない、という思いから。最近では、すべてのブドウ畑でオーガニック栽培を開始。「確かに、手間もお金もかかる。たとえば、病気を防ぐ対策にしても、オーガニックのスプレーは、表面を覆うだけなので、一度雨が降ったらすべて流れてしまう。根から吸い上げる農薬なら、15日は持つ。だけれども、私たちがオーガニックを始めたのは、流行だから、ではなくて、本当に良いものを作りたいから。自分たちが作るものの中に、有害なものが含まれているという風にはしたくない」と語ります。認証にはオーガニック栽培を始めてから6年かかり、来年から少しづつ、晴れてオーガニック認証のワインの供給が始まるのだとか。

th_1IMG_6074.jpg

そして、アレグリーニを有名にしたのはAmarone(アマローネ)と呼ばれる独特の製法で造る赤ワイン。Corvina(コルビーナ)と呼ばれるブドウを100日以上乾燥させて水分を減らしてから醸造しています。
Corvinaは、シラーズなど、他のブドウに比べて粒が大きく皮が厚いため、乾燥した後のバランスが良いのだとか。
乾燥する段階でカビなどが生えてしまうと使えなくなってしまうため、丁寧な扱いが必要になりますが、完熟したブドウを収穫するため、割れなどを防ぐために、手が触れないようにすること、特別な乾燥室を作ることで、この問題を解決したそうです。


そんなワインを、Resort World SentosaのHotel Michael 内のイタリアンレストラン、Fratelliのペアリングメニューと共にいただきました。

まずは、一口サイズのスモークサーモンとクリームチーズのアミューズに続いて、

th_1IMG_6081.jpg

Buffalo Mozzarella Cheese served with Medley of Tomatoes & Basil Pesto Sauce.

th_1IMG_6088.jpg

Allegrini Soave DOC 2014と合わせます。

黄金色の色彩通り、熟したパイナップルやマンゴーのようなトロピカルな香りのあるソアヴェは、とっても甘いトマトの甘味と酸味とのバランスも絶妙。バルサミコが、蜂蜜のようなニュアンスと複雑味を加え、モッツァレラチーズのクリーミーさが全体をマイルドに仕上げます。

続いては、Tomato soup Marinated Sicilian 'Rosso Di Mazara' Red Prawns

th_1IMG_6098.jpg

シチリア産の甘い生のエビに、トマトとクリームの濃厚なスープをかけて、一緒にいただくスープ。
ペアリングは、ロゼのPoggio Al Tesoro Cassiopea Rosato DOC 2014と、赤のAllegrini Valpolicella DOC 2015。
キャンディーにしたベリー類のような甘い香りのあるロゼは、フレッシュなエビの甘味にフルーティーな華やかさを加え、赤のヴァルポリチェッラはさらに深いチェリーやジャムにしたベリー、キャラメルやチョコレートのようなコクのある味わいで、トマトクリームスープの濃厚さとマッチしていました。

th_1IMG_6107.jpg

メインディッシュは、Braised Beef Short Ribs Truffle mashed Potatoes & Granny Smith Apple Spheres

th_1IMG_6118.jpg

トロトロに煮込んだ牛のショートリブに、トリュフを刻みかけたマッシュポテトと、青リンゴのシロップ煮。

ペアリングのワインは、San Polo Brunello Di Montalcino DOCG 2009と、シグネチャーのAllegrini Amarone Della Valpolicella Classico DOC 2011。

th_1IMG_6104.jpg

ややレンガ色のニュアンスのあるBrunelloは、スミレや、落ち葉の積もった秋の森のような深い香りがあり、後味にほんのりとスパイシーな印象が残ります。滑らかなタンニンと相まって、個人的にも大好きな味でした。

th_1IMG_6111.jpg

そして、アマローネは、エイジングしたような、レーズンに似た、凝縮した甘い香りがあるものの、味わいはそこまで甘くなく、牛肉と合わせると、ちょうどマディラワインのソースと合わせた時のような、深みのあるソースのように感じられ、ペアリングの妙を実感。Marilisaさんは、プライベートでは肉料理以外にも、パルミジャーノのような、熟成したチーズなどにも合わせるそうです。

そしてデザート、Modern version of the clasic Tiramisu cakeは、

th_1IMG_6122.jpg

カプチーノムースを添えた「ティラミスの再構築」チーズケーキ。アマローネと比べると甘いレチョート、Corte Giara Recioto Della Valpolicella DOC 2014と。アマローネは、1リットル当たり4gのアルコール化していない糖が残っているそうですが、レチョートは同じ1リットル当たり100~120gの糖が残っているとか。ソーテルヌのように甘い香りが漂い、味わいもとろりと甘いワイン。とはいえ、自然な甘さでべたつきがなく、食事の後でも、すっと飲めるワインです。Marilisaさんは、クリームチーズやダークチョコレートと合わせるそうですが、それも納得の味。まるでお皿の外のソースのように、チーズケーキにフルーティーさと上品な甘みを加えています。ほろ苦いカプチーノムースも、甘味の輪郭を際立たせる役割を果たしていました。

th_1IMG_6125.jpg

また、うれしいのはこうしたワインが、お手頃な価格で手に入ること。
Wine Spectator誌のトップ100ワインに、6回選ばれたというPalazzo Della Torreにしても、US$30ほどで手に入るそう。

また、アートとのコラボレーションも行っていて、エルミタージュ美術館の210周年記念のワインとして、AllegriniのAmaroneが選ばれたのだとか。

th_1IMG_6092.jpg

伝統は次の世代に受け継がれていきます。Marilisaさんの24歳の次女Caterina(カテリナ)さんは、現在Allegriniのマーケティングなどを担当しているそう。「私が初めて父の仕事を手伝い始めた時、従業員は10人だけだった。だけれども、今は120人を抱える大所帯。娘には、組織を統率していく方法を考えなさい、と言っています」

16世紀から続くワイナリー。クラッシックなローマのヴィラ様式の建物は14世紀~16世紀の間に建てられた、歴史建築としても貴重なもの。宿泊施設もあり、料理教室なども行っているそうで、個人的にも、いつかワイナリーにもお邪魔してみたいと、夢をふくらませています。

<DATA>
■Enoteca Singapore(ワインショップ・エノテカ シンガポール高島屋店)
営業時間:10:00~21:30
住所:Gourmet World, B2 02-1 Takashimaya Department Store, 391 Orchard Road, Singapore 238873
電話:+65 6836 3068
アクセス:MRTオーチャード駅徒歩4分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2016年10月 4日
« 前の記事「20年の友情が紡いだコラボレーション「Lewin Terrace x beni」」へ
»次の記事「10月1日は乾杯の日!シンガポールでも一斉乾杯」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ガーデンバイザベイPOLLENとオランダシェフの夢の競演
    マリーナベイサンズにゴードン・ラムゼイの新店!「ブレッドストリートキッチン」
    洗練されたシンガポール料理の先駆け「Wild Rocket」
    お姫様気分を味わえる王道ホテルフレンチ「Brasserie Les Saveurs」
    「4XFOUR 」個性あふれるスターシェフ4人が期間限定レストランをオープン!
    ミシュラン星付きシェフの味が、今度は2人で100ドルに!
    シンガポールを代表するペストリーシェフの店、Antoinette
    シンガポールと日本を乾杯でつなぐ!10月1日は「日本酒の日」

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集