海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 今日まで!Hal Yamashitaシェフ&Sco...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月15日

今日まで!Hal Yamashitaシェフ&Scott Websterシェフ、厳選食材で生み出した味の競演


メール プリント もっと見る

今日まで!Hal Yamashitaシェフ&Scott Websterシェフ、厳選食材で生み出した味の競...

先日 ご紹介した、ともにリゾートワールドセントーサに店舗を構える、「Syun(春)」のハル山下こと、山下春幸シェフと、ミシュラン一ツ星、Osia(オシア)のScott Websterシェフとの味の競演。初日の今日、お邪魔してきました!

chef hal and scott.jpg

山下シェフは、Scottシェフが毎年4回行っている、Cooking with Friendsというイベントのゲストシェフとしての参加。会場はOsiaの、ガラス張りの解放感あふれる店内のオープンキッチン。お互いのシグネチャーメニューを交互に出していくというスタイルで、5コースが出てきます。

まずは、山下シェフによる冷たい前菜、
Scallop and Toro and Maguro Tuna Tartar with Smoked Soy Sauce

th_1IMG_6550.jpg

パッケージに入った和菓子のようなしつらい。市販の和菓子のように、きちんと封をされた袋の端を破って開くと、なんとフレッシュな海鮮がたっぷり詰まった最中が出てきて、意外性たっぷり。

th_1IMG_6551.jpg

特に油分の多いソースを敷いたりしているわけではないので、最中は水分を吸ってしまわないのですか?と山下シェフにお聞きすると、「湿気の多いシンガポールだけに、ちょっとだけオーブンで最中の皮を温めて、それから大急ぎで詰めれば、大丈夫なんですよ」と、教えてくれました。

th_1IMG_6557.jpg

中は、紫蘇の葉を敷いてありました。ホタテの甘味、マグロの旨味、そして最中の皮にはお米の香ばしさがたっぷり。サクサクの皮と、刺身の食感の対比が楽しめるだけでなく、乾いた最中の皮のおかげで、中の刺身のフィリングのみずみずしさが際立ちます。

そして、山下シェフによるシグネチャーのSignature Sea Urchin Rolled By Ohmi Beef Topped with Smoked Caviar
カッティングにもこだわったという牛肉の滑らかな肉質と、ウニのクリーミーさ、キャビアのコクが口の中でとろける一品。濃厚さをポン酢のゼリーで引き締めています。そして、酸味でより際立ったウニの香りの余韻が口の中にしばらく広がり、ウニ好きにはたまらないひと時。

続いて、Scottシェフによるフォワグラの前菜、シグネチャーの、Foie Gras。

th_1IMG_6560.jpg

テーブルに届いた瞬間、ふんわりと漂うバニラの香り。
トウモロコシの粉をまぶして焼き上げたフォワグラ、サイドには、エスプーマ、その上には甘いメレンゲ、コンポートなど、様々なテクスチャーのパイナップルが添えられています。そして、ソースはバニラビーンズとバターをたっぷり使い、ヴィネガーをアクセントに利かせた塩キャラメルのような香ばしさのあるソース。上にはコリアンダーの葉をあしらってあります。パイナップルの温かいエスプーマはココナッツが効いたピナコラーダ風、サクサクのメレンゲが全体を軽やかに仕上げます、甘い要素が多いものの、パイナップルのコンポートには塩とスパイスを利かせて、全体を甘すぎないバランスに仕上げるのはさすが。トウモロコシの粉の軽い歯触り、完璧な火入れで、フォワグラ自体のクリーミーさを楽しめるコンビネーションに仕上がっていました。

魚のメインは、山下シェフ。
Grilled Saikyo Miso Cod with White Miso Cream Truffle Sauce, Mashed Potato and Japanese Sweetened Chestnut with Sea Urchin Moose

th_1IMG_6567.jpg

Syunで使っているという黒地の和柄のお皿に、菊や撫子など、鮮やかな秋の彩。まるで、金刺繍の豪奢な着物、あるいは紅葉がつづれ織りのように一面に流れる川面を見ているような、華やかさに思わず息をのむプレゼンテーション。

フォワグラの後でも負けない、脂の乗った銀鱈を、麹がふんわりと香る白味噌焼きに。

th_1IMG_6569.jpg

贅沢にトリュフをあしらった下には、トリュフの香りのマッシュポテト、日本の栗の甘露煮、そして、私が何よりも気に入ったのが、ウニのムース。生クリームとウニを混ぜてエスプーマでフォームにして提供しているのですが、もっちりとした食感と、ウニの余韻の深い旨味が重なって、まさに絶品。生クリームのような味の上質のウニを、本物のクリームでそのクリーミーさをさらに持ち上げたような印象です。お聞きすると、実はこの栗の甘露煮とウニのデザートも考案中なのだとか。ベーコンをデザートに使う、というのは体験したことがありますが、シーフードを使ったデザートというのはまだ頂いたことがなく、とっても楽しみ。そして、甘い味を引き締める、穂紫蘇、そして、ハーブのような香りと、ほのかな苦みのある菊が、見た目だけでない存在感を放っていました。このコラボレーションの為だけに特別にアレンジされた一皿です。

肉のメインディッシュは、タスマニアの牧場でScottシェフが選び抜いた、乳のみ仔羊。

th_1IMG_6582.jpg

ロースはグリルに、すね肉は煮込んで、サクサクのフィロで巻いてあります。下にはもっちりとした食感のスペルト小麦のリゾット、サイドにはナスとペコリーノチーズのソースがあしらわれています。
まず、この子羊、本当に柔らかく、肉汁にミルキーなニュアンスがあることにびっくり。「素材を大切に、手をかけすぎずに提供する」というScottシェフ。ソースを上からかけず、下に敷くだけにしているので、肉の味わいをそのまま味わってから、下のソースやリゾットと共に楽しめる盛り付け。素材の良さもさることながら、肉のきめ細かさ、繊細でジューシーな味わいを最大限に引き出すテクニックも、さすがでした。上に散らしたトウモロコシの若芽が、自然な甘みをプラスしています。

th_1IMG_6579.jpg

そして、逆に旨味たっぷりのすね肉はしっかりとパンチのあるカレーヨーグルトソースと共に。羊と相性の良いクミンなどのエキゾチックな香りに、どこかマスタードのようなまろやかな酸味のニュアンスもあり、仔羊のもう一つの魅力を引き出していました。
そして、オーストラリア中を回って、野生のフルーツやスパイスを探すことが今の最大の関心事だというScottシェフならではのアクセントが、オーストラリアに自生するプラムの一種、Quandong(豪州白檀の実)。オレンジジュースに漬けてからオーブンで焼き上げたそうですが、甘酸っぱい味わいは、特にクミンなどのスパイスと好相性のように感じられました。

最後はデザート。
Scottシェフによるこちらもシグネチャー、Hot Chocolate Soup。

th_1IMG_6602.jpg

スープという名前ですが、フォンダンショコラと、胡椒のアイスクリームの組み合わせ。
熱々のフォンダンショコラに、冷たいアイスクリームをかけて、温度の対比を楽しんで、という言葉と共にサービスされます。アイスクリームで冷たいはずなのに、胡椒を使っているので、口の中がポカポカと温かくなる、それでもアイスクリームなのに冷たい...という、アイスクリームだけでも異なった印象がある上に、フォンダンショコラとの実際の温度の対比が重なり、とても重層的で面白いデザート。この胡椒も実は、Scottシェフのこだわり。タスマニアでとれる、Dorrigo Pepperという木の葉を乾燥させたものと、その実を使っているそう。黒胡椒のような香りで、辛みよりも甘さを感じる香りです。ゴマをまぶし、ほんの少しだけシナモンやナツメグなど、温かみのあるスパイスを使ったチュイルと共にいただきます。濃厚なチョコレートと、このDorrigo Pepperの薫り高さがぴったりと合い、シグネチャーと呼ぶのにふさわしい、忘れられない味でした。

イベントは明日まで行われます。2人のセレブリティシェフの、2晩限りのコラボレーション、とってもお勧めです!予約は以下のメールまたは電話でお問い合わせください!

<DATA>
■ Cooking with Friends Scott Webster & Hal Yamashita
会場:Osia Steak & Seafood Grill(オシア・ステーキ・アンド・シーフードグリル)
開催日時:10月14日(金)、15(土)19:00~
料金:5コースS$158++、ワインペアリング付S$198++
住所:Resort World Sentosa 8 Setosa Gateway, Festive Walk
電話: +65 6577 6688
Email:osia@rwsentosa.com
アクセス:シンガポール中心地からタクシーで30分ほど

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2016年10月15日
« 前の記事「ハル山下シェフ&Scott Websterシェフ、リゾートワールドセントーサ、二人のセレブリティ...」へ
»次の記事「ミシュランシンガポール・オフィシャルパートナー、Robert Parkerのワイン会」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ガーデンバイザベイPOLLENとオランダシェフの夢の競演
    マリーナベイサンズにゴードン・ラムゼイの新店!「ブレッドストリートキッチン」
    洗練されたシンガポール料理の先駆け「Wild Rocket」
    お姫様気分を味わえる王道ホテルフレンチ「Brasserie Les Saveurs」
    「4XFOUR 」個性あふれるスターシェフ4人が期間限定レストランをオープン!
    ミシュラン星付きシェフの味が、今度は2人で100ドルに!
    シンガポールを代表するペストリーシェフの店、Antoinette
    シンガポールと日本を乾杯でつなぐ!10月1日は「日本酒の日」

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集