海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 「Jiang Nan Chun」新年の運気も急上昇...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年1月11日

「Jiang Nan Chun」新年の運気も急上昇?シンガポールの旧正月に欠かせない、ダイナミックな魚生はいかが?


「Jiang Nan Chun」新年の運気も急上昇?シンガポールの旧正月に欠かせない、ダイナミックな魚生...

あけましておめでとうございます!

th_1IMG_0517.jpg

一年のうちの最大のお祭り、旧正月、今年は1月28日と、間近に控えたシンガポールでは、お祝いムード満点!日本のお正月と同じように、親戚一同で集まってテレビを見たり、おしゃべりしたり。中でも、シンガポールならではのお正月の祝い方が、魚生(Yu Sheng)と呼ばれる魚の刺身を使ったシンガポール独自のお料理を食べること。日本でお正月におせちやお雑煮が欠かせないのと同じように、この時期ならではのシンガポール料理です。中華料理の有名シェフによって、1964年に生み出された料理で、中国にはありません。

th_1IMG_0405.jpg

「魚生(中国語で刺身)」という名前の通り、魚の刺身を使った野菜サラダのようなもので、特徴は、それぞれの食材に、縁起のいい意味が込められていると言うこと。例えば、「魚」は、中国語で「余る」という意味と同じ発音で、「生」は、上昇するという意味の言葉と同じ発音。それだけにとどまらず、味付けに使う油は、金運と幸せがよく流れるように、プラムソースは財産を表す、など縁起のいい意味を持つ食材を集めて作られているのです。

th_1IMG_0429.jpg

オーチャード駅からほど近いラグジュアリーホテル、Four Seasons Hotel の中華のメインダイニング、江南春(Jiang Nan Chun)でも、この時期は魚生がメニューに登場。

th_1IMG_0514.jpg

Alan Chanエグゼクティブシェフ特製の魚生が、今回は特別に、20人前が用意されました!

th_1IMG_0436.jpg

ロブスターやアワビなど、高級食材がたっぷり詰まった魚生。みんなでかき混ぜていただきます!
高く上げて落とすのですが、中にはむしろ上に投げ上げる人もいて、とっても盛り上がります。

th_1IMG_0437.jpg

ぜひ家族やお友達と賑やかに楽しんでみてくださいね。

味は、甘酸っぱいサラダのようで、人参や大根が入っているので、少し日本のなますに似ているかもしれません。

th_1IMG_0445.jpg

そして、メディア向けに、「食べられるテラリウム」ワークショップが。

th_1IMG_0452.jpg

2017年は酉年ということで、Sugeeと呼ばれる、セモリナ粉とギー(バターオイル)を使ったシンガポールのクッキー生地で出来たひよこ、マジパンで出来たマンダリンオレンジ、そしてお年玉(アンパオ)の赤い袋、後ろの巣は、シンガポールでスナックとして楽しまれているコウイカの干物で出来ていて、その全てが食べられる、可愛らしい飾り。それぞれにひよこの置き方などが違っていて、個性が出ていて面白かったです。

さて、ここからは、新メニューやおすすめメニューのテイスティング。

Jasmine Tea Smoked Chicken

th_1IMG_0466.jpg

まずは、醤油に漬け込んでから、ジャスミン茶でスモークした鶏肉。こちらは点心の盛り合わせで、テイスティング用の小さなポーションですが、単品を頼むと、ガラスのドームに入って、こんな風に登場します。

th_1IMG_0470.jpg

蓋を開けると、ジャスミン茶とふんわりとメスキートの香りがして、とっても食欲がそそられます。
柔らかい鶏肉は、甘辛味にスモークの香ばしさが相まって、いくらでも食べられそう。嗅覚で食欲を刺激する、スタートに最適の一皿でした。

この他にも、点心の盛り合わせには、トリュフと椎茸の水晶餃子や、ロブスターの甘い身とクリーミーなソースが詰まったカリカリの春巻き。

th_1IMG_0458.jpg

Double-Boiled Fresh Abalone Soup with Dried Scallop and Matsutake Mushrooms

th_1IMG_0471.jpg

続いては、蒸し器に具材を入れた器を入れて、じっくりと火を通したダブルボイルドスープ。ベースとなるスープは11時間以上かけて煮出した中華のコンソメのようなクリアスープで、干し貝柱と地鶏、そして新鮮なアワビのクリアな出汁が、体にしみる美味しさです。アワビはフレッシュなアワビならではのしっかりとした食感。香り高い松茸の味も嬉しいです。体力や食欲が落ちている時などにも良いスープだとか。ハーブなどを使わず、上質な素材の良さそのものを味わってほしい、そんなシェフの心意気を感じる味わいです。

肉料理は牛肉と豚肉から。より伝統的、というポークリブのメニューをチョイスしました。
Pork Rib Marinated with Preserved Red Beancurd

th_1IMG_0478.jpg

豆腐ようのような、中国酒と赤いイーストの酒とともに発酵した豆腐と一緒に6時間煮込んでから焼き上げた豚肉は、まろやかで複雑な旨味が閉じ込められています。

Poached Baby Spinach with Black Garlic and Cordyceps Flower

th_1IMG_0483.jpg

このJiang Nan Chunでは、Wellness Packageと言って、スパなどの利用者など、健康に気を使う人向けのコースメニューなどが用意されていて、ヘルシー志向の方にも嬉しいレストラン。

通常のにんにくより抗酸化作用が2倍と言われている、黒にんにくのスープもその一つです。ほうれん草の若芽と、血圧を下げたり、呼吸器や肝臓の機能を活性化すると言われている、冬虫夏草の仲間が添えられています。
キャラメリゼされたような旨味と甘味がたっぷりの黒にんにくのエキスをそのままスープにして、その大地の香りがほうれん草の野性味を際立たせます。冬虫夏草の仲間、Cordyceps は、えのき茸のようなシャキシャキした食感のアクセントになっていました。

Poached Lobster with Rice in Superior Stock

th_1IMG_0490.jpg

そして、個人的にとても気に入ったのがこのスープ。紹興酒の香りがふんわりと漂うスープで、中には1時間かけでスロークックしたというロブスターが入っています。ロブスターの甘味を十分に楽しめる上、さらに鶏の出汁をベースにしたスープの中には、スープの旨味を吸い込んだお米が入っていて、クリスピーなお米のおこげせんべいを浸しながら、食感の違いを楽しめます。鶏の旨味がたっぷりのスープ、紹興酒が効いているので、温かい紹興酒と一緒に食べるのもとっても良さそうです。

Homemade Almond Tofu with Lychee

th_1IMG_0500.jpg

コルドンブルーで修行したAudrey Yeeエグゼクティブ・ペストリーシェフによるデザートは、薔薇とラズベリー、ライチのグラニテ、その下に杏仁豆腐があります。薔薇とラズベリー、ライチという組み合わせは、Pierre Hermeの有名なマカロン生地を使ったケーキ、イスパファンのコンビネーションですが、そのマカロンを同じアーモンドベースの杏仁豆腐に置き換え、軽やかに仕立てたような印象。見た目は結構ボリュームがあるのですが、香り高いグラニテと、穏やかな甘味のアーモンドが絶品でした。

また、今回の会場となった、人が集まるシーンにぴったりの個室は、個室メニューがS$138〜(ランチタイム)、最低使用料S$1000で使うことが出来ます。65インチの大画面のテレビもあるので、スクリーン代わりに家族のビデオを流したり、仕事のスライドやパワーポイントの映写に使ったりと、ビジネス・プライベート両方で楽しむことができます。

ホテル内のOne-Ninety Restaurant では、2月28日・3月1日にスペインのミシュラン1ツ星レストラン、Rincon de Diegoがスペシャルディナーを提供する他、3月13日〜19日には、ロクシタンとのコラボレーションで、フランスのミシュラン1ツ星のCouvent des Minimes Hotel and SpaのJerome Royエグゼクティブシェフ の、ロクシタンの鍵となるラベンダーやアーモンドなどを使った料理と、スパトリートメントのついたウェルネスプランが提供されるなど、美味しいものが好きな人には見逃せないイベントが色々。詳しくは、近々ウェブサイトにアップされる予定なので、ご確認下さいね!

<DATA>
■Jiang-Nan Chun(江南春)
営業時間:ランチ11:30〜14:30、ディナー18:00〜22:30、週末はウィークエンドブランチあり(いずれも無休)
住所: Four Seasons Hotel Singapore, 190 Orchard Boulevard, 248646 Singapore
TEL:+65 6831 7220
URL: http://www.fourseasons.com/singapore/dining/restaurants/jiang_nan_chun/
アクセス:MRTオーチャード駅徒歩8分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年1月11日
« 前の記事「伝統を革新へ、はし田&Grace Wine コラボレーションディナー!」へ
»次の記事「「Treasures of Nagasaki」銀座久兵衛とStellar at 1-Altitude の...」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [台湾] アジアのシェフが集う、International Chefs Summit Asia 2018
    [マカオ]人気中国料理シェフを迎えた新生Wing Lei Palaceへ!
    [香港]ミシュラン三ツ星、アジア24位の中国料理「龍景軒」
    [香港]ミシュラン一ツ星 「Epure」優雅で軽やかなオーセンティックフレンチ
    プーケットの「天国」Paresa Resort Phuket
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「The Rising Sons of Japan」気鋭のシェフとアートのコラボレーション
    【必見!】チケットが1 for 1 ?「大英博物館・世界の至宝展」
    「Salt Gril」天空のレストランで、手作りの温かみあふれるモダンオーストラリア料理を
    限定「はし田」×「四川飯店」和食と四川料理の豪華な競演!
    祝2016年☆総まとめ・約50軒から選ぶ、あなたにぴったりのレストランはこちら!

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集