海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 日本でLa Rochelleとコラボ開催!ミシュラ...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月31日

日本でLa Rochelleとコラボ開催!ミシュラン一ツ星Corner House


日本でLa Rochelleとコラボ開催!ミシュラン一ツ星Corner House

去年に引き続き、ミシュランシンガポール2017で一ツ星を獲得したコーナーハウス。Asia's 50 Best Restaurantsで23位、シンガポールに習近平国家主席が訪れた際に、会食で使われるなど、シンガポールを代表するレストランとしての地位を確立しつつあります。

th_IMG_2880.jpg

シェフは、シンガポールの老舗フレンチ、Les Amisがかつてこの場所に持っていたレストランのヘッドシェフ、Sky on 57ではエグゼクティブシェフを務めるなどの経歴を誇る、シンガポール人のJason Tanシェフ。

th_IMG_2932.jpg

ランチは3コースで$58〜、ディナーは4コース$158〜。今回は、Jasonシェフの奥様のCaillieさんと一緒に、$268のディスカバリー・エクスペリエンスメニューを中心に、オススメをいただきました。

th_1IMG_0287.jpg

ギイ・シャルルマーニュのロゼシャンパンで乾杯。
まずは、香りに豊かなミネラルを感じます。生産地のLe Mesnil-sur-Oger
(ル・メニル・シュール・オジェ)村は、サロンでも知られる有名な産地。
ピノ・ノワール100%、キリリと辛口ですが、香りには果実本来のフルーツの丸み、ドライフルーツのようなニュアンスも感じます。


th_1IMG_0032.jpg

まずはアミューズ。器をコレクションするのも好きだというJasonシェフらしく、法螺貝のような形をしたお皿に乗って。

th_1IMG_0038.jpg

自家製のフィッシュクラッカーにサワークリーム、トビコを乗せ、すだちを少し絞ったもの。フィッシュクラッカーは、シンガポールで、特に中華系を中心に楽しまれているスナック。

th_1IMG_0041.jpg

続いては、鮮やかなピンク色のゼリー。甘酸っぱいローズの香りの液体に、アロエベラとチアシードを忍ばせて。食べるときに、ふるふるとしたゼリーの中で、液体が揺れ動くのが見えるのがとても涼しげ。

th_1IMG_0036.jpg

ごく薄いフィロペストリーの上に乗ったアボカドと明太子のピュレ。

th_1IMG_0043.jpg

そして、私がとても気に入ったのが、フォワグラのボンボンショコラ。

th_1IMG_0044.jpg

冷たいフォワグラのパルフェを詰めて、その周りには、150年もののグランマニエ。上からホワイトチョコのコーティング。歳を経て丸くなったグランマニエの柔らかさと年月を経ても失われない香り高さが、とてもよくフォワグラに合います。

そして、スペインのタパスにインスパイアされたような品、鴨つながりのダックリエットとグリエットチーズを挟んだビキニサンドイッチ。

th_1IMG_0047.jpg

そして、コーナーハウスの小さな缶に入ったキャビア。

th_1IMG_0049.jpg

そして、スモーク鰻のパルフェに紫蘇を乗せたもの、スモークした鰻の身、塩気が強すぎず、純粋なコクがあると選んだというクリスタルキャビア、そしてゆずのジェル。

Carabinero prawn

th_1IMG_0052.jpg

こちらもシグネチャーの海老とトマトの一皿。
地中海産のカノビアーノプラウンは蒸してからレモンオイルで仕上げ、ヒゲの部分は天ぷらに。
トマトウォーターで作ったソルベ、湯むきしてからミントと台湾の干し梅の粉に漬け込んだチェリートマト、タイバジルと蜂蜜に漬けたトマト、トマトウォーターを植物性ゼラチンと混ぜてあわ立てたフォームの上にはオリーブオイルキャビア。


ガストロボタニカ、という野菜が主役になる料理がテーマです。中でも代表的なものが、4種類の方法で玉ねぎを調理したこちら。

Interpretation of my favourite vegetable

th_1IMG_0055.jpg

元々は玉ねぎが好きではなかったというJasonシェフですが、この玉ねぎに出会って大好きになった、というCevennes(セヴェンス)というフランス産の玉ねぎ。まず、玉ねぎの形をそのまま生かした器を開くと、オーストラリアで イタリア・アルバ産とほぼ変わらない品質のトリュフを生産していると人気の高い、Manjimup産ウィンタートリュフをかけた温泉卵。下には玉ねぎのピュレとクリーミーなフォーム。

th_1IMG_0057.jpg

そして、もう一つは、薄いフィロペストリーの上にコンフィにしたタマネギを乗せ、パルメザンチーズをかけて軽くサラマンダーで焼いたもの。ほのかに感じられるスモークのような炙られた香りと、ごく薄いフィロの繊細なクリスピーさが合わさった、オニオンタルトです。

メニューに「My favolite vegetable(お気に入りの野菜)」と付けられているのも納得。「植物が主役」という、ガストロ・ボタニカの魅力を堪能できるメニューです。

そして、スライスしたタマネギをパリパリに乾かしたもの。キャラメルのようなほのかな苦みが感じられます。


4種類目がスープ。

th_1IMG_0058.jpg

エスプーマでつくられたふわふわでクリーミーなタマネギの泡に、じっくりと甘みと旨味を引き出したキャラメル色のスープが注がれます。

Smoked stracciatella

th_1IMG_0062.jpg

そして、新作がこちら。ブッラータチーズの中心の一番クリーミーな部分だけを集めた、stracciatella(ストラッチャテッラ)。そして、バジルオイル、バジルソルベ、イチゴとルバーブのクリーム、シロップに漬けてから凍らせたイチゴ、ピクルスにしたルバーブ。
鮮やかなピンク色の、エジプシャンスター(ペンタス)というアフリカ原産のエディブルフラワー。そして心地よい酸味のハイビスカスの葉を添えて。

Chef Jason's oyster omelette

th_1IMG_0066.jpg

シンガポール人として、シンガポールらしいものも作っていきたい、ということで、ローカルフードのオイスターオムレツにインスピレーションを受けて作ったメニュー。こちらは、ラ・ロシェルとの8月のコラボレーションでも登場予定だそう。

フランス産の味が凝縮した雑味のないオイスターに衣をつけてカリッと揚げて、
ジャスミンライスクラッカー、オイスターリーフ、コリアンダーリーフ、焦がしたリーク(長ネギの一種)

Brittany monk fish

th_1IMG_0068.jpg

フランス・ブルターニュ産のアンコウは、根セロリで作った卵黄たっぷりのマヨネーズのようなソース、Remoulade(レムーラード)ソース、脂の乗った豚の顎肉と合わせて、ナスターチウム、ジロール茸と合わせて。上から、ウィンタートリュフをたっぷりと削りかけています。

肉料理はサプライズでコースにプラスでもう一皿。

Organic lamb "Rhug estate"

th_1IMG_0070.jpg

イギリスのオーガニックファーム、Rhug estateで育てられたオーガニックの子羊の首肉を、フライパンでゆっくり焼き上げて。子羊本来の野性味溢れる香りが、雑味にならない程度までしっかりと感じられ、首肉ならではの脂がしっかり乗った味わいと重なります。そこに、表面を炙ったキャベツ、イタリアの生ハム、クラテッロのラード、そして白味噌をオーブンで焼いて焦がしたものに、カシューナッツを加えてピュレにしたもの、上にはセヴェンスオニオンを薄い輪切りにして乾燥させたチップスを飾って。様々な旨味の要素を重ねて、濃厚な味わいを引き出した料理。

こちらには、ヴォーヌ・ロマネを合わせて。

th_1IMG_0321.jpg

豊かで深いスミレやインクを思わせる香りで、ブルゴーニュのピノ・ノワールの中でも大好きな地区。2013年ということでしたが、低温で長めにマセラシオンしたというだけあって、香りも味も雑味のないボリューム感があり、程よい円熟味の始まりも感じます。

Japanese A4 Toriyama beef

th_1IMG_0334.jpg

炭焼きにしたA4の鳥山和牛。
様々なビーツとともに。大地の香りのビーツと重なる味わいの黒にんにくと合わせて。ビーツは、種類によって調理方法を変えてあります。白にピンクのストライプのものは、スライスしただけの生、黄色はコンテチーズをのせて加熱、赤は茹でて。
黒にんにくのソースは、松の実を混ぜることで、濃厚なコクをプラスしています。

鳥山和牛のこだわりについて、生産者の鳥山真さんにお聞きしたところ、10年に渡って味を分析することで、「味の見える化」に取り組み、美味しくならないと思われる要素を徹底的に排除しているとのこと。飼育期間一つ取っても、環境や餌によってベストな長さが変わってくる、きめ細かくその部分を見ていくことで、品質を安定させているとのこと。

th_1IMG_0335.jpg

赤身も脂も、旨味がしっかりとあり、ボリューム豊かな味わいの和牛。そこに、さらに自然な甘みのあるビーツや黒にんにくを寄り添わせることで、丸みで旨味を後押しするような、ふくよかな一皿。


ソムリエの Izzy さんは、イギーズ、レザミを経てコーナーハウスにやってきたJasonシェフの盟友。
特に何も言っていないのですが、セレクションがとてもツボでした。

シャトー・ラトゥール

th_1IMG_0330.jpg

サードラベルですが、豊かなタンニンとフルボディの味わい。たっぷりの果実味、青ピーマンの香りがしっかりありつつ、調和が取れていて、何においても美しいバランス感というのが大切だと感じさせられるワイン。

コースの区切りとなるプレデザートは、素敵な演出とともに。
Nitro

スクリーンショット 2017-07-24 17.05.03.png


ジンジャーの辛味の刺激が心地いい、ジンジャーエールのグラニテとフレッシュなチェリー、エスプレッソのゼリーを添えて。

th_1IMG_0075.jpg


その場でエスプーマからチェリーのムースを絞り、液体窒素を使って、それを凍らせたものをかけていただくデザート。テーブルサイドでの仕上げは、臨場感もあり、ファインダイニングで食事をしている気分を盛り上げてくれます。

th_1IMG_0077.jpg

チェリーの味だけではなく、濃厚な苦味のあるエスプレッソや刺激のあるジンジャーを使って、味の幅を広くとり、コントラストをはっきりと出すのが、Jasonシェフのスタイル。


そして、新作のデザート二品。

Soya bean
アジアな食材をフレンチのデザートに仕立てた一皿。

th_1IMG_0080.jpg

豆乳のソルベ、黒ごまのソース、コリアンダーグラニテ、ピーナツバターパウダーに求肥で作った柔らかな餅。シンガポールには、Muah cheeという餅にピーナッツパウダーをまぶした伝統菓子がありますが、ピーナッツと餅はそれを思い起こさせるコンビネーション。中華デザートによく使われる豆乳や黒ごまを使いつつ、コリアンダーの清涼感で全体を軽やかに。シンガポールらしい食材を詰め込んだデザートです。

The first gateau I learnt

th_1IMG_0081.jpg

Jasonシェフが調理師学校を卒業してからすぐ働いていたというコンラッドホテルで、初めて習ったというデザート、キャロットケーキ。人参のジェル、人参とオレンジのソルベ、クリームチーズのアイスクリーム、くるみ、。Speculoos(スペキュロス)と呼ばれる、ブラウンシュガーやクローブ、シナモンを使ったクッキーのクランブルがかけられていて、キャロットケーキの全ての構成要素を分解して再構築したような一品。

th_1IMG_0086.jpg

小菓子は、日本で買って来たという漆器の器に入って出て来ます。

シンガポールで人気のある塩漬け卵黄のフィリングを使ったマカロンや、Jasonシェフが大好きだという、冷たいミロの上に、ミロの粉をたっぷりのせたローカルドリンク、ミロ・ダイナソーをイメージした、アイスクリームの間にミロを挟んでチョコレート掛けしたものなど、シンガポールらしいものや、アーモンドチョコレートなど定番のものが。


Jasonシェフの料理を食べてみて、長く東南アジアを旅して、春先の日本に帰った時のこと、景色が織りなす色合いの柔らかさと優しさに驚いたことがあります。春霞の向こうの里山、山桜のほのかな紅がさした白さ。そんな日本の色合いは、東南アジアのそれとは大きく違うと感じたことを思い出しました。

Jasonシェフの料理は、ジャングルの中に咲く美しい花のよう。繊細で美しいだけでなく、凝縮された個性があって、強くて香り高くて。味わいとしては、甘酸味のボリュームが大きく、動物性の脂をしっかり使う、力強さと豊かな幅のある料理。

アジアの食材を使っていますし、シンガポールのローカルフードのオイスターオムレツの再解釈の料理も、シンガポールらしいですが、その他の皿を見ても、シンガポールらしさは自然と溢れ出して来ているように感じます。

最近では、Daniel Chavezシェフのモダンスペイン料理のレストラン、Olaで行われたイベントで、GagganやSuhringなど、シンガポール国外のレストランと一緒に料理を作るなど、コラボレーションを積極的に行なっています。

スクリーンショット 2017-07-31 12.16.46.png

Jason シェフは、8月24日、25日に、料理の鉄人で知られる坂井宏行シェフのレストラン、南青山のLa Rochelle(ラ・ロシェル) で、料理長の川島孝シェフとのコラボレーションイベントを行う予定です。

以前に川島シェフのお料理をいただいたことがあるのですが、繊細な隠し味を使って、日本人からすると、心にも体にもすっと溶け込む、しみじみと美味しい料理。

th_1IMG_9538.jpg


(↑La Rochelle、川島シェフのお料理)

日本にフレンチ会席という考えを最初に取り入れたラ・ロシェル。日本の美意識とシンガポールの美意識がどのように融け合うのか、とても楽しみなイベントです!


th_1IMG_0087.jpg

<DATA>
■Corner house(コーナーハウス)
営業時間:ランチ 12:00〜15:00(日曜は11:30〜) 、ディナー 18:30〜23:00、(月曜休) 
住所:1 Cluny Road, Nassim Gate, Singapore Botanic Gardens E J H Corner House Singapore 259569
TEL:+65 6469 1000
URL: http://www.cornerhouse.com.sg/
アクセス:MRTボタニック・ガーデンズ駅からタクシーで5分程

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年7月31日
« 前の記事「ミシュラン一ツ星獲得、Saint Pierreの26皿フレンチ小皿コース」へ
»次の記事「Stellar at 1-Altitudeでオーストラリア和牛尽くしのコース」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    [モナコ] アラン・デュカス氏の三つ星旗艦店、Le Louis XV
    [パリ] 揺るがないオリジナリティ、三ツ星「L'Astrance」
    [フランス]鮮やかな南仏の自然の息吹を伝える二ツ星「Mirazur」
    [リヨン] 巨匠、ポール・ボキューズの旗艦店「もっとも大きな変革とは変わらないこと」
    [フランス]50年連続三ツ星、新生Troisgrosへ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「LeVeL33」National Day の花火も!世界で一番高い場所にあるビール醸造所
    007が愛したシャンパンBollingerとEnotecaのスペシャルランチ
    【ミシュランシンガポール2016】三ツ星はどの店?Award Ceremony
    【ミシュランシンガポール2016】ついに発表!ビブグルマン

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集