海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > [Stellar at 1-Altitude] ド...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月 7日

[Stellar at 1-Altitude] ドンペリP2 2000のお披露目、ワインメーカーイベント


[Stellar at 1-Altitude] ドンペリP2 2000のお披露目、ワインメーカーイベント

Stellar at 1-Altitude で行われた、Dom Perignon の、通称P2、The Plenitudes 2000年のお披露目が行われました。
前回は、1998年のペアリングのディナーでしたが、今回はDom Perignonから、醸造家のVincent Chaperonさんを招き、Chris Millar エグゼクティブシェフによる軽食と共に、説明をお聞きする形で進行しました。

th_1IMG_8987.jpg

まずは、Dom Perignon Vintage 2006
Dom Perignonでは、シャンパンの熟成には、3つのピークがあると考えていて、P1は8年、P2は16年、P3は25年、それぞれに最低熟成期間があります。こちらは、いわゆるP1で、8年間の瓶内熟成を経たもの。「私たちが目指すハーモニーにたどり着くまでに、最低8年はかかるのです」とVincentさん。

th_1IMG_9015.jpg

合わせた小さな一皿は、スペインのモンチェゴチーズのエスプーマに、イチジクを入れて。フレッシュなイチジクの青っぽい香りが、柑橘や青リンゴのような印象のある P1の2006とよく合います。


そして、一つ前のビンテージである、1998年と、今回デビューする2000年の飲み比べ。
「P2の特徴は、味の深みとボリューム、アタックの広さ、後味の長さ。この3つです。これを得るために、P1に比べて、最大9年、追加熟成を行います」とVincentさん。


Dom Perignon P2 vintage 1998

th_1IMG_9011.jpg

バターやクリーム、ブリオッシュ、ナッツのような香りが豊か。驚くほどのまろやかさがあり、年を経ても弱々しくない、堂々とした酸と泡。しっかりとしたボディと余韻は、食事の最後にチーズと合わせて飲んでも良さそうな、そんなふくよかなシャンパンです。

th_1th_1IMG_9018.jpg

イベリコ豚の水分を抜いて作ったクラッカーに、サワークリームとイクラを乗せて。

Dom Perignon P2 vintage 2000

th_1IMG_0853.jpg

そして、いよいよ初めて飲むP2・2000年。
「1998年は、なめらかなテクスチャーという印象が強いと思いますが、2000年は、テクスチャーとストラクチャーが両立している」とVincentさん。1998年よりも、キリッとした酸をはっきりと感じ、その後から緩やかに、軽いローストのヘーゼルナッツやアーモンドのような香りがあります。最初からクリーム感のある圧倒的なボリュームが押し寄せる1998年と、青リンゴのようなすっきりとした印象から徐々に移り変わる繊細な味わいの2000年、どちらも異なった魅力があります。
Low temperature French duck breast, quince tartlets

th_1IMG_9021.jpg

は、クミンやコリアンダー、サフランなどモロッコ風のスパイスを効かせた一皿。低温調理で柔らかく仕上げた鴨に、オーストラリアのかりんのような果物のタルト仕立て。 中にはヘーゼルナッツを忍ばせて、

th_1IMG_0854.jpg

(左が1998年、右が2000年)

Dom Perignon Rose Vintage 2004

th_1th_1IMG_9024.jpg

「ロゼシャンパンといえば、甘口で、女性向けというイメージがありましたが、私たちはそういう意識を変えたかった。私たちは、ロゼは温かい年にしか作りません。ロゼは、普通のシャンパンよりも上位に分類されるべきもの。ピノ・ノワールの個性と、ドン・ペリニョンらしさにどのようにハンドルを切っていくか、まるでパイロットのような気分で作っています」と、Vincentさん。10年間セラーで寝かせたその味は、きりりとしたミネラル感があり、生き生きとした酸と共に、レッドカラントのような赤いベリーの印象に黒すぐりのような少し重みと丸みのある香りが重なり、ほのかな酸化による複雑な印象、それからゆっくりとイーストの香りが立ち上ります。味わいはあくまでもまっすぐに辛口でありながら、上品な優雅さをまとったロゼ。
こちらには、フォワグラとエビ、パンチェッタの入ったクリーミーなリゾーニパスタ。

th_1th_1IMG_9029.jpg

瓶内熟成が楽しめるシャンパン、様々な化学変化が瓶内で進行し、その均衡が最も取れた状態がPlenitudes。それぞれのミレジムに、自分のこれまでに歩んできた時間と重ね合わせながら飲みたい、そんなプレステージシャンパン。Stellar at 1-Altitudeで飲むことができます。

th_1th_1IMG_9050.jpg

<DATA>
■Stellar at 1-Altitude(ステラ・アット・ワン・アルティチュード)
営業時間:ランチ 11:30~13:45(平日のみ)、ディナー 17:30~21:30、(いずれもL.O.)無休
住所:1 Raffles Place, Level 62, Singapore, 048616
電話:+65 6438 0410
アクセス:MRTラッフルズプレイス駅徒歩1分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2017年7月 7日
« 前の記事「【ミシュランシンガポール2017授賞式】」へ
»次の記事「[Jaan x Otto e Mezzo] ミシュラン三ツ星Umberto Bombanaシェフが来星」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [台湾] アジアのシェフが集う、International Chefs Summit Asia 2018
    [マカオ]人気中国料理シェフを迎えた新生Wing Lei Palaceへ!
    [香港]ミシュラン三ツ星、アジア24位の中国料理「龍景軒」
    [香港]ミシュラン一ツ星 「Epure」優雅で軽やかなオーセンティックフレンチ
    プーケットの「天国」Paresa Resort Phuket
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「LeVeL33」National Day の花火も!世界で一番高い場所にあるビール醸造所
    007が愛したシャンパンBollingerとEnotecaのスペシャルランチ
    【ミシュランシンガポール2016】三ツ星はどの店?Award Ceremony
    【ミシュランシンガポール2016】ついに発表!ビブグルマン

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集