海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 番外編:ミシュランが今年上陸、バンコク食ツアー2、...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月18日

番外編:ミシュランが今年上陸、バンコク食ツアー2、Suhring


番外編:ミシュランが今年上陸、バンコク食ツアー2、Suhring

今年のAsia's 50 Best Restaurants で13位のSuhringへ。どこかの避暑地にありそうな、緑の中の素敵な一軒家で、ドイツ・ベルリン出身の双子のシェフによるモダンドイツ料理のお店です。入り口では、Mathiasシェフが迎えてくれました。

th_1IMG_2516.jpg

th_1IMG_2519.jpg

コースはお任せで2900THB(1万円ほど)また、特徴はドイツワインを中心にしたペアリングが楽しめること。4杯1900THB、6杯で2600THBです。
まずは、リースリングのスパークリングワインでスタート。

th_1IMG_2526.jpg

Pretzel & Obatzda

th_1IMG_2531.jpg

可愛らしい松ぼっくりの器に入っているのは、小さなプレッツェル。クリームチーズとカマンベールチーズのディップにパプリカの粉をかけたものが乗っています。

th_1IMG_2536.jpg

このディップにプレッツェルをつけながらいただきます。サイドにはプレッツェルには欠かせないビール。泡は消えないように、ゼラチンで作ってあります。

Fischbrotchen

th_1IMG_2546.jpg

その次は、オニオンタルト。フラットブレッドの中には、細かく刻んだピクルスの入ったオニオンクリーム、そして上にはサマートリュフが乗っています。

Zwiebelkuchen

th_1IMG_2555.jpg

柔らかいパンの間に甘酢漬けにしたサーディン、トマトにシーザーマヨネーズ。

Eisbeinsulze

th_1IMG_2550.jpg

豚肉の塩漬け、アイスバインをゼリー寄せに仕立て、カリカリのハーブクラッカーの上に乗せています。上にはレームラードソース、ほのかに辛いガーデンクレスを飾って。

そして、メニューにはなかったのですが、1950年代にドイツの料理番組で有名になったClemens Wilmenrodシェフが作ったというメニュー、トースト・ハワイの再構築。

th_1IMG_2558.jpg

いわゆる「伝統料理」らしくはありませんが、ドイツでは広く食べられているメニューとか。本来は家庭にある材料で手軽な一品として作れるようにと生み出されたもので、オープンサンドのような形でした。
カリカリのトーストの中には、ハム、ドイツ南部のAllgau地方の山のチーズAllgauer Bergkase、パイナップル、マラスキーノチェリーとパイナップルのソースが入っています。少しエキゾティックフルーツの香りを足したメルバトーストのような印象でした。


Curry 36 berlin street food

th_1IMG_6440.jpg

豚肉のソーセージに、アメリカンドックのような衣を薄くまとわせて揚げたものに、ケチャップを乗せて。

th_1IMG_2564.jpg

本来はフライドポテトが添えられるそうですが、こちらはその代わりにごく薄いポテトのチュイルを添えて。上からカレーパウダーをかけています。


そして、こちらもメニュー外ですが、モーゼルを代表する作り手のJoh Jos Prumによるリースリングの甘口ワイン。そのグラスの上に、ハンガリー産の鴨のフォワグラ。

th_1IMG_2567.jpg

トーションではなく、柔らかなムースに仕上げ、レモンジェルとレモンの皮を飾っています。

th_1IMG_2569.jpg

ここまでがスナック。

続いては、同じくドイツの有名な作り手、muller catoirのピノブラン(ドイツではヴァイスブルグンダーと呼ばれる)のワイン。
みずみずしいハーブ感がありながらも、乳酸のまろやかさも感じます。

th_1IMG_2572.jpg

Frankfurter grune sobe & smoked eel

th_1IMG_2573.jpg

フランクフルト風の緑のソースに、スモークした鰻。ディルやナスターチウムを使った緑のソースのムースの下には、スモーキーなハムの入ったポテトサラダ。クルトン、ナスターチウムのような刺激のある黄色の花、そして白い花はネギの花などをたっぷり盛り付けて。スモークしたうなぎには、ライムのジェルやディルの花をのせて。

ここで、イタリアの無濾過のオレンジワインが登場。

th_1IMG_2585.jpg

ペトロールの香り、マンゴーや黄桃のような味。後味にイーストのような発酵の香りが残ります。

そこに、ドイツの粉を使っているというこだわりのドイツパンをシェアリングで。
Rustic sourdough breads baked over open fire / spreads & cold cuts

th_1IMG_2586.jpg

自家製のパンは、2年半ものの全粒粉のスターターで。このスターターに生地を加え、室温に2週間ほど置いて作っているそうです。香りをかいでみて、とThomasシェフ。

th_1IMG_6455.jpg

サワードゥとホールグレインのもの。

th_1IMG_2593.jpg

濃厚なバターは、ドイツのクリームを使った自家製の発酵バター。当然加熱殺菌などをしていないためか、濃厚なのに、後味に脂のしつこさが残らず、すっと溶けます。

th_1IMG_2588.jpg

豚のラードは、りんごやキャラメリゼした玉ねぎを混ぜ込み、上にクリスピーに揚げたラードを添えて。

th_1IMG_2590.jpg

マスタードとディルのスプレッドは、ゆで卵を使ったスムースなタルタルソースのような印象。

th_1IMG_2591.jpg

シーバス(スズキの一種)は24時間かけて塩漬けに。しっとりとした滑らかな食感でした。レモンの皮を散らして。

th_1IMG_2597.jpg

それに対して、フレッシュなディルの入った自家製ピクルスとともに提供された牛肉は、ちょっと乾燥した食感といいい、旨味の凝縮したパルメザンチーズのような印象。

th_1IMG_2596.jpg

オレンジワインが旨味を増幅し、酸が食欲を増してくれます。このペアリングはとても好みでした。

ガガンの絵文字メニューと同じように、少量で手の込んだスナックが楽しめる
のがここの特徴。ここまでがスナックで、ここからがコースのスタートです。

続いては、ミネラル感のあるビオワインを合わせて。軽めでシトラス、イーストの香りがしっかり残ります。

th_1IMG_2604.jpg

Pink river trout (オシェトラキャビア乗せは+490THBのオプション)

th_1IMG_2617.jpg

バターポーチした川マスに、ブラウンバターソース、さらにブラウンバターが凝縮した感じの甘いクランブルをアクセントに。
ジャガイモはシャキシャキ感を残してとろけるように滑らかなマスとの対比に。

th_1IMG_2609.jpg

マスやキャビア、バターのとろける食感、甘いバランスを引き締めるのはパセリピュレ。緑の丸いものは、タピオカをパセリのジュースに漬けたもの。


続いて、ビオのリースリング。ぶどうキャンディのようなフルーティーさが感じられるワインです。

th_1IMG_2621.jpg

"Spatzle" soft egg noodle (トリュフは+120THB/g のオプション)

th_1IMG_2622.jpg

こちらに合わせるのは、ドイツの伝統的な麺料理。

th_1IMG_2640.jpg

アルデンテではなく、柔らかくてふわふわした食感が面白かったです。最初ニョッキのようにジャガイモを使っているのかと思ったのですが、そうではなく、使っているのは小麦粉と卵だけ、水分の多い生地なのでこの食感になっているのだとか。ゆるい生地なので、打って伸ばして切るのではなく、刀削麺のように鍋の上で削って作っているのだとか。オリーブオイルの入った軽めのクリームソース、セップ茸、そして今の時期はオーストラリア産の黒トリュフを削りかけて。好みで、フライドオニオンもかけていただきます。


ここからがメイン。

ベルギー産のピノ・ノワールと合わせて。まだ若めで、後味がやや甘く、赤ぶどうキャンディのような印象。

th_1IMG_2652.jpg

Hungarian duck

th_1IMG_2655.jpg

1週間ドライエイジングしたというハンガリー産の鴨は、60度の低温調理で40分加熱してから、熱した鉄板の上で焼いています。蒸し煮にした玉ねぎ、椎茸のピュレにしめじを乗せたもの、大地の香りを残した椎茸のチュイル。サツマイモのピュレとサツマイモのチュイル。

Buttermilk

th_1IMG_2662.jpg

トニックのアイスクリーム、きゅうりをレモンとジンに漬け込んだもの、バターミルクのエマルジョンに、生姜のカリッとした食感のメレンゲを食感のアクセントに加えています。

Dark chocolate

th_1IMG_2672.jpg

アジア風のブラックフォレスト、と言いたくなるような一品。
チェリーの代わりに、プラムを使っているのですが、ドットになったソースはなんとほのかな塩気の効いた梅干し。さらに、ダークスキンミラベルの生と、シロップに漬け込んだもの。ローストした蕎麦のアイスクリームに、ブラックベリーのソースをかけたもの。
ダークチョコレートのクランブルとピスタチオの上には、ピスタチオの形のピスタチオクリームが乗っている、手の込んだ品です。

最後は、おばあさんのレシピだという、エッグノッグを。しっかりアルコールのボリュームのある甘くてクリーミーな卵の味。実際のレシピを本に仕立てたものを一緒に提供する演出。

th_1IMG_2682.jpg

豚の耳、という名前のシナモン入りのパルミエのようなパイと、マシュマロ入りのチョコレート、カスタードの入った柔らかいシューと共に。

ドイツ料理を洗練されたプレゼンテーションに仕立て、本物の味を小さなポーションでたくさん楽しんでもらう。Gaggan のインド料理しかり、バンコクでモダントルコ料理を同じような手法で提供しているお店も発見したりと、この手法は色々な料理に応用できそう。郷土の味を、おしゃれに、また楽しく味わってほしい。そんな思いが詰まったコースでした。


<DATA>
Suhring(スーリン)
営業時間:18:00~22:00、無休
住所:No.10, Yen Akat Soi 3, Chongnonsi, Yannawa 10120 Bangkok
電話:+66 (0) 2287 1799

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年9月18日
« 前の記事「番外編:ミシュランが今年上陸、バンコク食ツアー、Gaggan」へ
»次の記事「はし田 x 京都の酒蔵・玉乃光 のコラボレーションイベントへ」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [マカオ]人気中国料理シェフを迎えた新生Wing Lei Palaceへ!
    [香港]ミシュラン三ツ星、アジア24位の中国料理「龍景軒」
    [香港]ミシュラン一ツ星 「Epure」優雅で軽やかなオーセンティックフレンチ
    プーケットの「天国」Paresa Resort Phuket
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    [モナコ] アラン・デュカス氏の三つ星旗艦店、Le Louis XV
    1年前の同じ月に投稿された記事
    20年の友情が紡いだコラボレーション「Lewin Terrace x beni」
    新シェフ就任!絶景ラグジュアリーフレンチSaint Pierre の新メニュー
    ラグジュアリーなF1アフターパーティー「Podium Lounge2016」
    「Antoinette」シンガポール代表チームのパティシエが繰り出す、チョコレート尽くしのメニュー
    Janice Wongの旗艦店、National Museumにいよいよオープン!
    新メニュー!四季を五感で満喫できるジャパニーズフレンチ「Lewin Terrace」
    【プレゼント】Win a pair tickets! セレブが集うF1アフターパーティーPodium Lounge

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集