海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > ミシュラン1ツ星 Iggy's とフィ...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月31日

ミシュラン1ツ星 Iggy's とフィリピン・ Gallery Vask のコラボレーション


メール プリント もっと見る

ミシュラン1ツ星 Iggy's とフィリピン・ Gallery Vask のコラボレーション

新しくスペイン人シェフ、Aitor Jeronimo Oriveシェフを迎え、去年8月にリニューアルオープンしたIggy's。今年はミシュラン一ツ星も獲得して順風満帆、その初めてのコラボレーションイベントが、10月19日・20日の2日間に渡って行われました。

ath_1FullSizeRender 6.jpg

迎えたのは、オーストラリア生まれのスペイン人シェフ、Chele Gonzalezシェフ。マニラにある自身のレストラン、Gallery Vaskは、Asia's 50 Best Restaurants で35位にランクイン、フィリピン各地に眠るまだ知られていない食文化や食材を発掘して、新しい料理を生み出しています。

そんな2人のシェフがそれぞれのシグネチャーを紹介していくコースです。まずは、ローランペリエのシャンパンでスタート。

th_1abFullSizeRender 13.jpg

Snacks
Sardines, salted egg, ube dashi (G)

th_1IMG_4953.jpg

少数民族の料理なども研究しているCheleシェフ、こちらは、Palawan 地方のTagbanua 部族のテクニックを応用しているそう。通常、この部族は、ウベという紫芋をスライスし、山の上で乾燥させて保存し、食べるときに20〜30分茹でて、ピュレ状にして食べるのだとか。

th_1aFullSizeRender 13.jpg

それと同じように乾燥させたウベのスライスを、地元のイワシのような魚で取った出汁に入れて。乾燥してからスモークしたこの魚は、地元では通常Pancit Noodlesという、炒めビーフンのような料理に入れて食べられるそうですが、それを、玉ねぎ、かぼちゃや生姜、モリンガ、レモングラスなどの野菜やハーブとともに、日本の鰹節のように出汁を作り、ドライにしたウベに注いでいます。

th_1IMG_4964.jpg

このスープと共に、ウベのチップの上にこの魚をのせ、キャビアとエジプシャンスターの花を飾ったスナックが提供されます。塩漬けのニシンとキャビア、キャビアもジャガイモのパンケーキ、ブリニと一緒に提供されるように、こういった素朴な芋の味とも合うように思います。塩漬け卵黄とカシューナッツのソースとともに。スープが薄味なためか、しっかり塩気が効いていました。


Singapore sling, roti john, uni (I)

シンガポールを代表するカクテル、シンガポールスリングをイメージした球体。チェリーやパイナップルベースの甘い味が飛び出して来ます。サイドにはフリーズドライにしたラズベリー。

ロティ・ジョンは、通常は卵サンドイッチのこと。

th_1IMG_4969.jpg

とても軽く口どけの良いメレンゲでパンを表現、スモークサーモンとクリームチーズ、そしてオレンジの皮でできたフィリングを挟んでいます。

ウニは、スモークトマトのジュレにバフンウニを乗せ、ジュンサイや海ぶどう、カリカリの岩塩などを飾ったもの。

th_1IMG_4960.jpg

そして、サプライズでAitorシェフが持って来たのが、本物の唐辛子の鉢。

ath_1FullSizeRender 7.jpg

この中から、本物の唐辛子を探し(大きさが違うので簡単に見つかります)収穫するのですが、金属の金具のついた軸は本物、唐辛子の部分はココアバターでコーティーングしたフォワグラアイスクリーム。

ath_1FullSizeRender 10.jpg

あとでキッチンで型を見せていただいたのですが、本物の唐辛子で型を取ってアイスクリームを流していて、とても面白かったです。唐辛子なのに辛くなく、とても濃厚でクリーミーな味わいでした。


Hokkaido Scallop (I)

th_1IMG_4976.jpg

ほんのりライムで酸味を効かせた茹でた日本の毛ガニと、生の北海道産のホタテ、その上にKaluga Queen (カルーガ・クイーン)という、Kaluga種のメスとShrenckii種のオスをを交配させて生まれたチョウザメのキャビアを使っています。コリアンダーの葉のソースで、エキゾティックな雰囲気を加えています。


5.6 (G)

th_1IMG_4988.jpg

本来はフィリピンの牡蠣で作るそうですが、こちらでは手に入らないので、アイルランド産に変更。牡蠣は澄ましバターで1分弱加熱し、ココナッツクリームとターメリック、レモングラス、青唐辛子のピクルスなどで作ったフィリピンの伝統的なソースをまとわせています。表面には、ライムの皮の塩漬けをアクセントに使っています。

そして、店名にもなっているIggyことIgnatius Chanさんといえば、シンガポールを代表するソムリエとして知られ、ブルゴーニュを中心としたワイン、2万5000本のコレクションがあるそう。その全てがこのIggy'sで楽しむことができるので、ワイン好きの人は是非訪れてみてほしいところ。
こちらは、個人的にも大好きなLeflaiveのモンラッシェ。

ath_1FullSizeRender 2.jpg

最初ミネラル、白い花やグリーンのキリッとした印象が強いですが、少し開くとナッティーなボディが出てきて、コースの後半になるにつれて重くなる料理にもあってきます。


Foie Gras (I)

th_1IMG_4997.jpg

フォワグラには、中国ソーセージの甘い澄ましスープを添えて。シソの花などのハーブですっきりと仕上げています。クリアスープであっさりしているけれど、ほんのり甘い味は、シンガポールでは特に好まれそうな味。


肉料理に合わせて、Domaine des Beaumontモレ・サン・ドニの赤を。

ath_1FullSizeRender.jpg

5代目のMaxell Beaumont氏が作ったワインですが、Iggyさんによると、これからもっと有名になるブランド、と見込んでいるのこと。まだ若いせいかフルーツ感もしっかりとありましたが、ピノ・ノワールの優美な味わいを余すところなく表現しています。

Mole (G)

th_1IMG_5001.jpg

モレ・ソースをイメージした一皿。牛タンはほろほろに低温調理で火を入れてあり、グリーンピースと、カカオと唐辛子のソースを添えて。3日間塩水に漬け込み、さらに72度で2日間調理したそうで、とろけそうに柔らか。オーナーのIggyさんがちょうど話にいらして、「スパムの缶詰を高級にした感じ」と表現されていましたが、繊維のほぐれ方は、まさにそんな感じの柔らかさ。

th_1IMG_5003.jpg

ソースの作り方はモレ・ソースですが、モレ・ソースに似た、お粥と一緒に食べるフィリピンのカカオのソースをベースに、発酵した小エビのペーストや青唐辛子のピクルスなどを加えて、伝統的ながら、洗練された軽い味わいに仕上げています。ちなみに、フィリピン・ピサヤ地方で育てているクリオロ種のカカオ豆を使ったローチョコレートから作っているそうです。

Iberico "Char Siew" (I)

th_1IMG_5011.jpg

イベリコ豚の高級部位、トップ・ロインをバーベキューをイメージして仕上げた一皿。下にはトリュフの香りの大麦のリゾット、上には豚の皮を揚げてポップコーンのように仕上げた、その名も「ポーク・コーン」を乗せて。

甘辛いチャーシュー味のソースに、上質なイベリコ豚の柔らかい肉質、豚の皮のクリスピーさ。とても楽しめました。


Heirloom Tomatoes (I)

th_1IMG_5012.jpg

ゼブラトマトや日本のトマトなど、たくさんの種類のトマトを様々に調理した一皿。バルサミコとライムに漬け込んだもの、蜂蜜に漬けたもの、生など、味わいは様々。海水のようなみずみずしさと、にがりのようなえぐみのあるシーバナナ、きゅうりのソルベ、トマトのグラニテとともに。 

Tear Drop (G)

th_1IMG_5024.jpg

"Cheeks"とだけあったのは、まるで肉のような食感のキハダマグロの頬肉。 Sibujingと呼ばれるネギの仲間、Kalingagと呼ばれるシナモンの仲間を使ったソース、ハモン・イベリコを入れたハトムギのリゾットを添えて。最近ではハトムギは健康に良いスーパーフードとして人気を集めているのだとか。Kalingagは、タイムとクローブを混ぜたような香り。


th_1スクリーンショット 2017-10-31 1.49.42.jpg

上に乗っているのはナスターチウムと、フィリピンの野菜で、玉ねぎの仲間の植物の茎だとか。


Pingol Bato (G)

th_1IMG_5026.jpg

Pingol Batoとは、ベゴニアの仲間の葉のこと。消化に良いと言われている、少し肉厚でシャキシャキ、酸味のあるこの葉を、Dalandanと呼ばれるオレンジの一種、発酵したジンジャーエールとヨーグルト、ピリナッツと呼ばれる、常温でもなぜかひんやりと感じるような、脂肪分の多い柔らかく砕けるナッツと共に、生姜のメレンゲも添えて。


Coconut (I)

th_1IMG_5046.jpg

ヨーグルトとライムのピュレ、ナタデココ、バジルシード、ココナッツのスポンジ。
ココナッツウォーターのテュイル、バジルシード、乳糖のテュイル。

th_1IMG_5031.jpg

最後は、フロランタンとシソの入ったホワイトチョコレートのボンボンで締めくくり。

th_1IMG_5050.jpg

Iggy'sにとっては初めてのコラボレーションということでしたが、実はCheleシェフとAitorシェフは、7年前にMugaritz の系列で、グッゲンハイム美術館内にあるレストラン、Neruaで一緒に働いていたのだとか。スムーズだったのも、長年の友情あってこそ。

ath_1FullSizeRender 11.jpg

今度はもしかしてCheleシェフのいるマニラでのコラボレーションが実現するかも。スペインにルーツを持つ2人のシェフのコラボレーションでした。

<DATA>
■*Iggy's & Gallery Vask Reunion Gastronomic Experience
日時:2017年10月19日、20日(終了)

■Iggy's
住所:Hilton Hotel Level 3, 581 Orchard Road, Singapore 238883
電話: +65 6732 2234
営業時間:ランチ12:00~13:30(L.O.)、 ディナー19:00〜21:30(L.O.) 日曜・月曜休 
アクセス:MRTオーチャード駅から徒歩5分ほど

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2017年10月31日
« 前の記事「ミシュラン二ツ星シェフによる新生Shang Palace [Shangri-la Hotel]」へ
»次の記事「ミシュラン一ツ星中華Summer Pavilionへ」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    フランスのミシュラン三ツ星、Flocons de SelのEmmanuel RenautシェフがStellar at 1-Altitudeへ!
    香りが鍵、記憶を呼び起こすカクテル「Tippling Club」
    Robert Parkerワインイベント "Matter of Taste" グランドフィナーレディナー
    ミシュランシンガポール・オフィシャルパートナー、Robert Parkerのワイン会
    今日まで!Hal Yamashitaシェフ&Scott Websterシェフ、厳選食材で生み出した味の競演
    ハル山下シェフ&Scott Websterシェフ、リゾートワールドセントーサ、二人のセレブリティシェフの競演!
    10月1日は乾杯の日!シンガポールでも一斉乾杯
    Winery of the year 2016 受賞、Allegriniスペシャルランチ

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集