海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > [ Gastromonth 2017] 授賞式のガ...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月 9日

[ Gastromonth 2017] 授賞式のガラディナーへ!


メール プリント もっと見る

[ Gastromonth 2017] 授賞式のガラディナーへ!

Robert Parker による初の1ヶ月を通してのイベント、Gastromonth。Mineral, Terroirなど、ワインに合わせた4つの週替わりテーマに沿って、シンガポール国内のレストランで特別メニューが提供される他、マスタークラスなど様々なイベントが行われます。中でも、1つの目玉が、最も人気のあるレストランや個人を表彰する、Circle of Excellence Awards Singapore 2017。

th_1Group Shot of All Finalists_ Judges and Chefs.jpg

今年初のイベントですが、Christphe Megel、Edmund Toh、Otto Weibel, Peter Tsangの各シェフによる審査と、一般投票を含めた結果発表が、11月4日(土)オーチャードにあるShangri-la HotelのIsland Ballroomで行われました。

th_1Ballroom Shot 1.jpg

ノミネートされたシェフやソムリエ、バーテンダー、サービススタッフやメディアの他、一般にもチケットが販売され、合計約300人の方が授賞式、そして7名の著名なシェフによる特別なコースを楽しみました。

参加したシェフは、地元シンガポールのみならず、香港やマカオからも、ミシュラン星付きシェフを始めとする人気シェフがやってきて、この祭典を盛り上げました。

th_1Guest Chefs On Stage.jpg

食事の合間にそれぞれの賞が発表される形です。

まずは、Rober Parker Wine Advocateのコミュニケーション・ディレクター、 Patrick Sauze氏と、パートナー会社、レクサスのセールス・ディレクター、Alex Yap 氏からから挨拶が。

th_1IMG_5674.jpg

(Patrick Sauze氏)

まずは最初のコース、

Pineapple Gazpacho, Compressed Watermelon, Junsai by Chef Pepe Moncayo (BAM!, Singapore)

th_1IMG_5681.jpg

以前 にBAM!にお邪魔した際にもいただいたメニュー。はっきりとした甘酸味にパイナップルのエキゾティックな香り、つるりとしたジュンサイ。酸味が同じトーンの甘酸味の、少し乳製品の香りがあるリースリングと共に。

Hokkaido Monkfish Liver, Sea Urchin Sake Gel by Chef Min Kim (Mizumi, Wynn Palace Cotai, Macau)

th_1IMG_5688.jpg

北海道産のあん肝に日本酒のゼリーをまとわせ、上にウニを飾った前菜。マカオで日本料理を提供しているMin Kimシェフは、日本のNarisawaや龍吟でも働いていたそうで、このプレゼンテーションは、賀茂茄子にエディブルフラワーを乗せてトマトエッセンスのゼリーで覆ったNarisawaのシグネチャー、「祇園祭り」へのオマージュのようにも感じました。

濃厚な味わいに合わせたのは、きりりとした酸のRuinart のブランドブラン。日本酒のように旨味を乗せるというよりも、次のコースに向けて、しっかりと舌をニュートラルにするコンビネーションでした。

Matsutake Mushroom Seafood Soup by Chef Liu Guo Zhu (**Golden Flower Wynn Macau, Macau)

th_1IMG_5706.jpg

そして、中国料理の中でも大切なスープ。上湯スープのような香ばしさと、ゼラチン質の濃厚なコクのある、海鮮スープでした。中にはロブスターを細かく刻んだもの、松茸がゴロゴロ入っています。中華の王道という感じの味わいのスープでした。

Baked Sustainable Cod with Glutinous Rice, Morel Mushroom and Red Shrimp sauce by Chef Mok Kit Keung (Shang Palace, Shangri-la Hotel, Singapore)

th_1IMG_5714.jpg

そして、ここShangri-la のシェフで、サステイナブルな鱈をオーブンで焼き上げ、おこわのようなライスケーキを添えた一皿。まず、鱈の一口目の旨味のインパクトが抜群。焦がしバターを使い、鱈の脂を香ばしく仕上げた上に、アメリケーヌソースを思わせるような、甲殻類のソース。それでも、その横には間に煮た椎茸を加えた中国風おこわで中国料理のバランスに。以前お邪魔した際も感じたのですが、Mokシェフは、洋の要素を取り入れるのがとても上手で、ワインと相性の良い料理が多い印象。ペアリングはRuinart のロゼ。甲殻類のソースとの相性も良いように感じました。

Pigeon Breast, Potato Kimchi Pie, Burnt Parsnip Puree by Chef Sun Kim (*Meta Restaurant, Singapore)

th_1IMG_5721.jpg

Waku Ghin の和久田哲也シェフの元で修業した、ミシュラン一ツ星のモダンアジア料理、MetaのSunシェフからは、フランス産の鳩。個人的にも大好きな西京味噌を塗ってオーブンで焼き上げ、ほんのり焦がした香ばしい甘みのパースニップのピュレとともに。自家製のキムチを挟んだミルフィーユを添えて。キムチというと、強烈な香りがしそうな感じですが、こちらはとても上品な仕上がりのキムチで、重なったジャガイモとすんなり溶け合っていました。ピュレの味噌のコクにキムチとの合わせ方は、ちょっとコチュジャンを思わせるバランスですが、あくまでもほのかにその雰囲気を感じる程度で、鳩本来の味の脇役として楽しめました。


Australian Wagyu Beef Char Siew, White Eel, Snap Peas, X.O.Sauce by Vicky Cheng (*VEA Restaurant, Hong Kong)

th_1IMG_5728.jpg

NYのDaniel などでキャリアを重ねたVicky シェフは、香港出身という自身のルーツを生かした、オーストラリア産の和牛のチャーシュー仕立て。しっかりと霜降りの入った和牛は、牛肉と相性の良いグリーンピース、そして焦がした香りも含めて、チャーシューのソースと印象が重なる、蒲焼仕立ての白鰻を添えて。


Banana Cake, Miso, Parsley Oil by Rishi Naleendra, (*Cheek by Jowl, Singapore)

th_1IMG_5730.jpg

デザートは、バナナケーキ。シンプルなネーミングにも関わらず、単調にならずしっかりと計算された一皿。バナナのビスケットの間にバナナのクリームを挟み、味噌のアイスクリーム、そしてパセリオイルを液体窒素で固めたものを散らして。パセリオイルがバナナにある青い香りを思い起こさせ、味噌が濃厚なコクを強調する組み合わせになっていました。

そして、Gastromonthでノミネートされた候補者の中から、"Favorite(お気に入り)"に選ばれたのはこちらの方々。

Innovative and Bold Restaurateur: Beppe de Vito (il Lido Group)

th_1Innovative and Bold Restaurateur Finalists.jpg

Innovative and Bold Chef: Pepe Moncayo (BAM!)

th_1Innovative and Bold Chef Finalists.jpg

Favourite Restaurant Team: CUT by Wolfgang Puck, Marina Bay Sands

th_1Favourite Restaurant Team Award Finalists.jpg

Favourite Restaurant Manager: Paul Joseph (CUT by Wolfgang Puck, Marina Bay Sands)

th_1Favourite Restaurant Manager Finalists.jpg

Favourite Street Food Vendor: A Noodle Story

th_1Favourite Street Food Vendor Finalists.jpg

Favourite Bartender: Boo Jing Heng (Tess Bar & Kitchen)

th_1Favourite Bartender Finalists.jpg

Favourite Sommelier: Daisuke Kawai (La Terre)

th_1Favourite Sommelier Finalists.jpg

Les Amisを経た後に、自身のバーLa Terreで独立した、日本人ソムリエの川合大介さんが今年のWorld Gourmet Summit のBest Sommelier に続いて栄冠に輝きました。

川合さんは受賞後、シンガポール各界の名士や映画やドラマで活躍するスターたちを前に、この日提供されたワインについて、わかりやすくステージ上で解説しました。

th_1IMG_2703.jpg

th_1IMG_2727.jpg

(↑私のテーブルにも、テレビで有名な女優さん、俳優さんたちがいらっしゃいました。)


イベント自体は11月26日までの日程で、この他にも様々なダイニングイベント が行われます。
詳しくは下記の公式サイトをご覧ください!

<DATA>
■Gastromonth(ガストロマンス)
2017年10月30日〜11月26日
公式サイト:https://www.gastromonth.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2017年11月 9日
« 前の記事「ミシュラン二ツ星、Fernando Arellanoシェフ来星!」へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [ Gastromonth 2017] 授賞式のガラディナーへ!
    ミシュラン二ツ星、Fernando Arellanoシェフ来星!
    [Robert Parker Matter of Taste]シンガポールで2年目を迎えたワインの祭典
    ミシュラン一ツ星中華Summer Pavilionへ
    ミシュラン1ツ星 Iggy's とフィリピン・ Gallery Vask のコラボレーション
    ミシュラン二ツ星シェフによる新生Shang Palace [Shangri-la Hotel]
    台湾初の国際フードイベント[International Chefs Summit Asia 2017] Part 3
    台湾初の国際フードイベント[International Chefs Summit Asia 2017] Part 2
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Stellar at 1-Altitude、オーストラリアに焦点を当てた新メニュー
    冬の日本食材の魅力を満喫、Lewin Terraceの冬のメニュー
    モダンスペイン料理OLAと天吹酒造、ペアリングディナー
    「Meta」和久田哲也シェフの弟子がオープンしたモダンアジア料理の店
    「Bochinche」にアルゼンチンシェフが大集合、アルゼンチンフェスティバル"Comilona"

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集