海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > Le Du x Trisara アジア37位のレス...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月19日

Le Du x Trisara アジア37位のレストランとラグジュアリーリゾートのコラボ


メール プリント もっと見る

Le Du x Trisara アジア37位のレストランとラグジュアリーリゾートのコラボ

11月、プーケット一との呼び声の高い高級リゾート、Trisaraトリサラで、アジアのベストレストランで現在37位のレストラン、Le Du のThitid Tassanakajohn(通称Ton)シェフを招いてのポップアップレストランが行われました。
会場は、Trisara内にある、自家農園で育てた野菜などを使った、地元に根ざしたモダンな料理を提供しているPRU。オランダ人のJim Ophorst シェフによるレストランです。
料理はLe DuのメニューをTonシェフとJimシェフが共同で作る形。

th_1農園2.jpg

お願いして、一緒に農園に収穫に行ってきました。ウィングビーン(四角豆)の花は、デコレーションなどにも使うそう。

日中にはリゾート内の分譲ヴィラで、地元メディアを中心としたマスタークラスが行われ、ヴィラのキッチンを使って、Tonシェフが3品の料理を披露しました。

th_1IMG_6319.jpg

そして、夜は6皿のフルコースメニューが2日間に渡って提供され、中には希望する日程でLe Duの予約が取れなかったから、とわざわざこの料理を食べるためにバンコクからやってきた、というカップルも。

Poached Oyster

th_1IMG_6392.jpg

プーケット産の生牡蠣にサバイヨンソース、黒米のクラッカーを添えて。

Pickled Local Sea Bass

th_1IMG_6369.jpg

チェンマイ産の質の高いアボカドを使いたいと作られたメニュー。タイのシーフードソースとアボカドを混ぜてソースにします。「チェンマイ産のアボカドは他の素材と混ぜ合わせても、テクスチャが残るのが魅力」とTonシェフは語ります。
スズキの仲間のシーバスは、酢と砂糖、生姜、塩で一晩マリネして、炭の油で仕上げていきます。炭の油は、グレープシードオイルのような植物油の中に、熱した炭を直接入れて作ります。

上から、生姜を使ったパウダー、生姜のゼリーを添えて。
Som saaと呼ばれる、カフィライムとライム、オレンジを足したような香りの柑橘を使って。

ピクルスにしたシャロット、マンゴー、ガーリックコンフィ、きゅうりなどと共に。

Grilled Local Cray Fish

th_1IMG_6409.jpg

地元産の甘いクレイフィッシュをミキュイに仕上げて、Chu-cheeと呼ばれるレッドカレーのソースをかけて仕上げたもの。


Songkra Lake Natural River Prawn

th_1IMG_6381.jpg

ソンクラー地方の湖から獲ったリバープラウン。半生の火入れだと、まるで生のイカのようなねっとりとした食感になります。この食感が魅力と、Tonシェフも考えているそう。
トムヤムクンと同じ材料を使って、オリジナルのソースを作ります。海老の頭をフライパンで焼き上げ、色が変わったらクリームを入れてから煮詰めていきます。

添えるのは、「特に味が濃い」という山あいの地域で収穫された玄米。干したイカの出汁をベースに、小エビのペーストなどを混ぜ込み、海の旨味たっぷりのリゾットに仕上げます。


Local 30 Days Dry-Aged Beef

th_1IMG_6419.jpg

Khao yaiというバンコクの北にある地域で育った牛肉を30日間ドライエイジングして。ソースは干した牛肉とココナッツジュースでできています。

Coconut Panna Cotta

th_1IMG_6382.jpg

バンコクの西、ラチャブリ産の桑の実のソースを添えた、ココナッツミルクのアイスクリームに、ココナッツのパンナコッタ。

ちょうどディナータイムはサンセットのタイミング。静かなプライベートビーチを望むPRUの広々とした空間で味わうモダンタイ料理、その土地の素材が生まれた場所で味わう豊かさを実感したひと時でした。


<DATA>
◾️Le Du x Trisara
日時:2017年11月17日、18日(終了)
会場:PRU
■PRU
営業時間:ディナー 18:00~22:30(日曜休)
住所:60/1 Moo 6, Srisoonthorn Road, Cherngtalay, Thalang, Phuket 83110 Thailand
TEL:+66 (0)76 310 100
URL: http://prurestaurant.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2017年12月19日
« 前の記事「[石川フェア] 天狗舞xはし田のスペシャルコラボディナーへ」へ
»次の記事「*Jaan x **L'Enclume、イギリスの大地の味を表現したコラボレーション」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    [バンコクWoman in Gastronomy]Celadonでトルコとタイの女性シェフの競演
    [バンコク・Women in Gastronomy]ローマの一つ星Cristina Bowermanシェフ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    伝統を革新へ、はし田&Grace Wine コラボレーションディナー!
    「MONTI」マリーナベイサンズも花火も目の前!絶景イタリアンが誕生

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集